2012年05月17日

「赤城山ポーク肩ロース白ワイン煮 ベッケオフ風」@「シャンパン食堂」

写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

お昼に北新地にある人気の「シャンパン食堂」に行ってきました。
「堂島アバンザ」の東隣にあります。近くには「ビストロ・シャンパーニュ」もあります。
「今日のランチ」は「赤城山ポーク肩ロース白ワイン煮 ベッケオフ風」(950円)でした。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

阪口ビルのB1Fへと続く、この手すりの付いた細い階段を下りるとお店の入口です。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

カウンター席に座り、まずはキリッと冷えたシャンパン・・・ではなくてお水です。^^



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

カリッと焼き立てのバゲットです。香ばしくて美味しいです。お声掛け頂き、お代わりしました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

カボチャのスープです。熱々で(゚д゚)ウマー!!!!!です。思ったよりはサラッとしていました。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

「赤城山ポーク肩ロース白ワイン煮 ベッケオフ風」です。
ベッケオフ(Baeckeoffe)とは、フランスのアルザス地方の郷土料理で元々は、パン屋さんがパンを焼いた後の釜の予熱を利用してベッコフ鍋で作るシチューのことでした。



写真をクリックすると拡大写真にジャンプします。

それでは、頂きます。(^〜^)・・・(゚д゚)ウマー! (゚д゚)ウマー!! (゚д゚)ウマー!!!です。
真ん中の丸いのはジャガイモではなく長芋でした。まるでマッシュポテトのような滑らかな食感が(・∀・)イイ!!です。赤城山ポークは、フォークで切れるほどホロホロと柔らかく煮込まれているのですが、特徴的な輪切りのジャガイモなどは煮崩れすることなく仕上がっています。
旨みタップリのソースは、白ワインの酸味がきいていました。(ひょっとしてワインビネガーも入っていたのでしょうか?)最後は、バゲットを浸して全部頂きましたよ。^^
帰りにはお店の方が態々、1階まで階段を上って来られて、居心地のいい空間から現実の世界に引き戻された私を丁重にお見送りして下さいました。恐縮です。ありがとうございました。^^




   住所:大阪市北区堂島1-3-20 阪口ビルB1F 営業時間:11:30〜14:00
   17:00〜26:00(土曜は、24:00まで) 定休日:日、祝日



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック