2014年07月11日

シンガポールで売られている「レッドブル」を飲んでみました♪


レッドブル

シンガポールで販売されている「レッドブル」です。下に小さく「紅牛」と書かれています。(250ml)
シンガポール旅行に行って来た友人のお土産です。ホテルは「マリーナベイサンズ」だって、いいなぁ。
太陽を背に2頭の赤い雄牛が向かい合い、角を突き合わせている、お馴染みのデザインです。
F1などモータースポーツのスポンサーでもあり、スポーツを通じて積極的な宣伝活動を行っています。「レッドブル」の歴史につきましては、簡単ですが、過去記事に書かせて頂いております。
世界1のエナジードリンクとして日本でもコンビニエンスストアなどで販売されていますが、世界各国の法規制によりそれぞれ、分量や成分に違いがあるようです。
例えば、日本向けの輸入品には薬事法に抵触するのかどうかは分かりませんが、タウリンが全く含まれていません。(タウリン1000mg配合の「リポビタンD」も現在は、コンビニで販売されていますが)
また、炭酸ガスを含んでいることから、日本での扱いは炭酸飲料となっています。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

成分表記です。Taurineの文字も見えますね。( 写真をクリックすると拡大画像がご覧頂けます)



レッドブル

タイで製造されたものを、シンガポールで輸入、販売しています。



レッドブル

ステイオンタブ(Stay-on tab)式で、赤いタブに雄牛の形の打ち抜き加工がしてあります。



レッドブル

早速、テイスティングしてみました。炭酸ガスは入ってなくて「リポビタンD」よりかなり甘いです。
タイのレッドブルの元祖の「Krating Daeng(クラティンデーン)」に、味も色もよく似ています。

過去記事Aです。タイのお土産・・・「レッドブル」の元祖!「Krating Daeng」
http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300947.html

過去記事@です。君は「レッドブル ミニ(MINI)」を見たことがあるか?^^
http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300921.html



posted by ミッキー at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック