2010年10月14日

「大阪市道路元標」@大阪市北区

道路元標どうろげんぴょう」ってご存知でしょうか?・・・道路の起終点を示す工作物のことです。

日本国道路元標_拡大写真にジャンプします。

これは東京の日本橋にある「日本国道路元標」です。今年の3月5日に日本橋のセンターラインに埋め込まれているのを見てきました。因みにレプリカは、橋の北西部にあります。



大阪市道路元標_拡大写真にジャンプします。

「道路元標」は、大阪市にもあるんです。この「大阪駅前第3ビル」の南東角にあります。



大阪市道路元標_拡大写真にジャンプします。

これが「大阪市道路元標」です。ゴールドに輝く大きな「下げ振り(錘重すいじゅう)」の形をしています。
「下げ振り」は、柱などが垂直かどうかを調べるための道具です。国道1号線は東京都からの終点で、国道2号線は北九州市への起点になっています。その他5つの起終点になっています。
いつも何気なく通り過ぎている場所にありました。大阪市が設置した工作物かと思えば、コンクリート製の台の背面には“大阪天神橋ライオンズクラブ”の銘板が埋め込まれていました。






人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^

posted by ミッキー at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

「上方落語家系図」

上方落語家系図_拡大写真にジャンプします。

2009.8.30現在の「上方落語家系図」を入手しました。写真をクリックして拡大写真をご覧下さい。興味津々です。(敬称略です)例えば、図の左上の「桂 米團治」→「桂 米朝」→「桂 枝雀」・・・。私は、枝雀師匠が大好きでした。もちろん、生で拝聴したこともあります。
そして図の右上の「笑福亭 松鶴」→「笑福亭 仁鶴」の右の「笑福亭 鶴光」は、正式には“つるこ”と読むのだそうですが、ご本人も「つるこうで、おまっ!」とか言われていますね。お弟子さんが「学光」、「里光」、「和光」、「羽光」といらっしゃいますが「学光」の弟弟子が(図には掲載されていませんが)「笑光」でした。(過去形)その「笑光」があの「嘉門達夫」なのです。
女流落語家さんもいらっしゃって、様々な発見のある興味の尽きない「上方落語家系図」です。



ブログランキング・に造んブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿・】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク
posted by ミッキー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

本日未明の「国際宇宙ステーション(ISS)」

 「国際宇宙ステーション(ISS)」は、地上から肉眼で見ることが出来るのをご存知でしょうか?
 但し、条件がそろった、日の出前と日没後の2時間ほどの間に限られますが。

国際宇宙ステーション_拡大写真にジャンプします。

2月5日午前6時14分、北西の空に現れました。太陽光を反射し、輝いています。感動です!



国際宇宙ステーション_拡大写真にジャンプします。

ちょっと拡大してみます。野口宇宙飛行士が現在、このISSで長期滞在中なんですね。



国際宇宙ステーション_拡大写真にジャンプします。

やがて夜明けの近い、北東の空に消えました。僅か2分間のときめきの天体ショーでした。



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

「昼特きっぷ」は、ホントにお得です。^^


今日は、滋賀県高島市マキノ町にある「清水(しょうず)の桜」を観に行って来ました。

昼特きっぷ

「昼特きっぷ」は、ホントにお得ですね。^^通常運賃は、JR大阪駅→マキノ駅は1,890円ですが、京都駅で一旦、下車(大阪→京都 540円)し、改札を出て再び、京都駅から乗車(京都→マキノ 1,110円)すると合計1,650円で行けるのです。(240円のお得)ご存知でしたでしょうか?
ところがさらに「昼特きっぷ」(大阪→京都 ディスカウントショップでの購入価格は320円でした)を利用すると京都駅で下車することなく、マキノ駅の改札で精算すれば1,430円でした。
何と460円もお得なのです。^^もちろん帰路も利用しました。
「昼間特割(ちゅうかんとくわり)きっぷ」は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が販売している回数券タイプの特別企画乗車券です。通称は「昼特」、「昼特きっぷ」です。


posted by ミッキー at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

「ブリティッシュ・スカル」


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ブリティッシュ・スカル

灯火親しむ候となりました。私の本棚にある大英博物館の本を手に取り、パラパラと捲っていたら196ページで手が止まりました。最近のとてもがっかりしたニュースを思い出しました。



さて、ここで質問です。


「ブリティッシュ・スカル」を


ご存知でしょうか?・・・




ブリティッシュ・スカル

「ブリティッシュ・スカル」は、大英博物館に所蔵されている水晶髑髏(どくろ)のことです。スカルは、頭蓋骨(skull)です。ボート競技のスカル(scull)とはスペルが違いますね。^^
閑話休題・・・この髑髏は、1881年に店頭に3500フランで陳列されていましたが買い手がつかず、ニューヨークの宝石商「ティファニー」に950ドルで売却されました。その後「ティファニー」が1898年に大英博物館に売却したのだそうです。
この本には・・・1400―1600年頃(?)(アステカあるいはミシュテカ)メキシコ出土(?)
この水晶頭蓋骨は、ひとつの謎である。その全体としてのスタイルは、アステカ時代に帰されるものであるが、その歯を刻んだ刻線は、宝石用の回転鋸で彫られたと思われる。
明らかではないが、それはこの作例が回転鋸をもたなかった征服期前のアステカのものではないことを示す。
・・・とあります。
アステカの遺跡から発見されたという水晶髑髏ですが、円盤型の回転工具による加工痕があり、ヨーロッパで19世紀後半に製作されたものであることが判明しました。また含有物の調査により水晶はマダガスカル産であることが判明したのです。



Became disillusioned!(幻滅を感じた)



「これは、オーパーツか?」と騒がれていましたが、この本を読む限り、年代やメキシコ出土に(?)がつけられていて、当時から真偽の程は定かではない、あるいは眉唾物との鑑定結果であったことが読み取れます。


posted by ミッキー at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

「さざれ石」と「弁慶石」@京都市


京都市内をポタリングしました。途中で見かけた興味深い石を2つほど紹介します。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

奈良の小川

1つ目の石は「下鴨神社」(賀茂御祖神社かもみおやじんじゃ)のこの「奈良の小川」の近くに鎮座しています。



さざれ石

「さざれ石」です。「君が代」の歌詞にもありますね。「・・・さざれ石の♪いわおとなりて♪・・・
ただし、歌詞中のさざれ石は、細石(小石)のことですが、この「さざれ石」は石灰質の作用により小石がコンクリート状に凝結して固まってそれが巌(いわお)となった状態のものです。
苔ではありませんが、他の植物が石からむしていました。^^



さざれ石

説明書きには、長野県の天然記念物とありますが、岐阜県の間違いではないでしょうか?
さざれ石で有名な「笹又の石灰質角礫巨岩ささまたのせっかいしつかくれききょがん」は、岐阜県の天然記念物です。



弁慶石

このやや緑っぽい石は「弁慶石」と呼ばれています。あの武蔵坊 弁慶の弁慶です。三条京極に住んでいた弁慶は、この石がお気に入りだったと言われています。弁慶の死後、彼が義経をかばって最期をとげた奥州高館(今の岩手県磐井郡平泉町)に、この石は移されましたがある時、この石が鳴動し「三条京極に往かむ」と言い、高館の地に熱病が蔓延し、弁慶の祟りと恐れた土地の人により、再び、弁慶の生まれ故郷である三条京極に移されたと伝えられています。
よーじやカフェ 三条店」の前にあります。因みにこちらの町名は、ズバリ「弁慶石町」です。
この石を撫でると強い男の子になれるとも言われています。もちろん私も撫でましたよ。^^





所在地は、京都市中京区弁慶石町39です。弁慶さんはシティボーイだったんですね。^^


posted by ミッキー at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

1ドル札の謎




先月のハワイ旅行時に残っていた1ドル札の縮小写真です。表面です。





この裏面が、1ドル札の謎として話題になることが多いのです。





それがこの左側ので囲った部分のピラミッドの図柄です。




拡大写真です。何とも不思議な図柄です。13段のピラミッドの上に描かれている「目」は真理を見通せる「第三の目」で「英知の目」とも呼ばれ、フリーメーソンの図柄と言われています。
フリーメーソンとの関係は?・・・1ドル札に描かれた理由は?・・・不明だそうです。


posted by ミッキー at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

タイムカプセル EXPO'70


大阪市中央区に所用で出かけた際に「大阪歴史博物館」の前を通ったのでちょっと寄り道してみました。(※入館はしていません。^^)


屋外展示の復元された高床式倉庫の向こう側の建物が「大阪歴史博物館」です。一瞬、1600年前にタイムスリップしたかのような錯覚に陥りました。




1Fに展示されている1970年に開催された「日本万国博覧会」を記念して製作された「タイムカプセル EXPO'70」のレプリカです。(入館していないのでガラス越しの撮影です)




「タイムカプセルEXPO'70」についてちょっと調べてみました。



 酸化防止のため、カプセルの材質はニッケル、クロムを基調とした特殊ステンレス鋼で出来ていて、カプセルの表面はサンドブラスト梨地仕上げのざらついた加工が施されている。

 カプセルにはアルゴンガスが充填されていて、1970年当時の文化をありのままの姿で未来に残そうと、鉛筆、かつら、納豆菌、電車の時刻表、雑誌など2098点の品が収納されている。

 直径1メートルで重さは1.74トン、中の収納品を含めると2.12トンにもなり、約2億円を掛けて造られた。

 タイムカプセルは同じものが2基製作され、大阪城本丸跡の地下13〜15mのところに上下2段に埋設されていて、一つは2000年に初めて開封され、以降100年毎に開けられる予定で、もう一つは5000年後の6970年に開封される予定である。



何かのマスコットキャラクターのような・・・ユーモラスな形状がいいですね。^^


posted by ミッキー at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

「Frutta」(イタリア語:フルーツのこと)


最近は、Limone(リモーネ)なんて言葉もよく耳にしますね。イタリア語でレモンのことですが、フルーツ(Frutta)もイタリア語で呼んでみれば、イタリアーノな気分になれます。いくつかご紹介しましょう。


● Arancia アランチャ(オレンジ)
オレンジは一般的なフルーツで、そのままで食べたり、ジュースにジェラートと楽しみ方も色々です。

● Fico フィーコ(イチジク)
イタリアーノはイチジクがお好きなようです。
食べ方はそのままむいて食べたり、生ハムとの相性もバッチリです。

● Fragola フラゴーラ(イチゴ)
ソースにしたり、カットして料理・デザートに使ったり大活躍です。
イタリアではバルサミコ酢、砂糖をかけて食べるデザートもあるようです。

● Mela メーラ(リンゴ)
そのまま食べたり、タルト、ジェラートなど食べ方はいろいろです。

● Melone メローネ(メロン)
メロンと言えば、生ハムと一緒に出されたりします。
小さく切ってマチェドニア(フルーツポンチ)にも使います。

● Pera ペーラ(ナシ)
市場ではひょうたん型の西洋ナシをよく見かけます。
薄くスライスして赤ワイン等で煮ても美味しく食べられます。

● Pesca ペスカ(モモ)
そのまま食べるのはもちろん、小さめにカットして白ワイン、砂糖、レモン汁とからめても美味しいです。

● Sanguinello サングイネッロ(ブラッド・オレンジ)
赤い果肉のオレンジで、主にジュースやフルーツゼリーになります。

● Uva ウーヴァ(ブドウ)
ブドウにはワイン用と食用があり、食卓で食べるのはプーリア州、シチリア州産が多いようです。


posted by ミッキー at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

「オノレ・ド・バルザック」


近代リアリズム文学最大の作家、バルザックが若かったころの話です。
借金をして出版社や印刷所を開いたものの、ことごとく失敗し、借金は膨大な額になりました。
開き直った彼が寸暇を惜しんで執筆した小説がベストセラーになったのです。
逆境の中では人間は底知れぬパワーを発揮するものですね。

ここまでの話を以前に聞いた時は随分、勇気付けられたものでした。ところが最近、こんなエピソードを知ってしまいました。

「事業の失敗や贅沢な生活によりバルザックが作った莫大な借金は、ついにバルザック自身により清算されることはなかった。晩年に結婚した大貴族の未亡人ハンスカ夫人の巨額の財産によって清算された」そうです。



posted by ミッキー at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする