2010年01月15日

価格破壊の極み!「辛ハラミ定食」@「焼肉工房 神戸館」


焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

脅威の390円の焼肉定食のお店がある」との情報を得てからというもの「早く行かないと!」と焦燥感のようなものに駆られ、行って参りました。以前、ある雑誌の最新号に紹介されていた、ワンコインランチのお店に勇んで行ってみたら閉店になっていたことがあったからでしょうか?



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

ランチメニューは「カルビ定食」など、オール700円です。が、しかし・・・。



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

   “サービスランチ”と書かれたホワイトボードに、( >_[・]) ロックオンです。
   「豚バラ定食」、「トリモモ定食」、「辛ハラミ定食」の3種類が、驚嘆の390円なのです。



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

   「辛ハラミ定食」を注文すると同時に無煙ロースターのガスに火が付けられました。
   4人掛けテーブルを独り占めで贅沢な気分です。^^



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

「キムチ」も食べ放題なのです。もぉ〜どんだけ〜♪^^あっさりと美味しいです。



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

  喫驚の「辛ハラミ定食」は、辛いタレに漬け込んだハラミ、キャベツ、ししとう、カボチャに、
  大きな茶碗のご飯と味噌汁が付いています。



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

驚愕の辛ハラミのアップです。かなりボリュームがあります。Unbelievable!



焼肉工房_神戸館_拡大写真にジャンプします。

  じっくりと焼いて頂きます。(^〜^)お腹一杯です。驚倒のコストパフォーマンスです。
  これはまさに「シスギ定食」です。“シスギ”の前には“サービス”が付きます。^^




閉店しました。住所:大阪市北区天神橋2-2-8


posted by ミッキー at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼肉・焼き鳥・ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

「元祖一作らーめん」@「らーめん 一作」門真店

一作_拡大写真にジャンプします。

ドロッドロのスープで有名な「らーめん 一作」に初めて行って来ました。
そのスープは「天下一品」の「こってり」ともよく比較されます。インスパイアーなのかどうなのかはわかりません。デフォの「元祖 一作らーめん」(650円)をオーダーしました。



一作_拡大写真にジャンプします。

メニューには「キムチ」(150円)とありますが、ランチタイムは無料サービスでした。



一作_拡大写真にジャンプします。

「元祖 一作らーめん」です。想像していた通りのドロッドロのスープです。血液がこんな状態だとヤバイですね。麺は柔らかめに茹でられた中太ストレート麺です。



一作_拡大写真にジャンプします。

まずは、スープを一口・・・。塩分は思っていたより濃くないです。鶏がらとたくさんの野菜を圧力鍋で原形を留めないほど煮込んで作っているそうです。野菜が渾然と溶け込んでいるのが分かります。クーポン券を持参していたので100円引きでした。ラッキー!^^



一作_拡大写真にジャンプします。

ファサード(façade)です。大きな看板です。「パチスロEXパステ」の敷地内にあります。




住所:門真市宮前町12-12 営業時間:10:00〜23:00(定休日は、パチスロEXパステに準ずる)



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

骨付鳥「一鶴」西梅田店でテイクアウト!

一鶴_拡大写真にジャンプします。

一鶴(いっかく)」西梅田店で「ひなどり」と「とりめし」をテイクアウトしました。香川県丸亀市にある丸亀本店にも、何度か行ったことがあります。



一鶴_拡大写真にジャンプします。

「とりめし」(450円)です。(゚д゚)ウマー です。店内で食べるとスープが付いていますが、テイクアウトには付いていません。その代わり量が多いのです。お茶碗2膳分は優にあります。



一鶴_拡大写真にジャンプします。

「ひなどり」(870円)です。ニンニク、塩、胡椒等の特製スパイスを擦り込んで、特注のオーブンで300℃の高温で一気に蒸し焼きされて完成です。かなり塩辛で、スパイシー(゚д゚)ウマー です。
かぶり付くと肉汁が滴り落ちます。歯応えのある“おやどり派”と、柔らかい“ひなどり派”のどちらが好きですか?という話になったりしますが、私は“ひなどり派”です。「おやどり」(980円)は、初回丸亀本店訪問時に食べ比べした際に食べたきりで、その後はずっと「ひなどり」です。




     住所:大阪市北区曽根崎新地1-3-26 ぐらんぱれ 4F 営業時間:17:00〜23:00
     11:00〜23:00(土、日、祝日)



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼肉・焼き鳥・ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

「カレー釜カルボ」@「三ツ島 真打」

真打_拡大写真にジャンプします。

テレビでも紹介されていた「カレー釜カルボ」(750円)を食べに、門真市にある「三ツ島 真打」に行って来ました。エプロンが添えられています。行き届いたサービスですね。^^



真打_拡大写真にジャンプします。
鉢に生卵を割り入れ、その上にチーズをタップリとのせます。そこに茹で立て熱々のうどんを入れ、すばやくかき混ぜて釜カルボナーラうどんの出来上がり、さらにカレーを掛けて完成です。



真打_拡大写真にジャンプします。

カレーには、イベリコ豚ベーコン、イカゲソ、プリップリのエビなどがゴロゴロと入っています。
トッピングは打ちネギと糸唐辛子です。早速頂きます。(^〜^)・・・ウッ(゚д゚)ウマー です。
黒胡椒のきいた釜カルボだけでも美味しいのに、カレーのシナジー効果たるや、いかに!^^



真打_拡大写真にジャンプします。

「カレー釜カルボ」は「関西讃岐うどん西国三十三ヶ所巡礼」3/31までの巡礼者限定メニューなのでチェックシート持参が条件です。(サイトからダウンロード出来ます)



真打_拡大写真にジャンプします。

昨年8月にリニューアルオープンしたお店はきれいで広々としています。




住所:大阪府門真市三ツ島772-3 営業時間:11:30〜15:00 17:30〜21:30 定休日:月曜



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

「ラーメン壁紙」2010.1.4 現在

久々に「ラーメン壁紙」プロジェクト 2010.1.4 現在の進捗状況のご報告をさせて頂きます。
「ラーメン壁紙」プロジェクトは、私が食べたラーメンの写真を壁紙にして行こうという「サグラダ・ファミリア」のような広大なスケールをイメージし、始動した狭小な個人プロジェクトです。^^
デジカメで真俯瞰から撮った2005.7.3の「天下第一」がこのプロジェクトのスタートでした。
画像は、リダクションしていますが、原版は1枚が、1,600pixel×1,464pixelで作製しています。

ラーメン壁紙_拡大写真にジャンプします。

1「天下第一」(2005.7.3)〜64「らぁめん たむら」(2007.7.5)です。



ラーメン壁紙_拡大写真にジャンプします。

65「よってこや」(2007.7.25)〜128「麺 みやざわ」(2009.10.28)です。



ラーメン壁紙_拡大写真にジャンプします。

129「ラーメン みやざわ」(2009.11.2)〜139「東成きんせい」(2010.1.4)です。

この中に同じラーメン屋さんのものはいくつかありますが、ラーメンの種類は異なっています。
2005.7.3〜2010.1.4の1,647日間の139杯です。11.8日に1杯という計算になりますが、写真を撮らなかった時もありますのでひと月に約3杯のペースで食べています。大したことないですね。^^



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク
posted by ミッキー at 20:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

「中華そば」@「東成きんせい」

久々に「東成きんせい」に行って来ました。メニューが以前と、ガラッと変っていてビックリです。
ラーメンは“鶏と魚介のスープ”と“鶏のスープ”に分類されています。

東成きんせい_拡大写真にジャンプします。

“鶏と魚介のスープ”の中から「中華そば」(700円)にしました。



東成きんせい_拡大写真にジャンプします。

まずはスープを一口・・・。シンプル(゚д゚)ウマー です。トッピングは、大きなバラチャーシュー、細切りのメンマ、白ネギ、海苔、そしてトレードマーク的なうずら卵です。



東成きんせい_拡大写真にジャンプします。

ファサード(façade)です。お店を出る時には外に10人程の行列でした。大人気ですね。^^

「東成きんせい」過去記事です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/5761771.html




閉店しました。住所:大阪市東成区東小橋1-1-6


ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

刮目の「なにわブラック」@「金久右衛門 (きんぐえもん)」

前々から気になっていた「なにわブラック」を食べに「金久右衛門」に行って来ました。

金久右衛門_拡大写真にジャンプします。

このラーメンの最大の特徴は、淡い琥珀色のスープに真ん中の黒褐色のペースト状のかえしを自分で溶かし出すことなのです。まずは、トランスルーセントなスープを一口・・・。旨味成分は感じますが何とも頼りない味です。次にかえしを溶きます。すんなりと混ざり合います。
そして一口・・・。キリッとした醤油味にドラスティックに変貌を遂げました。(゚д゚)ウマー です。^^
濃口醤油の「黒醤油ラーメン」(650円)をベースに、イカのワタ、エビ等の風味をきかせたのが「大阪ブラック」(700円)です。その「大阪ブラック」をベースに更にカキの煮干、アサリの煮干等、貝の旨味を重ね合わせたのが、この「なにわブラック」(750円)なのだそうです。
確かに、コハク酸の旨味を感じます。これぞ究極の醤油ラーメンかと思いきや、まだまだingだとのことです。注目、刮目、嘱目の醤油ラーメン、今後も目が離せません。



金久右衛門_拡大写真にジャンプします。

麺は、太麺か細麺が選べます。平打ち麺の太麺にしました。トッピングは、大きなチャーシュー、メンマ、青ネギです。太麺との相性はいいのですが、スープだけを飲むと私には少し濃いです。
先に少し、ペーストをレンゲで餃子のタレの小皿に取っておいて徐々にカスタマイズし、自分なりのベストな黄金率を見つけるのもいいかもしれません。



金久右衛門

おまけの写真です。2006.11.23に食べた「大阪盛(だいはんじょう)」(800円)です。



金久右衛門

「金醤油ラーメン」(650円)@「なにわ金久右衛門」・・・扇町にありました。(過去形)




   住所:大阪市東成区深江北3-2-8 営業時間:11:00〜14:00(月〜水曜)
   11:00〜14:00 18:00〜21:00(木〜金曜) 11:00〜16:00(土曜) 定休日:日曜、祝日
   ※ 中央大通沿いにあり、白い無地の暖簾が目印ですがちょっと分かり難いです。



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク
posted by ミッキー at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

「新味 醤油」@拉麺「喜はる」

大阪市城東区蒲生4丁目交差点の南側にある、拉麺「喜はる(きはる)」に行って来ました。

喜はる_拡大写真にジャンプします。

“喜”の草書体は、七が3つで縁起がよさそうですね。ラッキーセブンにも通じます。



喜はる_拡大写真にジャンプします。

“新味”は、鶏と魚節のWスープで“元味”は、鶏、魚節、さらに豚骨のブレンドのようです。
“麺線18番”は、切刃の番手のことで僅かに太めでしょうか。



喜はる_拡大写真にジャンプします。

「新味 醤油」(650円)にしました。トッピングは、水菜、青ネギ、人参、メンマに脂身の多いチャーシューが2枚で白ゴマが振られています。



喜はる_拡大写真にジャンプします。

まずは澄んだスープを一口・・・。しっかりとした魚介系の風味が感じられて美味しいです。
シャキシャキの水菜が(・∀・)イイ!!です。ランチタイムは、ご飯とキムチが無料サービスです。



喜はる_拡大写真にジャンプします。

暖簾です。入ってすぐ左には自家製麺室があります。




閉店しました。住所:大阪市城東区蒲生4-16-10

posted by ミッキー at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

「上まぜ」2枚@「中央市場 ゑんどう寿司」京橋店

京橋の京阪モール5Fにある「中央市場 ゑんどう寿司」京橋店に行って来ました。

ゑんどう寿司_拡大写真にジャンプします。

こちらでは何と言ってもこのシジミの入った「赤出し」(315円)は欠かせません。数種類の味噌がブレンドされていて、地味溢れる奥深い味わいです。山椒と柚子の芳香が立ち上ります。



ゑんどう寿司_拡大写真にジャンプします。

「上まぜ」の1枚目です。手前から「ハマチ」、「鮪(中トロ)」、「鯛」、「ウニ」、「穴子」です。
「上まぜ」(1皿 1,100円)は、1皿に5貫ずつ盛られたおまかせの握り寿司です。2枚、3枚・・・と好きなだけ追加してきます。口の中でこぼれるようにと、温かいご飯を丸くそっと握られているのが特徴的で、こちらでは“つかみ寿司”と称しています。



ゑんどう寿司_拡大写真にジャンプします。

「上まぜ」の2枚目です。手前から「貝柱」、「鮪(中トロ)」、「イカ」、「赤貝」、「鳥貝」です。
食べ易い、しゃりこま(ごはんが小さい)で、ねたこま?です。^^
「上まぜ」とは、上寿司のネタも混ざっているという意味なのでしょうか?



ゑんどう寿司_拡大写真にジャンプします。

門松と注連縄の飾られた、旧臘(きゅうろう)のファサード(façade)です。

「ゑんどう寿司」の過去記事です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/7061945.html




住所:大阪市都島区東野田町2-1-38 京阪モール5F 営業時間:11:00〜22:00 無休



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク


posted by ミッキー at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日