2013年04月14日

向日町にあった桜の苗圃・・・半世紀以上の昔に思いを馳せる♪

今年で8年目になる、水上 勉の小説「櫻守」に因んだ桜を鑑賞する旅…『小説「櫻守」を辿る旅』
今年は4月7日に、京都府向日市の向日丘陵(むこうきゅうりょう)の桜の苗圃(びょうほ)があった場所を訪れてみました。「櫻守」の舞台でもあり、1961年に名神高速道路の土取場として壊されるまで、モデルとなった笹部新太郎氏の苗圃があったところです。
そのことは「櫻守」(新潮文庫版)のP.110〜P.111にも書かれています。
日本発のハイウェイ 名神高速道路の建設のために土はここからも運び出されたのです。
名神高速道路は鉄筋コンクリートの橋脚ではなく高さ7mの盛土で、大量の土砂が必要でした。
工事現場に近い向日丘陵は、桜が植えられていようが格好の土取場と判断されたのです。

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

土が採取されて平坦になったところには、京都府営向日台団地等が建設されました。
今も崖がそのまま残っており、崖の上には危険防止のため金属フェンスが建てられています。
その向こう(東側)には、存続問題が議論されている「京都向日町競輪場」があります。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

向日台団地の南端です。こちらも土が削り取られて急な斜面になっています。
この左(南側)には、有志の方々が「桜の園」の復元に取り組んでおられるエリアがありました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

苗圃のこと「櫻守」のこと、水上 勉のこと等が書かれたアクリル製の説明板があちこちに立てられていました。舞い散った淡いピンクの桜の花びらが裏面にくっついて・・・風流ですね。^^



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

「御衣黄(ぎょいこう)」、「楊貴妃(ようきひ)」、「普賢象(ふげんぞう)」等の品種もありましたが、開花には少し早くて、まだつぼみの状態でした。
笹部新太郎氏があまり好まなかったとされる「ソメイヨシノ」もなぜか植樹されていました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

なだらかな道を登り「勝山公園」の横を抜けると南北に延びる向日丘陵の南端に位置している「向日神社」に辿り着きます。写真は、本殿と真っ直ぐで長い石畳の参道です。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

桜の名所でもある「向日神社」は「桜まつり」開催中でした。シダレザクラが満開でした。

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事G 再びの「佐野藤右衛門邸(さのとうえもんてい)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300911.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事F「千本閻魔堂」の「普賢象(ふげんぞう)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300520.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事E「吉野山の桜」後編
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300245.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事D「吉野山の桜」前編
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300244.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事C 滋賀県「清水の桜(しょうずのさくら)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299987.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事B「佐野藤右衛門邸(さのとうえもんてい)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299724.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事A「墨染寺(ぼくせんじ)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299531.html

『小説「櫻守」を辿る旅』過去記事@「亦楽山荘(えきらくさんそう)」
           http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299402.html







人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】
posted by ミッキー at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説「櫻守」を辿る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック