2014年12月21日

「京都御所」2014.12.17




2014年12月17日に「京都御所」を参観させて頂きました。「清所門(せいしょもん)」から入りました。
「京都御所」は、過去には、一般公開には2度行ったことがあったので今回で3度目になります。
天気は良かったのですが、かなり寒い日でした。午後3時の部の参観者はわずか、10名ほどでした。

この写真は「宜秋門(ぎしゅうもん)」です。年に2回行われる一般公開時は、こちらから入ります。





「御車寄(くるまよせ)」です。





この建物は「諸太夫の間(しょだいぶのま)」で、3間あります。





「諸太夫の間」の「諸太夫の間」です。襖絵から別名「桜の間」と呼ばれています。





続いて「殿上人の間」です。別名は「鶴の間」です。





最も格式の高い「公卿の間」です。別名は「虎の間」です。





「新御車寄(しんくるまよせ)」です。大正時代のガラスがはめ込まれた窓があります。







「承明門(ょうめいもん)」です。





「承明門」から観る「紫宸殿(ししんでん)」です。





「紫宸殿(ししんでん)」です。手前の庭は「南庭(んてい)」です。「右近の橘」には、覆屋が。





銅葺屋根の「春興殿(しゅんこうでん)」です。





寝殿造の「清涼殿(せいりょうでん)」です。





回遊式庭園の「御池庭(おいけにわ)」です。この橋は「欅橋(けやきばし)」です。





この池の水は、昔は鴨川から水を引いていたそうですが、現在は井戸水を汲み上げているそうです。





「御学問所(がくもんじょ)」です。









「御内庭(ごないてい)」です。





この木は一円硬貨の図柄(若木)のモデルになった木です」と案内係の方が仰っていました。

とにかく寒い日でした。水溜りに張った氷が全く解けずに残っていましたから。お疲れ様でした。



「インフォブログランキング」ブログの殿堂ブログ王




posted by ミッキー at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック