2015年11月30日

「京都御苑」の南側「手打ちそば 花もも」で「ざるそば」を手繰る♪




仙洞御所」を参観した後、昼食をと言うことで「手打ちそば 花もも」に入りました。
12:11にお店に到着。並ばずに入ることが出来てホッとしました。
基本の「ざるそば」(770円)をオーダーしました。
すると花番さんが「少しお時間が掛かりますが、よろしいでしょうか?」・・・「はい」と私。





出された蕎麦茶を飲みながら、しばし待ちます。





結局、28分後に出てきました。結構、掛かりましたね。💦
私よりかなり後から入ってきたお客さんにもほぼ同時に提供だったのは何か悔しかったですが。^^
やや、鶯色の新蕎麦です。まずはそのままで1、2本。(・∀・)イイ!!です。小麦粉が2割の二八です。
白葱を辛つゆに入れ、わさびは蕎麦にまぶし、豪快に啜ります。(゚д゚)ウマー! (゚д゚)ウマー!! (゚д゚)ウマー!!!





「角湯桶(かくゆとう)」です。「蕎麦屋の湯桶」のルーツです。
形から、他人の会話に横から口出しする人のことを揶揄した言葉です。




蕎麦湯で、ほっこり温まりました。^^





やはり世界的観光地 京都。たまたまかも知れませんが店内の客は、グローバルでした。
「ミシュランガイド京都・大阪 2016」のセレクション「ビブグルマン」に掲載されています。

3.0

「インフォブログランキング」ブログの殿堂ブログ王


住所:京都市中京区丸太町麩屋町西入ル昆布屋町398 営業時間:11:00〜18:30 定休日:月曜




posted by ミッキー at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック