2014年05月08日

『小説「櫻守」を辿る旅』のフィナーレは、感動、感激、感涙の「荘川桜」です!!!!!


荘川桜

水上 勉の小説「櫻守」に因んだ桜を鑑賞する旅…『小説「櫻守」を辿る旅』も9年目を迎えました。
今年は、5月3日に念願だった「荘川桜」を鑑賞するため、岐阜県高山市荘川町に行ってきましたよ!
実は、この桜をもって、私の『小説「櫻守」を辿る旅』の最終章にしたいと思っております。
御母衣湖畔に立っている2本の巨桜は、どちらも「アズマヒガン」で、樹齢450余年と言われています。
ダム建設で湖底に沈んでしまった中野地区の「照蓮寺」と「光輪寺」の境内にあったものなのです。
詳細については「電源開発株式会社(J-POWER)」のページ「荘川桜物語」を是非、ご覧下さい。



荘川桜

愛読書「櫻守」(新潮文庫版)を手に。「荘川桜」は、P.115〜P.138に書かれています。
P.115・・・「御母衣」には「みろ」とルビが振られていますが「みろ」ですね。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

説明看板です。(写真をクリックすると、拡大写真がご覧頂けます)



荘川桜


荘川桜


荘川桜

周りの桜も満開でした。惜しむらくは、やや霞がかって澄み切った快晴でなかったことだけでした。



荘川桜

「荘川桜」は2本あります。まずは「光輪寺」の境内にあったものです。
もう1本の「照蓮寺」のものに比べ、太い幹が下の方で枝分かれしています。



荘川桜

より多くの方々が観られるよう、観光バスの滞在時間は、シーズン中は30分と決められていました。



荘川桜

興奮!亢奮!!昂奮!!!です。胸の高鳴りを抑えるのに必死なミッキーちゃんでしたよ。^^



荘川桜

「電源開発(J-POWER)」の初代総裁「高碕達之助」氏の碑文です。偏に、この方のおかげです!



荘川桜

高碕氏揮毫の「すゝみゆく 御代のしるしと うもれても 荘白川の 名はとこしへに」(佐佐木信綱)



荘川桜

「照蓮寺(正蓮寺)」を開基したと伝わる「嘉念坊善俊」像。御母衣湖を見下ろすように立っています。



荘川桜

そして、もう1本の「荘川桜」は「照蓮寺」の境内にあったものです。



荘川桜

魂が震えました!花はフラジャイルで長くは持たないけれど、喜びや感動はずっと、心に刻まれます。



荘川桜

賑やかな中国人団体観光客の皆さんもバスに乗車し、ようやく静寂が戻ってきました。
老桜は、支えられて痛々しいと言われる方もおられますが、生き長らえている感は、感じられません。
支持棒はあくまでも風雪対策です。熊本県阿蘇郡にある名桜「一心行の大桜」のように台風の影響で4本の主幹のうち2本が折れてしまい、ドーム型ではなくM字型となってしまったことも教訓にして。



荘川桜

春の遅い飛騨地方も、まさに春爛漫!見事なまでに咲き誇っています。( 今後も補筆、加筆します)

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事H 京都府向日町にあった「桜の苗圃」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392301231.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事G 再びの「佐野藤右衛門邸(さのとうえもんてい)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300911.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事F「千本閻魔堂」の「普賢象(ふげんぞう)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300520.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事E「吉野山の桜」後編
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300245.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事D「吉野山の桜」前編
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300244.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事C 滋賀県「清水の桜(しょうずのさくら)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299987.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事B「佐野藤右衛門邸(さのとうえもんてい)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299724.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事A「墨染寺(ぼくせんじ)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299531.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事@「亦楽山荘(えきらくさんそう)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299402.html




所在地:岐阜県高山市荘川町中野



posted by ミッキー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説「櫻守」を辿る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック