2008年06月07日

「ぴちょんくんストラップたち」

ぴちょんくん」を調べてみると、2000年5月に、ビビアン・スー主演のダイキンエアコン「うるるとさらら」のテレビコマーシャルの脇役キャラクターとして登場したのがはじまりのようです。
その後、現在に至るまでのマスコットキャラクターとしての大人気ぶりは周知の通りです。



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ぴちょんくん

特に意識して集めている訳ではないのですが、数えてみると7種類ありました。



おユぴちょんくん

これは「おユぴちょんくん」です。ピンクのお湯に浮かぶアヒルがかわいいですね。



クリアぴちょんくん

これは「クリアぴちょんくん」です。頭がクリアな4色のストライプです。



クリアぴちょんくん

パープルブルー・グリーンオレンジは、それぞれ「脱臭」・「除湿」・「集塵」・「加湿」の4つの機能を表しているようです。お詳しい方なら7本の中に「ロボぴちょんくん」がないことにお気づきだと思います。実は、以前は持っていたのですがプレゼントしちゃってありません。
因みに、私はダイキンの関係者ではございませんので念のため。^^




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQYahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは! ワールド空手が乗ってたので、ちょっとお邪魔しました^^
黒帯〜我が子も3人極真をさせてますが、長女は茶で止まり、長男は3年前〜(痛いから嫌)と休憩(引越し等が有った事も有り)次男は5月〜始めさせてます!
中々「黒帯」迄の道のりは遠いです。。。
「桜」の写真、拝見しました! とても綺麗に撮られてて素晴らしいですね〜
ミッキーの由来も何か楽しい!
こちらは京都でも北の方なんで、大阪のお客様も多いですが、やっぱ「遠いなぁ〜」と言われて・・・
大徳寺や今宮神社、後「あぶり餅」ぐらいしかない、寂しい観光地ですが、とても良い所って私的には思うので、散歩がてらにどうぞ!
お邪魔しました〜
Posted by いにわ at 2008年06月07日 17:47
>いにわさん はじめまして、コメントありがとうございます。 お子様達が通われているのは、緑先生のところでしょうか? 昨年は、御土居を見に鷹峯の方まで行きましたよ。 京都はたまに行っておりますので、お伺いさせて頂く事があるかもしれません。 その節には、よろしくお願いします。
Posted by ミッキー at 2008年06月07日 20:50
本当に「お水」に関して色々な事が書いて有りますね〜「ぴちょんくん」もそうだけど!
長女に聞いたら「吉川先生」え〜「吉岡」だったかなぁ〜 すみません。。。
洛北支部に3年前に3年上二人は通ってました。
「小野師範代」が好きだった様で〜辞められたと聞いて頭を抱えてましたよ^^
洛北の師範代はかなりかなり厳しいとか。。。
結構、見た目はきゃしゃでメガネをかけて、ちょっとヒゲをはやして居られるかなぁ〜
長女は引越した為、本部に2年程通ってたかなぁ〜
でも、3年ぶりに行ったら、自分より年上で(大学生ぐらい)の方が多く、帯びが自分より下の方が多かったから居づらかったと。。。(長女は緑帯でした。。。)
上二人も高校、中学に成って大分、学校も慣れた様なんで、テストが終わったら強制連行致します! へへ〜
上は空手で色んな物を学び、そして「イジメ」とか有った時にも空手をする事で救われました!
真中の学年もヤヤコシイ方が多いので。。。
今の子は色んなお子様が居られる。。。難しいですね〜
鷹が峰に行かれたんですね〜 佛大からあの坂道を上がられたのかなぁ〜
長々と失礼しました。。。
お返事、ご無用で〜す!

Posted by いにわ at 2008年06月09日 14:22
>いにわさん

私も空手が大好きです。沖縄に行って空手の源流を見るのが私の夢です。
空手・・・特に多感な青少年期は技そのものよりも人としての成長は、師事する先生に因るところが大きいでしょうね。

御土居は、そうです。あの坂道を自転車で登りました。
あれだけの土塁ですからすごい権力だったことが窺い知れましたよ。



Posted by ミッキー at 2008年06月09日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック