2009年06月10日

倉敷のお土産編A・・・地酒販賣会社「土手森」

土手森_拡大写真にジャンプします

「倉敷旅行」シリーズもいよいよ最終回です。静寂・・・早朝の美観地区はとても趣があります。
地酒販賣会社「土手森」でもお土産を買いました。帰宅してからホームページを拝見しました。店主はまだお若いながら、こだわりのある方のようです。ワタクシ、そんなこだわりのある方が
大好きでございます。^^もっとお話しすればよかったとちょっとリグレット(後悔)しております。



土手森_拡大写真にジャンプします

買ったもの・・・その1は「独歩 ピルスナータイプ」(370円)です。
岡山市の「宮下酒造」の地ビールです。「独歩」は現在、ビール6種類と発泡酒6種類のラインナップです。「独歩 ピルスナータイプ」は、生きた酵母の入っているホップ香と苦味のきいた淡色ビールです。ピルスナーとはチェコのピルゼン市に産する有名なビールです。「独歩」という言葉は、中国宋代の禅僧 無門慧開が編んだ公案集「無門関」の中に出て来る言葉からだそうです。



土手森_拡大写真にジャンプします

買ったもの・・・その2は、清酒「燦然(さんぜん)」180ml(550円)です。この淡いブルーのかわいい180mlボトル(一合瓶)がとても気に入りました。このレトロな感じのボトルについて製造元の「菊池酒造」にお聞きしたところ、早速、ご回答を頂きました。以下、メールの抜粋です。

この度は、倉敷ご旅行の際、当蔵の商品をお求め頂きまして有難うございました。お尋ねの件ですが、瓶は50年前の瓶でございます。当社の蔵に保管していたものを、限定販売の形で使用しております。販売店さまのプライベート商品です

昔の瓶の復刻版ではなく、蔵の中で静かに半世紀もの歳月を経てきた瓶だったのです。

菊池酒造」のこのページを拝見しました。社長様は(倉敷という響きが似ているからではないと思いますが)クラシック音楽に携わっておられます。



土手森_拡大写真にジャンプします

  「ホテル 日航倉敷」のアメニティグッズです。シャンプーとヘアコンディショナーですが、
  「サルヴァトーレ フェラガモ / Salvatore Ferragamo」製です。思わず持って帰りました。^^

「倉敷旅行」過去記事Dです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8460047.html
「倉敷旅行」過去記事Cです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8452204.html
「倉敷旅行」過去記事Bです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8449739.html
「倉敷旅行」過去記事Aです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8444778.html
「倉敷旅行」過去記事@です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8440976.html





住所:岡山県倉敷市本町5-31 営業時間:9:00〜18:00 無休



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 倉敷旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

倉敷のお土産編@・・・「平翠軒」

平翠軒_拡大写真にジャンプします

平翠軒_拡大写真にジャンプします平翠軒_拡大写真にジャンプします

倉敷に行ったらやはりここは絶対に外せないですね!
おいしいものブティック「平翠軒(へいすいけん)」です。「平翠軒」は東隣にある、明治42年創業の「森田酒造」の子会社です。平翠軒の“翠”は、鮮やかな青緑色の羽の翡翠(かわせみ)の“翠”からだそうです。ロマンティックなネーミングにも“粋”を感じますね。^^


平翠軒_拡大写真にジャンプします

この重厚で、シンメトリカルな建物が「平翠軒」です。酒造場内にある大正時代に建てられた倉庫を改造して店舗にしたのだそうです。壁の真ん中の模様は何でしょう?



平翠軒_拡大写真にジャンプします

ズームインしてみます。何やらロゴのようですね。


∧萬


雪年


  ・・・と読み取れます。調べてみると“萬年雪”は「森田酒造」の地酒のブランド名でした。
  お店に一歩入った瞬間から雑然?^^整然?と並べられた膨大な商品群に圧倒されます。
  見たこともない食べ物が1,000種類以上!まさに混沌・・・カオスの世界が広がっています。



平翠軒_拡大写真にジャンプします

お土産を買いました。中身は何でしょう?^^



平翠軒_拡大写真にジャンプします

まずは「石原信義の 塩ポン酢」(630円)です。ゆずとすだちのいい香りでサッパリと美味しい大人気商品です。タレントの「友近」さんがTVで紹介した時は忽ち品切れになったそうです。
私がこの「塩ポン酢」を最初に味わったのは2年前、神戸市の焼肉店「ポッサムチプ」でした。
石原信義さんは、製造者の倉敷鉱泉株式会社の先代社長さんのお名前です。



平翠軒_拡大写真にジャンプします平翠軒_拡大写真にジャンプします

買ったものは「石原信義の 塩ポン酢」ですが、倉敷鉱泉株式会社 直営のネットショップ「倉敷味工房」のラベルは「倉敷味工房 塩ぽんず」です。ラベルが違うだけで中身は同じでしょう。
この「塩ポン酢」は、今から6年前に焼肉の塩ダレを開発している途中、偶然に生まれたものだそうです。これぞまさに、“セレンディピティ(serendipity)”かもしれませんね。^^



平翠軒_拡大写真にジャンプします

そしてもう一品は「いちど食べたら もうたま卵」(578円)です。長野県下伊那郡の「智里東農事組合法人」が製造している煮卵です。味がしっかりとしみ込んでピリ辛 (゚д゚)ウマー です。^^



平翠軒_拡大写真にジャンプします平翠軒_拡大写真にジャンプします

・・・そうした心の御馳走を求めて私たちは各地でいろいろな人に出会い、いろいろな滋味にあふれた食べ物に出会いました・・・今も店主がご自分の足で、五感で美味しいもの、良い意味でワケアリのものを探されているのだそうです。見つけ出してくれた価値は、百万両だと思います。

「倉敷旅行」過去記事Cです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8452204.html
「倉敷旅行」過去記事Bです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8449739.html
「倉敷旅行」過去記事Aです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8444778.html
「倉敷旅行」過去記事@です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8440976.html





住所:岡山県倉敷市本町8-8 営業時間:10:00〜18:00 定休日:月曜



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 倉敷旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

手打ちそば「あずみ」@美観地区

あずみ_拡大写真にジャンプします

倉敷2日目のお昼は、ホテルでの朝食バイキングを食べ過ぎたので「軽めに蕎麦でも」ということで美観地区の手打ちそば「あずみ」に入りました。



あずみ_拡大写真にジャンプします

      「山芋そば」(1,000円)が名物だそうですが「とりなん」(1,100円)にしました。
      因みに「かけそば」、「かけうどん」は、800円です。観光地価格ですね。



あずみ_拡大写真にジャンプします

褐色の蕎麦に褐色のつゆで、鶏肉がゴロゴロはいっています。甘辛いやや濃いめのつゆですが、ついつい飲みたくなります。このつゆには、私は鴨が合うと思うのですが、「かもなん」はメニューにはありませんでした。この地では鴨は調達しにくいのかも?なんて思いました。^^
故 大原總一郎氏が惚れ込み、40年以上前に信州松本から呼び寄せたお店だそうです。

「倉敷旅行」過去記事Bです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8449739.html
「倉敷旅行」過去記事Aです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8444778.html
「倉敷旅行」過去記事@です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8440976.html





住所:岡山県倉敷市中央1-1-8 営業時間:11:00〜19:30(LO) 定休日:月曜



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 倉敷旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

「レストラン 八間蔵」@「ホテル 日航倉敷」別館

八間蔵_拡大写真にジャンプします

夕食は「ホテル 日航倉敷」別館の「レストラン 八間蔵(はちけんぐら)」にしました。



八間蔵_拡大写真にジャンプします八間蔵_拡大写真にジャンプします

「レストラン 八間蔵」は、建築されてから約250年の重要文化財「大橋家」の米蔵をリフォームと言うより、リノベートしたレストランです。灯りが建築と共鳴し、空気感まで描き出しています。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

フレンチ会席(7,500円)を頂きます。お箸で食べる和の食材とフレンチのコラボです。まずは「食前のお楽しみ」です。所謂「アミューズ」ですね。海老と帆立の貝柱です。(゚д゚)ウマー です。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

前菜1品目は「オマール海老・鮑・蟹のジュレ、キャビア飾り」です。(゚д゚)ウマー です。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

前菜2品目です。何やらへぎ板にサンドされたものが出てきました。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

「帆立貝・ポロ葱・アスパラガスのグラティネ」です。アンチョビーのソースで、(゚д゚)ウマー です。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

前菜3品目は「海の幸のサラダ仕立て」です。(゚д゚)ウマー です。うわっ!まるで宝石箱や〜♪^^



八間蔵_拡大写真にジャンプします

ビールから岡山県産「花泡々酒(はなほうほうしゅ)」に切り替えました。ほんのり甘いスパークリング日本酒です。お米だけで出来た「泡々酒」にハイビスカスとローズヒップのハーブを加えたかわいいピンク色のお酒です。口の中でシュワシュワ〜ッ♪とはじけます。^^



八間蔵_拡大写真にジャンプします八間蔵_拡大写真にジャンプします

「カボチャのポタージュ」です。(゚д゚)ウマー です。左は私が頂いた温かいスープで、右は同席者がチョイスした冷製スープを写させて頂きました。綺麗ですよね。^^



八間蔵_拡大写真にジャンプします

「瀬戸内産鰆とキスのオーブン焼き味噌風味、乙島シャコのフリット添え」です。
乙島(おとしま)シャコは初めて食べました。倉敷市玉島乙島で獲れる穴ジャコです。殻が柔らかいので丸ごと食べられます。ソースもまた抜群に (゚д゚)ウマー です。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

「お口直しのシャーベット」です。サッパリとしたグレープフルーツのシャーベットでした。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

     「和牛ロース肉のステーキ、トリュフソース」です。焼き加減も聞いてくれます。
     ミディアムでお願いしました。(゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

「高菜とシラスのピラフ」です。(゚д゚)ウマー です。器は、フランス モービルのキャセロールです。(テーブルサービス用のブロンズハンドルです)



八間蔵_拡大写真にジャンプします

「デザート」です。フルーツとケーキです。魅惑のワンディッシュです。(゚д゚)ウマー です。



八間蔵_拡大写真にジャンプします

「コーヒー」です。素晴らしい料理に出会えた喜び、またまた噛みしめました・・・。幸せです。

「倉敷旅行」過去記事Aです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8444778.html
「倉敷旅行」過去記事@です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8440976.html





住所:岡山県倉敷市阿知3-21-19 営業時間:11:30〜15:00(ランチ) 17:30〜22:00(ディナー)



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 倉敷旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

倉敷「美観地区」散策

美観地区_拡大写真にジャンプします

「美観地区」・・・江戸時代から続く、情緒豊かな白壁の町並みをそぞろ歩きしてみました。



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします
美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

右下の写真は「井上家住宅」です。国指定の重要文化財で、倉敷の伝統的建造物群の中で最古の町家です。二階には防火用に土塗りの扉のある倉敷窓を備えています。



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

日本初の西洋近代美術館「大原美術館」です。右の写真は朝日に照らされ輝いています。



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします
美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

「星野仙一記念館」前の銅像です。ドウゾー。^^



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします
美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

明治時代の紡績工場の名残を留める「倉敷アイビースクエア」です。



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします
美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

きびだんごの「廣栄堂本店 倉敷店」(←正式名称です)の風見鶏がとてもいい感じです。



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

「倉敷考古館」の「なまこ壁」です。瓦を外壁に貼り、目地は漆喰で埋めて盛り上げています。
その断面がなまこに似ているためそう呼ばれています。



美観地区_拡大写真にジャンプします美観地区_拡大写真にジャンプします

有名な「平翠軒」を北に曲がり「阿知神社」に登ってみました。倉敷市街が望めます。

「倉敷旅行」過去記事@です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8440976.html






ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 倉敷旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

「カフェ・ラヴェンナ」@「ホテル 日航倉敷」

倉敷に行って来ました。まずは腹ごしらえです。今回お世話になった「ホテル 日航倉敷 」の
1Fにあるオープンスペースの「カフェ・ラヴェンナ」で昼食です。
因みに、店名の“ラヴェンナ(RAVENNA)”はイタリアの北東部にある都市の名前です。
ホテル 日航倉敷」は、江戸時代の情緒が色濃く残る美観地区へ徒歩3分の所にあります。

カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

「ラヴェンナ・ランチ」(1,200円)を頂きます。「ミックスフライ」、「チキンとマッシュルームのオムライス」、「エリンギとベーコンのマッシュルームのスパゲティー」の中から選べます。
「ミックスフライ」にしました。岡山市の地ビール「独歩」のピルスナーを飲みながら待ちます。



カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

「カボチャのスープ」か「野菜のスープ」が選べますが、後者にしました。(゚д゚)ウマー です。



カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

「ミックスフライ」は、海老2尾、ビーフ、魚です。(゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です!



カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

ホテルで1,200円のランチって聞くとワンプレートの何か物足りないものをイメージしますが、こちらのはそうではありません。想像を遥かに凌駕していました。(・∀・)イイ!!です!



カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

サラダもタップリで、(゚д゚)ウマー です!器も清々しくて(・∀・)イイ!!ですね。



カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

デザートにフルーツも付いています。今年初めてのスイカが嬉しいです。^^



カフェ・ラヴェンナ_拡大写真にジャンプします

さらにアイスコーヒーも付いて、これでたったの1,200円?って感じのコストパフォーマンスです。
味、ボリューム、値段、雰囲気、サービス、すべてに大満足のランチです。
倉敷にお出かけされる方には、文句なくお勧め出来ます!^^





住所:岡山県倉敷市阿知3-21-19 営業時間:11:30〜14:00(ランチ) 10:30〜17:00(喫茶)



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 倉敷旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする