2012年07月28日

道頓堀で鉄板コミュニケーション@「お好み焼 道とん堀」大阪本店

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

大阪市中央区道頓堀にある「お好み焼 道とん堀」大阪本店に再び、行ってきました。
名前は「道とん堀」ですが、フランチャイザーは、東京都福生市にあります。
また「串カツ新世界」という名前の串カツのお店を東京都千代田区に出しています。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

シーリングライトは、アメリカ〜ン♪な形です。アクリル板は、乳白でなくマーブルです。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。


(*^ー^)/CDヽ(^ー^*)

まずは、ビールで乾杯♪です。一品目は、鉄板焼きの「まるごとエビ塩焼き」(504円)です。
殻ごと食べられるソフトシェルシュリンプです。ソフトシェルクラブのエビ版ですね。
頭部の味噌の味が濃厚で、(゚д゚)ウマー!なのですが私は、殻を剥いて食べるプリップリの海老の方が身も味も締まっていて好きです。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

次は、もんじゃ焼きの「ミックスもんじゃ」(787円)です。具材は、イカ・豚・エビ・タコなどです。
自分で焼くことも出来ますが、今回も店員さんに焼いて頂きました。
前回は、タレントの渡辺直美さん似の方でしたが、今回はお笑いコンビ「スーパーマラドーナ」のボケ担当 田中一彦さん似のナイスガイでした。まずは具材のみを鉄板で手早く炒めます。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

次に、コテ(ダブルハンド)でキャベツなどを高速でぶった切って行きます。
カンカンカン、カタカッタ・・・♪と、軽快で小気味の(・∀・)イイ!!リズムを刻んでいます。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

やがて、キャベツが少しシナっとしてきたらドーナツ状に具材で土手を作り、中に緩い生地を流し込みます。ジュゥゥゥ〜♪・・・シズル感が堪りません。この後、ぐじゃぐじゃに混ぜ合わせます。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

これが「もんじゃヘラ(別名 はがし)」です。お好み焼き用のコテよりかなり小さいです。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

もう一度、土手を作って生地を流し込み、生地がグツグツしてきたら混ぜ合わせて完成です。
(^〜^)・・・(゚д゚)ウマー!!!!!です。いくらでも食べられそうです。
(出来上がりの写真がないのは、ご愛嬌です。何卒、ご寛恕賜りますよう仕り奉ります。^^)



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

〆は、お好み焼きの「トマチー焼き」(840円)です。トマトとチーズがふんだんに入っていました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

抜群に(゚д゚)ウマー! (゚д゚)ウマー!! (゚д゚)ウマー!!!です!

驚くほどのフワフワ感で美味しいです。イタリアンなトマトとチーズ、とても合いますね。^^

「道とん堀」の過去記事です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/10812357.html




住所:大阪市中央区道頓堀1-5-5 営業時間:11:00〜24:00 無休



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お好み焼き・たこ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック