2009年08月24日

中華の饗宴@中国食府「双龍居」(後編)

双龍居_拡大写真にジャンプします

     お待たせしました。後編の最初の料理は「セセリと白葱の強火炒め」です。
     赤鶏のセセリ(首の周りの肉)です。白葱の香味と相まって (゚д゚)ウマー です。



双龍居_拡大写真にジャンプします

蒜蓉筧菜 」・・・空心菜のニンニク炒めです。(゚д゚)ウマー です。



双龍居_拡大写真にジャンプします

     「双龍居」と言えば、やはり炒飯は欠かせません。「ズワイ蟹レタス炒飯」です。
     パラパラではなくて、しっとりとした炒飯です。(゚д゚)ウマー です。



双龍居_拡大写真にジャンプします

「小龍包」です。「双龍居」では初めて食べました。(゚д゚)ウマー です。



双龍居_拡大写真にジャンプします

「シュウマイ」です。かなり大きくて (゚д゚)ウマー です。毎週でも食べたいくらいです。^^



双龍居_拡大写真にジャンプします

「どうしても食べたい」と言う同席者のリクエスト「麻婆豆腐」です。ジンさんは、追加のオーダーにも快く応えて下さいました。花椒(ホアジャオ)がきいていて、(~Q~;;)辛・・・(゚д゚)ウマー です。



双龍居_拡大写真にジャンプします

デザートのメロンです。甘くて (゚д゚)ウマー です。お腹一杯です。ご馳走様でした。(^m^)



双龍居_拡大写真にジャンプします双龍居_拡大写真にジャンプします双龍居_拡大写真にジャンプします双龍居_拡大写真にジャンプします

おまけの写真です。私の誕生日はとっくに過ぎていたのですが、誕生月ということで同席者の皆さんから、色々とプレゼントを頂きました。思いもかけない出来事に感激でした。
左は、私が水好きなので鹿児島県の「樵のわけ前」という水をお土産に買ってきてくれました。
地下1,117mから汲み上げた硬度わずか2の超軟水の水です。ピュアで美味しいです。
次は、イタリアのビール「モレッティ」です。モレッティ社はイタリアで最も古い歴史を持つビールメーカーです。すっきりとした喉ごしでキレのいいいライト感覚のビールです。
そして、フランスのワイン「BARON DE BRANE 2005」(ル・バロン・ド・ブラーヌ2005)です。
強くて長い余韻をしっかりと味わいました。皆さん、本当にありがとうございました。^^
嗚呼〜、幸せです。^^素敵な人たちと同席出来た喜び、またまた噛みしめました・・・。

「双龍居」の過去記事Cです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8687637.html
「双龍居」の過去記事Bです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/7581052.html
「双龍居」の過去記事Aです。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/6132227.html
「双龍居」の過去記事@です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/4984520.html




住所:大阪市北区池田町10-11 営業時間:11:30〜25:00(月〜土) 11:30〜25:00(日、祝日)
定休日:第1・3月曜(祝日の場合は翌日)



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク
posted by ミッキー at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

先日はありがとうございました。
美味しくて、楽しくて、ええ夜でした^^。

ただ、アイントさんとミッキーさんのかけ合いについていけなかったのが、残念です。

またお願いいたします。
Posted by uraboon at 2009年08月26日 21:02
>uraboonさん

コメントありがとうございます。
uraboonさんとはゴータマ以来でしたね。

美味しかったですね。しかし、お腹がはち切れそうになりました。
ジンさんが、バッシングの際に残っていた料理を私の取り皿に入れてくれるので。^^

今後とも、宜しくお願いします。^^
Posted by ミッキー at 2009年08月27日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック