2012年11月04日

「コカ・コーラ(Coca-Cola)2000」(ミレニアムボトル)

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

1999年12月・・・西暦2000年が間近に迫り、世の中がミレニアム(千年紀)とお祭り騒ぎだったと同時に「コンピューター2000年問題」が懸念されていました。(結果、杞憂に終わりましたが)
その時にある会社のある方は社員の前で真面目な顔でこう仰いました。

2000年に1度のことなんだから、ちゃんとやっておいてくれよ

コンピューターが、この世に誕生してからまだ70年も経っていませんが、何か?^^

―― 閑話休題 ―― 1999年12月13日から発売された「Coca-Cola 2000」が2本ありました。
化粧箱入りの300mlで当時の販売価格は300円でした。(少し高めの価格設定ですね)
過去に1度、紹介したことがありました。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/3806788.html



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

Enjoy the celebrations!

2000

Commemorative Bottle


1905〜20年に使用されたボトルのデザインです。片面は昔のラベルが復刻されています。
王冠の側面に記載された賞味期限は、001111でした。
ガラスビン入りの賞味期限は1年ですから1999年11月12日に製造されたと推定できます。
あと数日で製造されてから13年が経過しますが、このまま保管を続けたいと思います。^^



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

「ビクトリノックス スーベニア」Made in Switzerland

ビクトリノックス_拡大写真にジャンプします。

スイスのアーミーナイフと言えば?と聞かれると数年前までは「ビクトリノックス(Victorinox)」と「ウェンガー(Wenger)」と即答していましたが、販売の減少から業績不振に陥った「ウェンガー」を「ビクトリノックス」が2005年に吸収合併しました。
両社の製品はよく似ていますがマークにも違いがあります。「ビクトリノックス」は、スイスクロス(白十字)が盾の形ですが「ウェンガー」はやや丸みを帯びた四角形です。
栓抜き、ワインオープナー、ドライバー等が付いた十徳ナイフ的多機能なものが有名ですが、
私はこの「スーベニア」という薄くて軽いアルミハンドルのナイフが一番好きです。シンプルで最も優美なデザインだと思います。「ウェンガー」も同じタイプの「スーベニール」というモデルを出していましたが、私はブレードの形状の他、トータルで「スーベニア」の方が好きでした。



ビクトリノックス_拡大写真にジャンプします。

アルミ製のハンドルの長さは、84mmでステンレス鋼のラージブレード(大刃)とスモールブレード(小刃)の組み合わせです。スモールブレードの用途は、ペンナイフとしてと言ったら風情がありますね。スプリングタイプのキーリングも付いていましたが常に携帯する訳でもなく邪魔なので外しています。現在は、シルバー(アルミ色)のみの販売(定価2,625円)ですが昔は、このレッドハンドル以外にグリーンハンドルもあって、とてもキレイでカッコよかったのです。
あのメタリックグリーン・・・今更ながら買っておけばよかったと、とても後悔しています。



ビクトリノックス_拡大写真にジャンプします。

これは実物ではありません。上の写真の色相を変えてみました。やっぱり欲しいです。^^



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^

posted by ミッキー at 19:42| Comment(4) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

「伝説のブルース・リー」のフィギュア

伝説のブルース・リー_拡大写真にジャンプします。

カバヤ食品から2004年1月に発売された「伝説のブルース・リー」(販売価格250円)という玩具菓子のフィギュアです。玩具菓子といってもコーラ味のラムネ菓子が6粒(4g)付いているだけなので、ほとんどフィギュアを買っているようなものです。^^
全部で5種類あり、それぞれタイトルが付いています。これは「ファイティングポーズ」です。
ブルース・リーが創始したジークンドー(截拳道)は、空手やボクシングと違って、利き手を前に構えるのが基本です。ベースとなった接近戦を得意とする詠春拳もそうです。



伝説のブルース・リー_拡大写真にジャンプします。伝説のブルース・リー_拡大写真にジャンプします。

左が「蹴り」(サイドキック)で、右が「ヌンチャク」です。



伝説のブルース・リー_拡大写真にジャンプします。伝説のブルース・リー_拡大写真にジャンプします。

左が「拳法着」で、右が「棒術」(ダブルスティック)です。

高さは約10cmで残念ながらディテールにリアリティがないというか顔が全然、似ていません。

「ブルース・リー」関連過去記事F → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/9723970.html
「ブルース・リー」関連過去記事E → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/7429775.html
「ブルース・リー」関連過去記事D → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/4157613.html
「ブルース・リー」関連過去記事C → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/3884383.html
「ブルース・リー」関連過去記事B → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/3688276.html
「ブルース・リー」関連過去記事A → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/3688113.html
「ブルース・リー」関連過去記事@ → http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/3687911.html



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^

posted by ミッキー at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

沖縄切手(琉球切手)って知っていますか?

守礼門切手_拡大写真にジャンプします。

本棚のストックブックを久々に開いてみました。(現在は、コレクションしていません)
最初のページのトップに、沖縄切手(琉球切手)が十数枚あります。沖縄切手(琉球切手)は、1945年のアメリカ軍の沖縄占領から1972年5月14日の本土復帰までに沖縄で発行された切手で「琉球郵便」という文字が入っています。沖縄県の復帰に伴い、1972年6月3日で使用が停止されました。一部の例外を除いて、大蔵省印刷局(現在の国立印刷局)が印刷していました。
左上の3種類の切手がデザインされているのが「郵便切手発行十周年記念」の記念切手です。(※1948年7月1日に独自デザインの切手が発行されるようになってから10周年です)
1958年7月1日に発行されました。額面が、400とあるのは4円のことです。



守礼門切手_拡大写真にジャンプします。

その右側が、1958年10月15日発行の「守礼門復元記念」切手のレプリカ(サンプル切手)です。額面の3¢は、3セントです。これはドル建てですが、同年発行の「郵便切手発行十周年記念」は、円建てなのが興味深いです。



守礼門切手_拡大写真にジャンプします。

裏面には、淡いブルーの文字でサンプル切手であることと、その理由が印刷されています。
実は、このサンプル切手は当時、あるところから無料で配布されました。それは、なぜ・・・?
「守礼門復元記念」切手は1970年代に一時期、一部の切手投機業者が買い占め、独占的に販売することにより、価格操作され、市場価格が暴騰した時期があり、その投機熱を沈静化させる目的があったそうです。結果的には、僅か1年程で取引価格は暴落したのだそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク
posted by ミッキー at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

特殊切手「南極・北極の極地保護」

特殊切手「南極・北極の極地保護」

これは、特殊切手「南極・北極の極地保護」です。「極地保護切手」は、2007年にフィンランド、チリ両国の大統領が提唱し、両国の郵政事業体の呼びかけに賛同した42の国と地域において、「第4回国際極年(International Polar Year)」に因んでの共同発行です。
デザインは、右上から時計回りに、ウェッデルアザラシ、アデリーペンギン、ホッキョクギツネ、ホッキョクグマです。日本の切手では初めてとなるホログラムを採用しています。私はラインだけではなく、もっと大胆にホログラムを使った方がオーロラチックで訴求力があると思います。
共通シンボルマークはシート左上と切手の額面下に描かれた、雪の結晶を3方から囲った形の「アイスクリスタル」です。80円郵便切手(シール式) で、シート(4枚 320円)単位の販売です。
発売日は、平成21年6月30日で郵便局によってはまだ販売しているところもあると思います。

各国と地域の発表済の切手デザインは、幹事国であるフィンランドポストのHPでご覧頂けます。
http://www.posti.fi/postimerkkikeskus/preservethepolarregionsandglaciers.html



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

「ぴちょんくんストラップたち」

ぴちょんくん」を調べてみると、2000年5月に、ビビアン・スー主演のダイキンエアコン「うるるとさらら」のテレビコマーシャルの脇役キャラクターとして登場したのがはじまりのようです。
その後、現在に至るまでのマスコットキャラクターとしての大人気ぶりは周知の通りです。



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ぴちょんくん

特に意識して集めている訳ではないのですが、数えてみると7種類ありました。



おユぴちょんくん

これは「おユぴちょんくん」です。ピンクのお湯に浮かぶアヒルがかわいいですね。



クリアぴちょんくん

これは「クリアぴちょんくん」です。頭がクリアな4色のストライプです。



クリアぴちょんくん

パープルブルー・グリーンオレンジは、それぞれ「脱臭」・「除湿」・「集塵」・「加湿」の4つの機能を表しているようです。お詳しい方なら7本の中に「ロボぴちょんくん」がないことにお気づきだと思います。実は、以前は持っていたのですがプレゼントしちゃってありません。
因みに、私はダイキンの関係者ではございませんので念のため。^^




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQYahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

「タウンカード(Town Card)」

「タウンカード」は、大阪市交通局が1988年3月1日から発売開始したプリペイドカードです。
1996年3月20日から「レインボーカード」に移行したため「タウンカード」は発行されていません。
これは、コレクションというより捨てずにとっておいただけです。^^
因みに「レインボーカード」は、1996年3月20日から関西の5鉄道事業者(大阪市交通局・阪急電鉄・阪神電鉄・北大阪急行・能勢電鉄)で導入された「スルッとKANSAI」に対応するカードとして、発売されたプリペイドカードです。



タウンカード

「タウンカード発売記念」



タウンカード

「海遊館オープン1周年記念」



タウンカード

「海遊館入館1,000万人記念」



タウンカード

「関西国際空港開港記念」@



タウンカード

「関西国際空港開港記念」A



タウンカード

「リニアモータカー'91年度ローレル賞受賞記念」



タウンカード

「鉄道の日(10月14日)記念」

尚、すべて残高“0”です。未使用でとっておく程の価値はないと思ったからです。^^




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQYahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

漫画「火の鳥」虫プロ版


かなり前にある方からこの3冊の漫画本を頂きました。全く面識のない方だったのですが「(私が)手塚治虫先生の大ファンであるとお聞きしたので差し上げます」とのこと。未だに信じられない出来事ですが、そんなことってあるんですね。大変貴重な物なので大切に保管しています。
3冊とも「虫プロ商事」 1972年発行 B5サイズ(当時の価格は250円)です。



「未来編」初出:『COM』(1967年12月号〜1968年9月号)

西暦3404年。地球は滅亡の淵にあり、地上に人間はおろか生物は殆ど住めなくなっていた。
人間達は地下都市“永遠の都”ことメガロポリスでコンピュータに自らの支配を委ねた・・・。





「鳳凰編」初出:『COM』(1969年8月号〜1970年9月号)

奈良時代。権力に翻弄される2人の仏師、茜丸と我王の宿命のライバルの戦いを吉備真備と橘諸兄による奈良東大寺の大仏建立を絡めて壮大なスケールで描いていく・・・。
「火の鳥」全作品の中で少なからず私の人生に影響を及ぼしたこの「鳳凰編」が一番好きです。
是非、ご一読をお勧めします。人生においてきっと何か、得るものがあると思います。




「復活編」初出:『COM』(1970年10月号〜1971年9月号)

西暦2482年。科学の力で生き返ることが出来た主人公の少年レオナは、電子頭脳のために無機質なもの以外、生命体として認識できない。逆にロボットが人間に見えるようになったため、ロボットであるチヒロに恋心を抱いてしまう・・・。
他には「エジプト編」「ギリシャ編」「ローマ編」「黎明編」「ヤマト編」「宇宙編」「羽衣編」「望郷編」「乱世編」「生命編」「異形編」「太陽編」があります。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 「火の鳥


posted by ミッキー at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

燐寸・・・マッチ・・・match


現在はコレクションしていませんが、一時期集めていたことがあります。
当時は、旅先でもらったりするとそれが私にとっては、格好の土産品でした。

【マッチの豆知識】
@マッチは軸木(マッチの軸)、頭薬(マッチの頭)、側薬(箱等の擦り付ける部分)などそれぞれ呼び名があります。

Aマッチは次の4種類に分類されます。
    1.安全マッチ(側薬との摩擦によって発火するマッチ)
    2.摩擦マッチ(頭薬に硫化燐・黄燐を使用したマッチ)
    3.ブックマッチ(紙製・木板の軸を使用したマッチ)
    4.ワックスマッチ(ワックスで固めた紙軸で製造したマッチ)

B側薬の部分を薄く剥ぎ燃やします。残ったネバネバのものを指に取り擦り合わせると、あらあら不思議、煙のようなものが出てきます。

Cマッチ棒を“HOTEL”と並べます。これから繰り広げられる男女の物語・・・。
このクイズをご存知でしょうか?

D手の上でマッチ棒がまるで生き物のようにピョンピョンと飛び跳ねる!
このマジックをご存知でしょうか?

現在、手元に少しだけ残っている面白い形のマッチをいくつかご紹介します。




右は携帯電話型(かなり大きいです)、中央上は三角形、真ん中はレコードジャケット型、左下はコーヒー豆が一粒入っています。


posted by ミッキー at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ディズニー切手



インドと中国チベット地区の間に位置するブータン王国のディズニー切手です。ブータン王国は多種多様な切手を発行することで世界的にも有名な国です。私は切手はコレクションしていません。この切手は何かのおまけでもらったものです。




(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)

本棚にはこんなものもありました。「初日カバー(First Day Cover)」と呼ばれているものです。「SLシリーズ切手 第3集 発行記念」のものです。どの位の値打ちがあるものなんでしょうか?あまり興味がないのでわかりません。^^


posted by ミッキー at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする