2008年03月02日

「町家和食 京の町に恋おりる」@大阪市北区



今年は、Olympic Yearですね。2/29(金)の夜、楽しい仲間達と久しぶりに卓球をして(・∀・)イイ!!汗を掻いた後は、阪急東通商店街にある「町家和食 京の町に恋おりる」に行って来ました。
(※ 現在の店名は「町家和食 京の町」となっています)
優美で心が和む京都の町家をイメージした広い店内はすべて大小の個室になっていて時折、通路からカランコロン…と下駄の音が聞こえて来る都会の中の癒し空間なのです。



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。



「前菜」です。早速、頂きます。^^ 食前酒「桃と紅茶のリキュール」が付いていました。
添えられた葉っぱなどの所謂「つまもの」にもこだわりが感じられ好感が持てました。^^





「カンパチの変わり刺身 霙(みぞれ)まみれ」(880円)です。香草が挟み込まれていました。




         「京町家、傑作“恋”のだし巻き」(650円)です。これには隠し技が・・・。




中には温泉卵が2個も入っていて切るとトロ〜リと流れ出てきます。




「海老と明太子ポテト ちーず揚げ春巻」(780円)です。




「牛タンほっこり煮」(1,080円)です。ホロホロで簡単にお箸で切れます。




        「舞妓寿司」(1,280円)です。おや、右端のウニの軍艦巻が倒れていますね。^^
        ジャンケンで勝った順番に好きなものを1個ずつチョイスすることにしました。




「国産牛肉の釜飯」(1,380円)です。40分ほど掛るというので早めに注文していました。




最後にデザートの「苺アイスのもちもちクレープ包み」(680円)です。
本当に楽しいひと時を過ごさせて頂きました。ご参加者の皆様、ありがとうございました。^^




住所:大阪市北区小松原町1-16 営業時間:17:00〜23:00 17:00〜翌4:00(金、土、祝日前)
無休


posted by ミッキー at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック