2007年07月20日

「eneloop(エネループ)」 [B-Promotion]


SANYOのくり返し使える電池「eneloop(エネループ)」は「電池を使い切る生活から、くり返し使う生活へ」がコンセプトの、地球環境に配慮したこれからの時代の電池と言えます。


ブルーのパッケージは、青い地球をイメージしているそうです。また環境に配慮した全面脱塩ビ・単一素材化を実現し、分別廃棄の手間なく廃棄が可能です。トランスルーセントできれいなパッケージですね。このグラデーションは和の色彩では、「裾濃」(すそご)と呼ばれる手法です。




主な特長はエネループのサイトに掲載されています。ちょっとまとめてみました。

 通常の使用でのメモリー効果の影響が少ないので、全て使い切るのを待たなくても、電池を使った分だけ継ぎ足し充電が出来ます。

 エネループなら充電した後、6ヶ月後で約90%、1年後でも約85%のパワーをキープ。充電を完了しておけば使いたい時にすぐ使えます。

 約1,000回繰り返し使えるので、このN-MDR02S(単3形エネループ2個付急速充電器セット)を〔(充電池価格+充電器価格+電気代)÷1000サイクル〕で計算すると、販売価格にもよりますが1回当たり≒3〜4円になります。

 寒い所で性能が低下してしまうのは、乾電池の構造上、仕方がないのですが、エネループは低下しないのでスキー場などでも使えます。




前から不経済だと思っていたお風呂用の防滴仕様のCDプレーヤーは単3電池6本使用なので、これを機に「N-M58TGS」(単3形エネループ4個付[倍速]急速充電器セット)を買い足して使っています。まさに我が家で簡単に始められるエコですね。




使い始めて2週間が経過してわかったことは、今まで使っていたアルカリ電池よりはるかに寿命が長いということです。このサイクルで1,000回使えるなんてちょっと想像がつきません。
エネループは、特に電池の消耗が激しい用途に向いていると思います。
(1年に1度電池交換の時計に使用したら1,000年使える計算にはなりますが・・・。^^)
ネーミングですが私なら「eneloop 1,000」と名付けて、驚異的な充電回数を印象付けますね。
今後の課題として、もし改良が可能なら充電時間の更なる短縮の検討をお願いします。

eneloop普及委員会」は、eneloop(エネループ)のプロモーションを担当されている広告代理店「ジャパンプランニング」さんによるコミュニティブログです。

※「B-Promotion」のモニタープロモーションに参加のモニター記事です。

キャンペーンバナー

eneloop(エネループ)


posted by ミッキー at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | B-Promotion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック