2013年10月29日

さよなら...(/_・、)/~~「赤川仮橋(あかがわかりばし)」

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

「赤川鉄橋」に行ってきました。大阪市旭区主催のメモリアルイベント「さよなら赤川鉄橋」が開催された10月26日に別れを惜しみつつ、渡り納めしてきました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

通称「赤川鉄橋」(正式名「城東貨物線淀川橋梁」)は、淀川に架かるJR西日本の鉄道橋です。
(大阪市東淀川区東淡路 ⇔ 都島区大東町)
全長は約610mで、1929年(昭和4年)3月15日に完成した鉄道の線路と歩道が一体となった18連のトラス橋です。複線の幅がありますが、下流側の単線で運行していました。
空いている上流側のスペースは、歩行者専用の「赤川仮橋(あかがわかりばし)」として、地域住民の生活道路となっていましたが、2018年(平成30年)開通予定の「おおさか東線」(北梅田 ⇔ 放出)の複線化により、10月31日をもって閉鎖されることになりました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

淀川左岸(南側)からスタートしました。台風27号の影響で水位がかなり上昇していました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

右岸(北側)から見る「赤川鉄橋」です。それでは折り返します。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

「赤川仮橋」の床板や手すりは木製で、板の隙間から水面が見えてとてもスリリングでしたが、2010年頃に鉄板が敷かれて安全で通行し易くなりました。
この「赤川仮橋」の金属製プレート!?・・・実は・・・



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

実物は既に外されていて、代わりにリアルに印刷された紙が縛り付けられていました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。
(撮影日:2004年5月29日)

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。
(撮影日:2004年5月29日)

この2枚の写真は、2004年5月29日に撮影したものです。
この頃は、木製の床板が所々割れていて、リポビタンDのCM撮影に使えそうな感じでした。あせあせ(飛び散る汗)



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

名残を惜しむカメラマン、歩行者、ジョガー、サイクリスト達で渋滞している所もありました。







人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック