2014年05月07日

群生している水芭蕉を観るため「ひるがの高原」に立ち寄りました♪


ひるがの高原の水芭蕉

5月3日に、かねてより念願だった「荘川桜」を鑑賞するため、岐阜県に行きました。
途中、トイレ休憩を兼ねて「ひるがの高原」に立ち寄りました。
4月下旬から5月上旬にかけて、たくさんの水芭蕉の花が見られます。国道156号線沿いに湿原が分布し、特に「ひるがの高原スキー場」周辺には「ひるがの高原」で一番大きな群生地があります。



ひるがの高原の水芭蕉


ひるがの高原の水芭蕉


ひるがの高原の水芭蕉

純白の花のように見えますが「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれる苞で、葉の変形したものです。
因みに「仏炎苞」の中の土筆のような部分が、小さな花が多数集まった「花序(かじょ)」です。



ひるがの高原の水芭蕉

弁当に付いていた「奥美濃白川産 緑茶」(200ml)です。^^さあ、いよいよ「荘川桜」です!ワクワク♪







posted by ミッキー at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨 郡上・高山紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック