2013年02月14日

ブランド米です!「龍の瞳 おにぎり御膳」@「北新地 君しま」

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

北新地は、新地本通りにやってきました。「北新地 君しま」でランチです。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

ニューウメダビルと言う昔はナウかったであろう古めかしい(失礼^^)ビルの1Fの通路を奥に進むと右手に「北新地 君しま」の看板が見えます。この暖簾を潜り、引き戸を開け・・・



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

含蓄のある「食三徳」と書かれた看板を正面に見ながら地階へと続く階段を降ります。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

「龍の瞳 おにぎり御膳」(1,000円)にしました。先に丸盆に載ったおかずが出てきました。
12時方向から時計周りに「ほうれん草のお浸し」、「もずく酢」、「おから」、「こんにゃく」です。
どれも上品な味付けで大変、美味しゅうございます。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

そしてメインのトレーが運ばれてきました。かなり盛りだくさんです。
木匙の載ったのがデザートのプリンだと思って最後まで取って置いたことは誰にも内緒です。
店員さんに「豆腐はお嫌いですか?」と聞かれて初めて豆腐だったんだと気付いたとです。^^



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

ちょこっと焼き魚です。ブリでした。メチャクチャ(゚д゚)ウマー!!!!!です。もっと食べたい!^^



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

赤だしです。中身は、湯葉とシジミがたっぷり入っていました。(゚д゚)ウマー!!!!!です。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

サラダも付いていて、栄養バランスも良く、ヘルシーです。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

おにぎりの具材です。黒光りの海苔が3枚、昆布の佃煮、いかなごの釘煮、甘い梅干です。
私は酸っぱい梅干は苦手なのですが、この甘いタイプの梅干は大好きです。
そう言えば、春の訪れを告げるいかなご漁の今年の解禁日はまだですね。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

そしてこれが「龍の瞳(りゅうのひとみ)」のおにぎりです。
まずは、何も具材を添えずにそのままで食べてみます。(゚д゚)ウマー!!!!!です。
「龍の瞳」は、2000年に岐阜県下呂市で発見された「いのちの壱」という品種を契約栽培農家が、独自の栽培マニュアルを守って栽培した高級なお米です。
粒が大きく(コシヒカリの約1.5倍)、粘りと弾力があり甘味が強いことが特徴です。
大きくふわっと握られたおにぎり3個で大満足、お腹一杯になりました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

デザートも付いています。「柚子のシャーベット」でした。柚子の香りが鮮烈でした。
これが新地で、1,000円ポッキリで食べられるとは、本当にお値打ちのランチだと思います。




 住所:大阪市北区曽根崎新地1-2-24 ニューウメダビルB1
 営業時間:11:30〜13:00(L.O)(月〜金) 18:00〜26:00(月〜土) 定休日:日、祝日



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】
posted by ミッキー at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック