2015年03月16日

「東京駅 丸の内駅舎」を見に行ってきました!




天気は生憎の雨、時々曇りでしたが「東京駅」に行ってきました。丸の内駅舎を本来の姿に近い形態に復原する工事は、2007年5月30日から開始され、2012年10月1日に全面再開業しています。





北ドーム見上げ装飾です。写真がマット調に見えるのは、防鳥ネットが張ってあるからです。





天井レリーフです。クレマチスレリーフや鷲レリーフが、ハッと息を飲む程の美しさです。





一般的には、干支レリーフと言われていますが、正確には十二支レリーフです。
なぜなら干支は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞だからです。
まずは、丑のレリーフです。仕方ないのですが、防鳥ネットが本当に邪魔ですね。あせあせ(飛び散る汗)





寅のレリーフです。





辰のレリーフです。





巳のレリーフです。





未のレリーフです。





申のレリーフです。





戌のレリーフです。





亥のレリーフです。以上の8つです。えっ?12個じゃないの?はいっ。
8角形のドームなので、東を示す卯、西を示す酉、南を示す午、北を示す子がないのです。





正面です。シンメで撮ったつもりでしたが、微妙に右よりでした。





JR東京駅の丸の内南口前に2013年3月21日にオープンした商業施設「KITTE(キッテ)」6階の屋上庭園「KITTEガーデン」からは、南ドームが間近に見られます。

旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・再生した部分と新築部分からなる「JP TOWER(地上38階、地下4階)」の地下1階から地上6階までの7フロアです。






2・3階部をミュージアム・スペースとして改装し、誕生したのが「インターメディアテク」(IMT)です。
日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営を行う公共貢献施設です。
入館無料ですし、アカデミックで、かなりお勧めですよ。待ち合わせ場所としても使えますね。





「新丸ビル」の7階テラスからです。因みに「丸ビル」の5階テラスは、閉鎖されていました。

話は変わりますが「東京駅開業100周年記念Suica」を申込みましたが、希望総枚数が予想を大幅に超える499.1万枚となったため、6月中旬以降に順次発送になる旨のハガキが届きました。

「インフォブログランキング」ブログの殿堂ブログ王




posted by ミッキー at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック