2011年12月04日

細切り「ざるそば」@「蕎麦 文目堂」・・・大阪市中央区

文目堂_拡大写真にジャンプします。

所用で谷六に行きました。お昼は「蕎麦 文目堂(あやめどう)」でおそばと決めていました。
こちらは「ミシュランガイド 2012」にも掲載されている1つ星マークのお店でもあります。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

文目堂_拡大写真にジャンプします。

メニューです。そばは細切りと粗挽きがあります。細切りの「ざるそば」にしました。
1枚では物足りなくなるのは分かっていたので、400円+の大盛り(1,200円)にしました。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

お茶を飲みながら早く出てこないかなと思いつつ、コンセントレートして静かに待ちます。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

古民家をリノベーションした店内は、整然としていて落ち着いた雰囲気です。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

つゆ、薬味の白葱と山葵、そして追加のつゆが運ばれてきました。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

そして細切りのそばです。きれいに盛り付けられていて、つやつやとしています。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

最初の数本は、そのままで頂きます。美味しいです。もぉ〜辛抱堪りません。
豪快にズズーッと啜りました。(゚д゚)ウマー!!!!!です。あっと言う間になくなりました。
そばはその昔、日本でも静かに食べていたそうです。しかし、伝統芸能である落語の影響により、音を立てる食べ方が国民に浸透したというのです。落語は、そばを食べるのに音で表現しないと分かりづらいためですが、やがてそれが民間にも広がって行ったのだそうです―――。



文目堂_拡大写真にジャンプします。

蕎麦湯です。トロットロで、とても美味しくて思わず3杯も頂きました。^^



文目堂_拡大写真にジャンプします。

ファサード(façade)です。和洋折衷の趣のある佇まいです。




 住所:大阪市中央区安堂寺町2-2-26 営業時間:11:30〜14:30(LO) 17:30〜20:30(LO)
 定休日:木曜



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

テレビ生出演!?^^カンテーレ@扇町公園

関西テレビ_拡大写真にジャンプします。

先日、土砂降りの雨の中「関西テレビ」に行ってきました。やっぱり背が高いですね。



関西テレビ_拡大写真にジャンプします。

TV出演と言っても開局記念生特番のエキストラです。^^192人中の1人です。



関西テレビ_拡大写真にジャンプします。

9:30に集合し、猛烈な土砂降りの中、隣の扇町公園でずぶ濡れになりながらのリハでした。
キーワードを人文字で作り、関西テレビの8F食堂からそれを見るというものです。
なんだか怪しい集団ですね。^^私は、局から近いので一旦、帰宅してからお風呂に入り、まったりと2時間ほど休憩した後、14:00に関西テレビに再集合です。雨は小降りになっていました。



関西テレビ_拡大写真にジャンプします。

関西テレビ_拡大写真にジャンプします。

そして15:00過ぎからのオンエアーです。私はどこにいるか分かりますか?????^^






人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

観楓快晴!「泉涌寺」⇒「今熊野観音寺」・・・京都市東山区

東福寺」で観楓した後は「泉涌寺 (せんにゅうじ)」にせんにゅうしました。(謎^^)
「泉涌寺」泉の湧き出ている寺・・・皇室の菩提寺として「御寺(みてら)」と呼ばれています。

泉涌寺_拡大写真にジャンプします。

長い坂道の「泉涌寺道」を上ると、やがて「大門」(重文)に辿り着きました。



泉涌寺_拡大写真にジャンプします。

拝観料500円を払い「大門」を潜ると、左手に観音菩薩坐像(通称:楊貴妃観音)を安置している「楊貴妃観音堂」があります。参道の先に見えるのは「仏殿」です。



泉涌寺_拡大写真にジャンプします。

「仏殿」(重文)です。寛文8年(1668)徳川四代将軍家綱によって再建されたものです。




所在地:京都市東山区泉涌寺山内町27



その後「泉涌寺道」を戻り「泉涌寺」の塔頭(たっちゅう)の1つ「今熊野観音寺」に行きました。

今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

東福寺」の紅葉にも負けない美しさでした。まさに錦秋爛漫でした。^^



今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。


今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。


今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。


今熊野観音寺_拡大写真にジャンプします。

舞妓さんがちょうど・・・。非日常的な光景ですが、京都では日常的な光景なのでしょうね。




所在地:京都市東山区泉涌寺山内町32



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

観楓快晴!@「東福寺」・・・京都市東山区

東福寺_拡大写真にジャンプします。

11月26日に京都屈指の紅葉の名所「東福寺」に行ってきました。
大阪に永く住んでいながら「東福寺」を訪れたのは今回で2度目という体たらくです。
午前8時45分に到着したのですが、ものすごい人人人人人人人人・・・でした!
「臥雲橋」から見た「通天橋」と紅葉です。拙写ですが写真を撮ってきましたのでご笑覧下さい。



東福寺_拡大写真にジャンプします。東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。

今度は逆に、絶好の撮影スポット「通天橋」から見た「臥雲橋」と紅葉です。
渋滞していたので警備員さんの「誰も通天橋の写真ってわかりませんよ。だってここが通天橋だから。わっかるかな?」というエンドレスに繰り返されるギャグを何度も聞かされるはめに。



東福寺_拡大写真にジャンプします。東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。東福寺_拡大写真にジャンプします。

「通天橋」を下ったところが「洗玉澗(せんぎょくかん)渓谷」です。



東福寺_拡大写真にジャンプします。


東福寺_拡大写真にジャンプします。

「本堂(仏殿)」です。1881(明治14)年焼失後、1934(昭和9)年に再建されました。



東福寺_拡大写真にジャンプします。

「三門」(国宝)です。紅葉は、ピークには少し早かったようです。今週末辺りが見頃でしょう!




「東福寺」所在地:京都市東山区本町15-778



人気ブログランキング_ぽちっとな。^^FC2ブログ★ランキング_ぽちっとな。^^ブログランキング・にほんブログ村_ぽちっとな。^^人気ブログランキング【ブログの殿堂】ぽちっとな。^^ブログランキング【くつろぐ】ぽちっとな。^^
posted by ミッキー at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする