2007年06月15日

「麺屋 7.5Hz」⇒「東成きんせい」


久々にラーメンを連食しました。今回は大阪市東成区にある注目の2軒です。


※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

まずは「麺屋 7.5Hz」東成店です。17:17 に到着しましたが、開いていました。^^いわゆる高井田系と呼ばれているカテゴリのラーメンです。高井田系の特徴は極太麺と濃い醤油味です。(私は正直、あまり得意のジャンルではありません)中華そば(450円)を食べました。さすがの極太麺です、茹で時間は6分程掛かっています。
まずスープを一口・・・。想像していた以上に濃いです。ここはいきなり麺から食べるのがいいかも知れませんね。^^
麺はモチモチ、かなりの歯応えです。この麺だからこのスープなのだと納得しました。ネギたっぷり、チャーシューもボリュームがありこれで450円は安いですね。早朝6時からオープンしているのがすごいです。たまに塩分を欲する時があって、その時に無性に食べたくなる味ですね。^^



住所:大阪市東成区東今里1-5-27 営業時間:6:00〜16:00 18:00〜翌4:00 定休日:木曜




※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

次に「東成きんせい」に行きました。18:03 到着です。大阪府高槻市にある「彩色ラーメン きんせい」の2号店で今月4日にオープンしたばかりです。鶏白湯らーめん(650円)を食べました。
まずスープを一口・・・。(゚д゚)ウマーです。白湯なのでもっとクリーミーかと思っていたのですが、かなりこってりで何とも香ばしくて鶏の旨味がよく出ています。
麺は加水率高めの中細ストレート麺で濃厚なスープとの相性はバッチリです。麺を食べ終わり、スープを飲み始めるとあれあれ?止まりません。私はスープは飲み干さない主義なので、すんでのところで止めました。^^
現在はこの形状のお玉になっていますがオープン当初にお客さんから「レンゲが使い難い」との声があり、すぐにチェンジしたそうです。クイックレスポンスには脱帽です。
P→D→C→A・・・のローリングで今後も間違いなく、スパイラルアップしていくことでしょう。
次回は和風醤油らーめん(700円)を食べる予定です。




閉店しました。住所:大阪市東成区東小橋1-1-6


posted by ミッキー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック