2007年07月26日

「ろあん鮎美」@大阪市西区



昨日は、友人達と大阪市西区にある「ろあん鮎美」に行ってきました。丹波篠山にある有名なお蕎麦屋さん「ろあん松田」の娘さんのお店です。(鮎美さんに頂いた名刺です)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。


この木の看板が唯一の目印です。場所と言うより店構えが隠れ家的なお店です。どう見ても普通のオフィスですが、それもそのはず。オフィスを月〜木曜の間だけ借りての営業だそうです。




そばチップスです。食べ始めると止まらなくなります。ビールもグイグイ進みます。^^




広々としたテーブルにメニューが飾られています。豆腐ようがあるのが面白いですね。




焼いた万願寺とうがらしとジャガイモの煮物です。おつゆを飲むと (゚д゚)ウマー です。^^




そばがき(800円)です。わさび醤油で頂きます。白いですね。クリーミーで (゚д゚)ウマー です。
一口食べた瞬間に、むかごのような風味を感じましたが、そば粉のみだそうです。
以前に食べたことのある京都の「なかじん」さんのそばがきとはまた、違いました。




だし巻(700円)です。だしが美味しいから不味い訳がありません。フワフワで (゚д゚)ウマー です。




やき鴨(1,000円)です。粒マスタードで頂きます。添えられた野菜も珍しいものだそうです。




盛りそば(1,000円)の登場です。少し辛めのつゆはお猪口にちょこっとだけ入っています。ここで会話が途切れました。みんな一心に啜っています。(゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です!




アップです。ツヤツヤときれいです。最初は何もつけずに食べてみました。つなぎはわずか0.2%だそうですが蕎麦の種類の違いでしょう、ハーベストっぽい香りはあまりしませんでした。




そば湯を飲みました。写真は2杯目です。1杯目はあまりの美味しさに写真を撮り忘れました。




最後にそば茶を頂きました。香ばしくてさっぱりとしています。
ところで“ろあん”ってなんでしょう?蘆庵でしょうか?モダンなコンクリート構造の蘆庵?^^
今度行った時に鮎美さんに聞いておきます。






2009.3.31に閉店しました。
住所:大阪市西区千代崎2-22-16 営業時間:12:00〜15:00 18:00〜21:00 定休日:金〜日曜


posted by ミッキー at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミッキーさん、はじめまして
「やっぱり手打ちでなくっちゃ」のどばんどです。
ドラバのほう、承認しておきました。

ろあん鮎美さんところ、最近行っていません。
ミッキーさんのブログを拝見してまた行ってみたくなりました。でも知る人ぞ知るお店で、結構混んでいるんですよね。(^^;
Posted by どばんど at 2007年07月27日 01:04
>どばんどさん

ありがとうございます。
そば美味しかったです。
あの隠れ家(もはやそうでもなくなってきました)的な雰囲気が好きです。

残念なのは厨房設備が整ってないことですね。
Posted by ミッキー at 2007年07月27日 07:09
トラックバックありがとうございます

ろあん鮎美さんは私が周った蕎麦屋の中でも一番印象深いお店です
何度でも通いたくなりますね

Posted by ひろ at 2007年07月27日 07:26
>ひろさん

ありがとうございます。

確かにインパクトありますね。入ってすぐにスリッパに履き替えてテーブルに着席です。
Posted by ミッキー at 2007年07月27日 11:00
ろあん鮎美さんの一つ一つの料理が美味かったです。
あの調理施設で素晴らしい料理を作られるのですから驚きました。
Posted by 冬ちゃん at 2007年07月28日 21:59
>冬ちゃんさん
>あの調理施設で素晴らしい料理を作られるのですから驚きました。

そうですね。あの火力で美味しい料理を生み出すのですからすごいですね。

落としたコップをチェンジしてくれなかった。^^
Posted by ミッキー at 2007年07月28日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック