2006年08月01日

五円玉

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク



5en_bottle1s.jpg
私が、五円玉※1を集め始めてどのくらいになるのでしょう?
特に、真剣に集めているわけではなくてお釣りなどでもらったものをその都度、このボトル※2に入れていただけですが・・・。

※1【五円玉の豆知識】日本の現行の通常硬貨の中で唯一、アラビア数字が使われておらず漢数字のみ使用されています。
稲で農業、歯車で工業、水で水産業、裏面の双葉で林業を表しています。昔は大砲の薬莢を潰して造られたそうです。
※2 プラスチック製の初代ボトル。酒屋さんのディスプレー用のもので、写真では小さく見えますが高さは55cmあります。




5en_bottle2s.jpg
初代ボトルは劣化のため脆くなっていて移動しようと持ち上げたら割れてしまいました。現在は2代目の「升升半升」(“ますますはんじょう”と読みます。4.5L、つまり二升五合瓶です)のガラス製の酒瓶に入れています。

さて、何枚あるのでしょうか?
重量から計算してみます。総重量は16.6kg、瓶だけの重さは2.6kg。つまり五円玉だけで14.0kgです。1枚の重さが3.75gなので、14,000g÷3.75g≒3,733枚、金額にして18,665円ということになります。




goen.jpg








昭和24年〜33年に発行されたものは文字が楷書体です。中でもプレミアがついているのが昭和32年発行の五円玉です。発行枚数は1000万枚で程度にもよりますが、1枚数百円で売買されています。このボトルの中にはわずかこの2枚だけありました。^^

フデ五倶楽部「フデ五コレクター世界ランキング」 私は現在、ランキング82位です。
posted by ミッキー at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック