2006年11月08日

水質簡易測定


水質簡易測定キットを使って自宅の水道水をチェックしてみました。
コップに水道水を入れ、試験紙を浸します。試験紙を取り出しカラーチャートと比べて同じ色、または近い色の数値をチェックする方法です。




【硬度(Hd)】…30〜40(軟水)でした。
硬度が高いと石鹸の泡が立ちにくく、汚れが落ちにくくなります。




【水素イオン濃度(pH)】…6(弱酸性)でした。
ペーハーは胃液1.5〜2、レモン水2〜3、ビール5〜6、酸性雨5.6以下、血液7.5〜8、石鹸水9〜10、なんと涙は10〜11です。アルカリ性は塩素消毒の効果が低下したり、トリハロメタンの生成量が増加します。




【残留塩素(CL)】…0.1でした。
0なら細菌や病原菌などが繁殖している可能性があります。残留塩素が多いとカルキ臭がしておいしくない水となります。(0.4以上で匂います)
塩素は肌や髪に付着してキューティクルなどを酸化させるので肌が荒れたり、髪のパサつきの原因になるとも言われています。


posted by ミッキー at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック