2015年11月29日

錦秋の「仙洞御所」を参観させて頂きました!




11月24日に「仙洞御所」を参観させて頂きました。今回で三度目になります。
ご覧のように生憎の曇天でした。「京都大宮御所」の正門が、参観者出入口になっています。





「参観許可書」と「運転免許証」を提示し、参観者休所で待ちます。綺麗な紅葉の木が視野に。





「御庭口(おにわぐち)」を抜けると「北池(きたいけ)」です。曇天だったのが少し残念でした。







それでも「紅葉山(もみじやま)」の紅葉は、見事でした。





「阿古瀬淵(あこせがふち)」に架かる「六枚橋」です。





風が吹くと、落葉が舞い落ちてきます。風流です。





「土橋」を渡ると「中島」です。





「掘割」です。「北池」と「南池」をつないでいます。





「紅葉山」と「鷺の森」の間に架かる「紅葉橋(もみじばし)」です。





左の小島が「葭島(よしじま)」で、その奥には大きな銀杏の木も見えます。





水戸家から献上された「寒水石灯籠(雪見灯籠)」です。





古墳と言われている「栄螺山(さざえやま)」です。





奥に見えるのは「南池」の最南端にある茶亭「醒花亭(せいかてい)」です。





「八ツ橋」です。今年は藤の花が2度咲いたそうです。





「洲浜(すはま)」には丸みを帯びた石が敷き詰められています。





ようやく、日が差してきました。やはり、きれいですね!





バックは、茶室「又新亭(ゆうしんてい)」の大きな丸窓です。再び「御庭口」の前で参観終了です。

過去記事Aです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/419961988.html
過去記事@です。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/414173134.html

「インフォブログランキング」ブログの殿堂ブログ王






posted by ミッキー at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック