2009年05月31日

「東京ワンタン麺」@「ラーメン創房 玄」


玄_拡大写真にジャンプします

東京都品川区「天王洲アイル」にある「ラーメン創房 玄」に行って来ました。



玄_拡大写真にジャンプします

「ラーメン創房 玄」は、秋葉原に本店があります。塩ラーメンが美味しいと評判のようなので私も「玄流塩ラーメン」(780円)にしようと思っていましたが・・・。
メニュースタンドの今月のラーメン「東京ワンタン麺」(680円)に目が停まり、急遽変更しました。



玄_拡大写真にジャンプします

「東京に来たら、東京らしいものを食べてみたい」When in Rome do as the Romans do.^^



玄_拡大写真にジャンプします

真俯瞰(まふかん)です。トッピングは、ワンタンが5枚、ホウレン草、メンマ、ネギです。



玄_拡大写真にジャンプします

早速、頂きます。まずはスープを一口・・・。シンプルな醤油味です。東京人ではありませんが何となくノスタルジックな気持ちになりました。
熱々で口の中を火傷しそうになりましたが、ワンタンのチュルンとした喉越しが堪りません。^^




住所:東京都品川区東品川2-3-10 シーフォートスクエア1F
営業時間:11:00〜21:00(月〜金)  11:00〜20:00(土日祝) 不定休


posted by ミッキー at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

「温泉水99(キューキュー)」後編  [B-Promotion]


温泉水99_拡大写真にジャンプします

温泉水99」は、鹿児島県桜島の麓、垂水温泉の地下750mから汲み上げた、天然のアルカリイオン水です。pH(アルカリ度)は9.5〜9.9とかなり高いです。(pH7が中性です)温泉水と分類しているのは水素イオン(H+)含有量が多いからでしょうか?硬度はわずか1.7の超軟水のナチュラルミネラルウォーターです。(因みに日本の水道水の硬度は、30〜70が多いです)

ミネラルウォーターのサイトを運営、管理している私にピッタリのモニターレビューですね。^^
世界のミネラルウォーターを紹介!
MIKIO'S WEBSITE」:http://www.h2.dion.ne.jp/~mwc/
この記事は「B-Promotion」のモニタープロモーションに参加してのモニターレビューです。



温泉水99_拡大写真にジャンプします

5月16日から毎日欠かさず、約2Lずつ飲み続けました。私は血圧も正常で、血液のデーターも全く異常なしなので特に体調の変化は感じられませんでしたが、蒸発残留物質が極めて少ないピュアな水を1日十数回に分けてたくさん飲むことは体にとてもいいことだと思います。
飲む度に、カタルシスを感じます。体の隅々までピュアな水が徐々に浸透して行き、まるで箒で掃き清めるが如く体内が浄化されて行くようなイメージです。



温泉水99_拡大写真にジャンプします

「温泉水99」の特長が詳しく書かれたパンフレットが添付されていました。

温泉水99_拡大写真にジャンプします

アルカリ度のことや浸透力のことなどが写真と図解でわかりやすく書かれています。



温泉水99_拡大写真にジャンプします

        それでは、ボトルのラベルに書かれていることを2つ検証してみます。
        「浸透力」と「油と混ざる水」です。まずは「浸透力」の比較実験です。



温泉水99_拡大写真にジャンプします

左が「温泉水99」で、右が水道水です。同量の茶葉を浸漬し、水出しで抽出力の比較です。



温泉水99_拡大写真にジャンプします温泉水99_拡大写真にジャンプします

茶葉投入直後、明らかに違います。5分後、さらに!茶葉のふくらみも違います。



温泉水99_拡大写真にジャンプします温泉水99_拡大写真にジャンプします
温泉水99_拡大写真にジャンプします温泉水99_拡大写真にジャンプします

次に「油と混ざる水」の比較実験です。@左が「温泉水99」で、右が水道水です。Aゴマ油を少しずつ同量入れます。両方とも分離しています。B2本同時に30回ほど強くシェイクした直後です。どちらも白濁していますが、温泉水99の方は、泡立っています。C30分経過後です。どちらも白濁したままですが、どちらも油が分離しています。
専門用語で分離している2つの液体をエマルションにすることを乳化と言います。木工ボンドやマヨネーズなどが代表的な例です。また、乳化する作用を持つ物質を乳化剤と呼びます。
溶質溶媒が共に液体である分散系溶液のことです。
豚骨ラーメンのスープが乳化しているのは、強火で沸騰させることで油と水分が混ざり合い、骨髄から出るコラーゲンがゼラチン化し、それが乳化剤となり脂肪を包み込むからなのです。

やはり、水と油、乳化剤がないと完全には乳化しませんでした。“温泉水99は乳化作用により白く濁り、混ざったままです”とありますが、誇大な表現なので修正の必要があるでしょう。

浸透力が強いということは、洗浄力も強いのではないか?と仮定し、ちょっと試してみました。
温泉水99」をプラスチック製品の汚れている部分に少し垂らし、ティッシュで拭き取ると、汚れが取れて、とてもきれいになりました。ピュアな水は、こんな使い方も出来るんです。



エスオーシーのサイトにジャンプします

販売元の「エスオーシー株式会社」様のサイトです。

「温泉水99(キューキュー)」前編です。→ http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8383381.html

-----------------------------------------------------------------------------
  温泉水99」は、現在お得な「おいしさお試しキャンペーン」を実施中です。
  通常価格の半額の945円(送料込)で、2L×6本が購入出来ます。
-----------------------------------------------------------------------------


キャンペーンバナー

天然アルカリイオン水「温泉水99」

posted by ミッキー at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | B-Promotion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

「香港飲茶楼 ル・パルク」@「東京ビッグサイト」


東京ビッグサイト_拡大写真にジャンプします東京ビッグサイト_拡大写真にジャンプします
東京ビッグサイト_拡大写真にジャンプします東京ビッグサイト_拡大写真にジャンプします

りんかい線の国際展示場駅からイーストプロムナードを「東京ビッグサイト」に向います。



香港飲茶楼_拡大写真にジャンプします

「2009 NEW環境展」を見学しました。
食事を済ませてから入場、あるいは見学後に会場を出てからの食事がいつものパターンなのですが、11時半だったので「東京ビッグサイト」内で昼食にしました。「香港飲茶楼 ル・パルク」は、東展示棟の一番奥の3Fにあります。全200席、全面ガラス張りの開放的な空間です。



香港飲茶楼_拡大写真にジャンプします

カジュアルチャイニーズ「香港飲茶楼 ル・パルク」は、「コルドンブルー」のお店でお好みで料理をチョイスするコンボスタイルです。海老五目そばや坦々麺などの麺類もあります。
「Bコンボ」(料理3品とチャーハンor焼そばで890円)にしました。料理は、海老チリソース煮、手羽先のから揚、麻婆豆腐、豚肉の細切り炒め、五目野菜炒め、豚の角煮の6種類の中から3種類選びます。(※季節によりメニューが変更になる場合があります)



香港飲茶楼_拡大写真にジャンプします

チャーハンをチョイスしました。やや薄味でパラパラというより、モチモチした食感です。



香港飲茶楼_拡大写真にジャンプします

左手前から、海老チリソース煮、麻婆豆腐、五目野菜炒めです。海老チリはプリップリの海老が (゚д゚)ウマー です。麻婆豆腐は私的には外せないメニューです。そして、ヘルシーに五目野菜炒めです。値段的にもまずまずで、会場内で昼食場所に困ったらまたここにします。




住所:東京都江東区有明3-21-1 営業時間:10:30〜17:00(イベント開催日)
11:00〜14:00(設営日) 定休日:不定休(展示会開催状況によります)


posted by ミッキー at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

「とんかつ たわら」@細工谷


たわら_拡大写真にジャンプします

「コンバンハ、タワラコウタロウデス」ってことで(どういうことかわかりませんが^^)、今日のお昼は「とんかつ たわら」に行って来ました。細工谷ってどこ?大阪市天王寺区細工谷・・・鶴橋駅の南西部に位置し1996年に、和同開珎の枝銭が発見されたところでもあります。



たわら_拡大写真にジャンプします

11時ちょっと前に到着しました。住宅街にあるお店です。まだ暖簾も出ていませんでした。



たわら_拡大写真にジャンプします

店内は、こんな感じです。8人掛けテーブル1つと4人掛けテーブルが5つの全28席です。



たわら_拡大写真にジャンプします

お惣菜のバイキングコーナーです。家庭的なお惣菜が8種類です。お得ですよね。^^



たわら_拡大写真にジャンプします

   デフォの「とんかつ」(1,100円)にしようか迷いましたが「味噌かつ」(1,200円)にしました。
   ○が3つ揃えば・・・毎度お馴染み、ミッキーポジション の完成です。^^



たわら_拡大写真にジャンプします

静岡県産「和豚もちぶた」がジューシーで (゚д゚)ウマー です。断面の写真はありませんが、かなり分厚いです。脂身もしつこくなくサラッとしています。キュウリの細切りが散らされた上から掛けられた味噌ダレは、すりゴマが軽く振られています。名古屋の味噌かつとは、また違います。味噌を酒などでのばしたものでしょうが濃厚でタップリと掛っているので、少し取り除いた方が肉の旨味が味わえます。サラダも大盛りで、カレー風味のモヤシがいい箸休めになっています。
お持ち帰りのお弁当もよく出ているようです。店員さんの愛想もよく、地元市民に愛されているお店という印象です。お店を出る時に、厨房からご主人が渋い声で「また、よろしくお願いします」
鄭重な挨拶がとても気持ちがいいのです。^^




住所:大阪市天王寺区細工谷1-10-10 営業時間:11:00〜14:30 17:00〜19:00 定休日:日、祝日


posted by ミッキー at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

「ドリームジャンボ宝くじ」@大阪駅前第4ビル特設売場


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ドリームジャンボ

正式名称は「当せん金付証票」さて何でしょう?ってタイトルにもありますが「宝くじ」です。^^
大阪駅前第4ビル特設売場」で「ドリームジャンボ宝くじ」を買いました。私はいつもここです。
日本の「宝くじ」(富くじ)の起源は、江戸時代初期に摂津箕面(現在の大阪府)の瀧安寺で、正月の元旦から7日までに参詣した善男善女が、自分の名前を書いた木札を唐びつの中に入れ、7日の日に寺僧がキリで3回突き、3人の“当せん者”を選び出し、福運の“お守り”を授けたのが起こりとされています。


(-m-) ぱんぱん




ドリームジャンボ

 こんなステキな紙袋に入れてくれました。「寶袋」達筆です。とてもご利益がありそうです。^^
 しかも風水でも、ラッキーカラーとされている黄色です。


(-m-) ぱんぱん




ドリームジャンボ

袋の裏面です。「大阪駅前第4ビル特設売場」のサイトもあるんですね。^^


(-m-) ぱんぱん




ドリームジャンボ

毎度の連番20枚とバラ10枚(合計9,000円)買いました。今の世の中、ライフスタイルをドラスティック(drastic)にチェンジすることが出来るのはこれしかないかな?とも思いますが、まあ特に変える必要もありませんが。^^
因みに「大阪駅前第4ビル特設売場」は過去5年間で億万長者が72名誕生しているそうです。

「当せん金付証票法 第13条」 当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない。

1987年に公開された伊丹十三監督の映画「マルサの女」で、ある男が宝くじの当せん金は非課税なので脱税に使えると持ち掛け、権藤(山崎 努)に、5,000万円の当たりくじを500万円オンの5,500万円で売りつけようとするシーンがあります。
裏金を表のお金に変える方法。発想のすばらしさに感動したことを覚えています。


(-m-) ぱんぱん


posted by ミッキー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

左右どちらから読んでも「麺外麺」


※写真はすべてクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

麺外麺

先週の土曜日、昼食場所を探していました。突然、目の前に現れたラーメン屋さんの前で足が止まりました。このモノトーンの店構えを見て、いくつかの疑問が浮かんできました・・・。



@まず店名の「麺外麺」


   ・・・?



読み方は“メンガイメン”でいいのでしょうか?

由来、意味、意図がつかめません。^^

まさか「麦面タト麦面」ではないですよね。^^




Aテントの字体はゴシック体で、看板は毛筆体。


   ・・・?



アイデンティティ(identity)が感じられません。

そして毛筆体の方は、かなりの達筆ですよね。^^


写真はありませんが、さらにテントの上の壁面には大きな立体文字でこう書かれています。



  麺家ラーメン



もう、どれが屋号なのかわかりません!^^



B看板の正統派らーめんの“正統派”


   ・・・?



正統派とは、どのような定義なのでしょうか?

昔懐かしい屋台のラーメン風な味でしょうか?




しばらく逡巡(しゅんじゅん)していましたが意を決して、入ってみることにしました。



麺外麺

メニュー表のトップに書かれている「正統派 醤油らーめん」(580円)をオーダーしました。

(15:00までは、ご飯がサービスなのでお得です)

そして、2番目の「札幌発 味噌らーめん」のところの一文に目が釘付けになりました。



  昭和43年に大阪で

  初めて札幌ラーメンの

  味噌を当店が紹介




思わず「ホントかよー?」と心の中で叫びました。

帰宅してから口コミサイトで調べてみると、このお店は、昨年の1月にオープンしたらしいです。

さらに調べてみるとホームページがありました。「饗屋(もてなしや)グループ」のお店でした。
会社概要」にある昭和43年に開業した「札幌ラーメン店 さりぽろ」のことのようです。
しかし、直営店はこの「麺外麺」しか書かれていないので現在は、独立されているのでしょうか?



麺外麺

どうです?美味しそうでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 。とてもシンプルな醤油味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、固ゆで玉子(1/2)、海苔、モヤシに青ネギです。
固ゆで玉子の切り口に注目です。複雑なカーブを描く多面的な断面です。
スープに浸る面積が少しでも広くなるようにとの細かい配慮がなされているのでしょうか?

でも、その必要性はあまりないと思われます。

約40年前に初めて大阪に札幌の味噌ラーメンの味を伝え、・・・?・・・昨年に、当地で復活?
私の心の中のミッシングリンク(Missing-link)をいつか必ず、解き明かしてみたいです。^^




閉店しました。住所:大阪市北区中崎西4-2-16


posted by ミッキー at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

「温泉水99(キューキュー)」前編  [B-Promotion]


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

温泉水99温泉水99
温泉水99温泉水99

昨日「B-Promotion」さんから宅急便が届きました。かなり大きなダンボール箱です。総重量は25kgを越えています。中身は「温泉水99」2L(6本入)1,890円(@315円)が1ケースと、500ml(24本入)4,032円(@168円)が1ケースとパンフレットでした。
※「B-Promotion」のモニタープロモーションに参加のレビューです。



温泉水99
販売元の「エスオーシー株式会社」様のサイトです。

温泉水99」は、鹿児島県桜島の麓、垂水温泉の地下750mから汲み上げた、天然のアルカリイオン水です。pH(アルカリ度)は9.5〜9.9とかなり高いです。(pH7が中性です)温泉水と分類しているのは水素イオン(H+)含有量が多いからでしょうか?硬度はわずか1.7の超軟水のナチュラルミネラルウォーターです。(因みに日本の水道水の硬度は、30〜70が多いです)
温泉水99」は、TV、雑誌(CLASSY、VOCE、an・an、女性自身、日刊ゲンダイ、Oggi等)やミネラルウォーター関連の本でも数多く紹介されています。また、2009年「モンドセレクション最高金賞」と「iTQi(国際味覚審査機構)優秀味覚賞(最高位三ツ星)」をダブル受賞しているそうです。



温泉水99

ミネラルウォーターのレビューは、私にピッタリですね。^^※ご参考「MIKIO'S WEBSITE



温泉水99

早速、常温で飲んでみます・・・。(テイスティングは常温が原則です)まろやかでとても美味しいです。甘さを感じます。ピュアな水は、無色透明、無味、無臭のはずなのになぜ甘く感じるのでしょうか?・・・研究によると舌のセンサー(受容体たんぱく質)の甘味感覚を抑える物質が、水で洗い流された反動で起きる可能性が高いのだそうです。「温泉水99」は、特にその効果が高いのかもしれませんね。水の分子が集まって出来る「クラスター」という単位があります。「温泉水99」は、52.6Hzで通常の水道水は、概ね140Hzです。水はこのクラスターが小さいほど味がまろやかに感じられ、身体に吸収され易いと言われています。
今後、毎日十数回に分けて約2Lずつ飲み続けた感想を2週間後にアップさせて頂きます。
-----------------------------------------------------------------------------
  温泉水99」は、現在お得な「おいしさお試しキャンペーン」を実施中です。
  通常価格の半額の945円(送料込)で、2L×6本が購入出来ます。
-----------------------------------------------------------------------------


キャンペーンバナー

天然アルカリイオン水「温泉水99」

posted by ミッキー at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | B-Promotion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

つけ麺@「麺や 天四郎」


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

天四郎
天四郎

4月4日にオープンした「麺や 天四郎」に行って来ました。「麺や 輝」の4号店だそうです。住所が神橋4丁目(天四)で天四郎なのでしょうか?電話番号も下4桁が“1046”(テンシロー)です。^^



天四郎

11時30分に入店、客はまだ私1人だけだったのでこんな構図で撮ってみました。^^



天四郎

「つけ麺」にしました。麺の量は小、並、大盛りのいずれも750円です。大盛りにしました。



天四郎

麺は中太の自家製麺で、上には大きなチャーシューが2枚です。



天四郎

鶏がらベースの魚介系醤油のつけ汁は、スープ割りにしなくても飲めるほどの濃さです。



天四郎

ファサード(façade)です。近くには四郎ならぬ五郎「煮干しらーめん 玉五郎」があります。^^




住所:大阪市北区天神橋4-10-8 営業時間:11:00〜24:00 定休日:月曜


posted by ミッキー at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

「ciao cina(チャオチーナ)」@阪急グランドビル 29F


JR大阪駅直近の阪急グランドビルの29Fにある「ciao cina(チャオチーナ)」に行って来ました。
店名の「ciao cina(チャオチーナ)」は、なぜか?イタリア語で「こんにちは中国」ですね。^^

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

チャオチーナ

暑い日でしたので冷たいプーアール茶が嬉しいです。脂肪分解作用があり、ダイエット効果もあるそうですね。ランチメニューは「ステーキ丼」(980円)、「日替わり具だくさんプレート」(850円)と丼類の「かき揚げ天丼」、「アボガド鮪丼」、「カレー天丼」、「彩り角煮丼」、「豚丼」、「鶏唐丼」、「鍋焼き麻婆丼」、「天津飯」は、オール680円です。立地を勘案するとかなり安いですね。 



チャオチーナ

少し悩みましたが、ガッツリ食べたくて「日替わり具だくさんプレート」(850円)にしました。
「日本海アジのなんばんづけ」、「キハダマグロのカツレツ(タルタルソース)」、「ごぼうサラダ」、「天然わかめおみそ汁」、「有機米(コシヒカリ100%)」、「お漬物」の6品でした。



チャオチーナ

中華スープのようにも見えますが「天然わかめおみそ汁」です。ウッ (゚д゚)ウマー です。



チャオチーナ

「日本海アジのなんばんづけ」は大きなアジの切り身で食べ応え充分です。これだけでご飯一膳は、いけそうです。^^一見、トンカツに見えるのが「キハダマグロのカツレツ(タルタルソース)」です。これまたボリューム満点です。タルタルソースをタップリつけて (゚д゚)ウマー です。「ごぼうサラダ」も大盛りでアゴが疲れるほどです。魚、魚、野菜でとってもヘルシーなランチです。
ご飯はお代わり出来ますが、その必要は全くありません。お腹いっぱいです。^^




住所:大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル 29F 不定休(阪急32番街に準ずる)
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00(月〜金) 11:00〜23:00(土、日)


posted by ミッキー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

祝!開店2周年!!「カフェレストラン GinGemBre」


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ジャンジャンブル

5月10日「カフェレストラン GinGemBre(ジャンジャンブル)」開店2周年の記念すべき佳き日に、
お誘い頂きまして総勢8人で行って来ました。ささやかですが、お花を贈呈させて頂きました。
毎回、美味しいものを食べさせて頂いている日頃の感謝の気持ちを込めて・・・。^^



ジャンジャンブル

まずは、ビール×4と、ジンジャエール×4で乾杯です!^^



ジャンジャンブル

キビナゴ、ホタテの貝柱、カンパチ、鯛、ウニ、フルーツトマト・・・厳選された食材のカルパッチョです。いきなり、心がほどける逸品です。華やか、かつ清々しくお皿の上で咲き誇っています。特筆すべきは今が旬のキビナゴです。吉備女子とも書くこのニシンの仲間は、トランスルーセントな身と体側のメタリックな銀帯が特徴で手開きで刺身にします。全く臭みがないのは、新鮮なのと下処理が完璧だからでしょう。爽やかなドレッシングであっという間に平らげました。^^



ジャンジャンブル

続いてスパークリングワインを頂きます。(この後は、赤ワインにしました)



ジャンジャンブル

オムレツです。アチェート・バルサミコが掛かっています。



ジャンジャンブル

驚きました。中からフォアグラがゴロッ、ゴロッ!メッチャ (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です。



ジャンジャンブル

モッツァレッラチーズの掛かったハンバーグです。メッチャ (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です。



ジャンジャンブル

パーフェクトな火入れです。ナイフを入れると中から肉汁が溢れ出します。上には弾力のあるモッツァレッラ、下にはシルキーなマッシュポテトが敷かれていて味わいも重層です。



ジャンジャンブル

「ル・クルーゼ」の鍋で豚肉、キャベツ、パプリカ、そして下仁田ネギに似た、リーキ(ポロネギ)等が蒸し焼きにされています。いろんな野菜の旨みがぎゅっと凝縮されて (゚д゚)ウマーです。



ジャンジャンブル

赤がヒマラヤの塩、マスタード、白がドイツの塩です。すべて試してみました。^^



ジャンジャンブル

一同が瞠目の「赤鶏の丸焼き」です。次から次へと巡る“美味しい発見”に楽しみは尽きません。



ジャンジャンブル

肉質の柔らかい赤鶏とキノコのバターライスが、満足したはずの食欲を呼び覚まします。



ジャンジャンブル

「ムース・オ・バナーヌ(バナナのムース)」です。バナナのいい香がします。とても滑らかで上品な甘さが (・∀・)イイ!!です。トッピングの口溶けのいい生チョコもまた抜群の美味しさです。^^



ジャンジャンブル

ふわっと心が温まるマスターのコーディネートに包まれるといつもの何気ない会話までが優しく響いて来ます。心地よい時間はあっと言う間・・・。心からの「ご馳走様」がよく似合うお店です。




住所:大阪府高槻市松原町7-4 営業時間:11:00〜22:30 定休日:火曜

 
posted by ミッキー at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする