2016年02月12日

【都市伝説】本当に閉店するのか!?「靴のオットー」&「扇町公園」の謎のモニュメント!




「もうあかん やめます!」

「格差社会を是正せよ。身長の格差は当店で。」


などユニークなキャッチコピーを掲げて営業を続けてきた大阪市北区の西天満交差点北西角にある「靴のオットー(シューズ・オットー)」が、2月20日に本当に閉店するらしいのです。
靴小売店で勤務後、1977年に独立開業した店主の竹部浅夫さん(74歳)が一昨年から体調を崩し、店頭に立ち続けることが難しくなったことが理由だそうです。
かつて、ある人が竹部さんに「閉店するって一体、いつになったら閉店するの?」と尋ねたそうです。
すると竹部さんはこう答えたそうです。「毎日17時に閉店しています」






等身大の手作り 竹部さん人形もお店を見守っています。




実は私、こちらのお店で靴を3足買ったことがあります。^^
1足目が抜群の履き心地だったので、2足、3足と買いました。セールストークも見事でした。





カウントダウン!この写真は、2月8日に撮影したものです。

今日は「運命の日まであと8日」と表示されていたはずです。
今後はネット販売を再開するとの情報も。ノウハウをお持ちだったんですね。
ブリック&モルタル」から「クリック&モルタル」に業態変更ですねって。^^




住所:大阪市北区西天満6-1-15





話は変わって大阪市北区扇町にある「扇町公園」です。右奥に関西テレビの社屋が見えます。

ここでクエスチョン!

こちらの数字が掘られた墓石のようなものは何でしょうか?






答えは、プールの飛び込み台です。
1995年9月までこの地に「大阪プール」がありました。(現在は大阪市港区の「八幡屋公園」に移転)
そのスタート台(飛び込み台)が、モニュメントとして公園内に残されているのです。





F これは万国共通の幸運の数字、ラッキーセブンです。




G これは特に中国の人々が格別、殊の外、至極、すこぶる、堪らなく大好きな数字ですよね!





全部取り壊してしまうのではなく、モニュメントとして後世に残す。素晴らしいアイデアだと思います。




所在地:大阪市北区扇町1-2



「インフォブログランキング」ブログの殿堂ブログ王




posted by ミッキー at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
靴屋さん。。。30年以上もうアカンっていうてますよ。。。
Posted by たでぃ at 2016年02月17日 10:50
>たでぃさん

コメントありがとうございます。


過去に「あかん」時期が本当にあったようですよ。
Posted by ミッキー at 2016年02月17日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433855349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック