2010年02月23日

「おまかせコース」@九州地鶏「とり焼 一本松」

一本松_拡大写真にジャンプします。

前から気になっていた、JR福島駅の近くにある九州地鶏「とり焼 一本松」に行って来ました。
「おまかせコース」(3,150円)にしました。まずは「付き出し」です。



一本松_拡大写真にジャンプします。

「ももときものお造り」です。鹿児島から直送の地鶏は、一目瞭然、新鮮そのものです。
きれいなピンク色のももは、たまり醤油で頂きます。(゚д゚)ウマー です。ウニのようなオレンジ色のきもは、ごま油と塩で頂きます。(゚д゚)ウマー です。全く臭みがありません。



一本松_拡大写真にジャンプします。

追加で頼んだ「皮のお造り」(890円)です。皮と言っても皮下の脂を包丁で丁寧にこそぎ落とし、一口サイズに丸く形を整えたものです。甘く口の中で溶けます。



一本松_拡大写真にジャンプします。

「焼き物盛合せ」です。(写真は、2人前)は、もも、きも、つくね、むね、ネック、テール、皮です。
野菜は、椎茸、長ネギ、タマネギ、しし唐、キャベツです。



一本松_拡大写真にジャンプします。

七輪で自分で焼いて食べるスタイルです。故に“焼き鳥”ではなく“とり焼”なんですね。時々脂が炭火に落ちてファイヤーとなりますが、ご主人が消火のためアイスキューブを焼き網に置いてくれました。炎が上がると美味しくなくなるそうです。「刺身でも行けますのでさっと軽く焼いて食べて下さい」とご主人。でもつい、話に夢中になると、焼き過ぎてしまいます。
店内は、もうもうと煙が充満しています。自分で焼くと常に焼き立てが食べられますが全部がベストな焼き加減とは限りませんし、エプロンは用意されていますが、服に匂いが付きます。プロに焼き場で焼いてもらうとベストな焼き加減ですが時には冷めてしまうこともあります。両者は、トレードオフ(二律背反)の関係にあります。改善策は、無煙ロースターにすることでしょうか。



一本松_拡大写真にジャンプします。

〆の「とり茶づけ」です。私にはちょっと醤油が濃すぎましたが、(゚д゚)ウマー です。



一本松_拡大写真にジャンプします。

デザートは、抹茶のアイスでした。ご馳走様でした。(^m^)




住所:大阪市福島区福島5-14-10 営業時間:17:00〜23:00 定休日:日、祝日



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 焼肉・焼き鳥・ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕が5年前焼鳥屋をやるきっかけになったお店ですね。
Posted by くらくらな日々 at 2010年02月24日 13:47
>くらくらな日々さん
>僕が5年前焼鳥屋をやるきっかけになったお店ですね。

そうなんですか!ステキな出会いに乾杯ですね。^^
Posted by ミッキー at 2010年02月24日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック