2015年05月15日

五山の送り火で有名な京都の「大文字山」に登ってきました!




一度、登ってみたかった京都の夏の風物詩「五山の送り火」で有名な「大文字山」に登ってきました。

もともとは一帯の山塊を「如意ヶ嶽」と呼んでいましたが、現在は火床(ひどこ)がある西側の前峰(465.4m)を「大文字山」と呼び、最高点である主峰(472m)を「如意ヶ嶽」と呼んでいるそうです。

緩やかな銀閣寺ルートにしました。市バスを「銀閣寺前」で降車し「銀閣寺(慈照寺)」に向かいます。
銀閣寺道の突き当たりが、銀閣寺の山門です。左に曲がり、北に向かって進みます。





すると「八神社」の鳥居です。右に曲がります。





13:54 いよいよ、登山開始です。





案内板です。(写真をクリックすると拡大写真にジャンプします)





久々の森林浴です!気持ち(・∀・)イイ!!






勾配が少々きつくなってまいりました。この長い石段!あせあせ(飛び散る汗)そして、しばらく登ると・・・





14:28 急に視界が開けました!「大」の字の書き順(筆順)の一画目の最初の部分です。





これが、大文字の火床の中心部「金尾(かなわ)」です。





小休止の後、更なる高みを目指し「大文字山」の山頂に向かいました。








「大文字山」の山頂(465.4m)です。特に感動もなく、しばらくして大文字火床に戻りました。





やはり、すばらしい眺めです!とても清々しい気持ちになりました。





小さくて分かりにくいですが、写真の中心に鷹か、鷲を捉えています。





火床とのコントラストが、(・∀・)イイ!!でしょう。









火床は、全部で75基あります。
一画が、80m(19床)、二画が、160m(29床)、三画が、120m(27床)です。





こちらから下山しました。「法然院」に下りてくる予定でしたが、少し南側でした。^^
結構、疲れましたが、とっても楽しかったです。空気が澄み切った日にまた登りたいです。

「インフォブログランキング」ブログの殿堂ブログ王






posted by ミッキー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック