2009年04月29日

デパ地下で「えきそば」


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

えきそば

姫路名物の「えきそば」が4月22日に「阪神百貨店」に進出との情報を得て行って来ました。



えきそば

「かやくごはんセット」(500円)にしました。「えきそば」(351円)と「かやくごはん」(189円)に桜漬けが付いています。セットにすると40円お得です。七味唐辛子を掛けてテーブルに運びます。
因みに、JR姫路駅ホームにある「えきそば」は、一味唐辛子が置いてあります。



えきそば

添えられていたチラシには「濃いめの和風だしに黄色い中華めん。エビ入り天ぷらに刻みネギ」とあります。(正確にはエビではなく、オキアミだそうです)まずは、スープを一口・・・。
ナツカシ(゚д゚)ウマー です。そうです、塩分濃度高めのこの味です。かんすい入りの中華麺は、茹で時間がとても短いのですが柔らかめです。これが「えきそば」です。^^



住所:大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店 B1 スナックパーク内


posted by ミッキー at 19:32| Comment(0) | TrackBack(1) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

スープ仕立ての「鶏ステーキ」@「Poele(プワル)」


昨日は春の雨が降り続く中、所用で外出しました。洋風創作料理のお店「Poele(プワル)」で昼食です。プワルはフランス語でストーブの意味です。暖かいほのぼのとしたイメージですね。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

プワル

「カツレツランチ」や「パスタランチ」も気になりますが「鶏ステーキランチ」(750円)にしました。
まずは「野菜のポタージュ」です。(゚д゚)ウマー です。食欲に火が付きました。^^



プワル

「鶏と色々野菜の和風ステーキ〜木の芽のスープ仕立て〜」です。ライスが付いています。



プワル

鶏肉のステーキと色とりどりの春野菜のスープ仕立てです。野菜がたっぷりと摂れるヘルシーなメニューです。まずはスープを一口・・・。(゚д゚)ウマー です。大きめにカットされた鶏肉もボリュームがあります。滋味溢れる優しい味のスープは、いつの間にか全部飲み干していました。



プワル

店名の「Poêle」は正式には e の上にフランス語の「綴り字記号」(signes orthographiques)の
一種、(accent circonflexe:アクサン・スィルコンフレックス)が付いています。




住所:大阪市北区天神橋3-1-2 営業時間:11:00〜14:30 17:30〜23:00 定休日:日曜


posted by ミッキー at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

「天神橋 上海食苑」@天神橋筋商店街


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

上海食苑

お昼に、小籠包で有名な「天神橋 上海食苑」に行って来ました。



上海食苑

“本日の日替わり”のB「麻婆豆腐・かぼちゃの天ぷらとサラダ・スープと漬物」(680円)の点心三種付き(750円)にしました。+70円で点心三種が付くのでお得です。



上海食苑

とろみのある中華スープです。塩加減もジャストで (゚д゚)ウマー です。



上海食苑

カラッと揚がったかぼちゃの天ぷらが (゚д゚)ウマー です。



上海食苑

メインの麻婆豆腐です。ご飯に掛けて頂きました。辛さはマイルドですが (゚д゚)ウマー です。



上海食苑

点心三種です。奥から時計回りに小籠包、蒸し餃子、海老蒸し餃子です。



上海食苑

「鼎泰豊(ディンタイフォン)」や「南翔饅頭店(ナンショウマントウテン)」の小籠包に比べて皮はやや厚い感じですが、中から大量に溢れ出る肉汁が堪らなく (゚д゚)ウマー です。



上海食苑

この鮮烈な赤色、なぜか「光明丹(こうみょうたん)」という言葉を想起しました。




住所:大阪市北区天神橋4-6-19 営業時間:11:30〜14:45 17:30〜24:00 無休


posted by ミッキー at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

「最後のパレード」


※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

最後のパレード

サブタイトルは“ディズニーランドで本当にあった心温まる話”で、素晴らしいエピソードが満載の本なのですが、盗作疑惑が持ち上がっています。「大きな白い温かい手」と題するエピソードが、04年11月の読売新聞に掲載された「小さな親切はがきキャンペーン」の入賞作品と酷似しているというものです。これに対し著者も反論しているようですが、私としては複雑な心境です。
数々の感動のエピソードの後に付く、著者の上から目線の蛇足的なコメントはいらないです。


posted by ミッキー at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

「Vino Bar Due(ヴィーノ バール ドゥエ)」B(terzo)


お誘い頂きまして癒しのワインバー「Vino Bar Due」に行って来ました。3回目の訪問です。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

Due

前菜は2種、一皿目は「鴨のスモークとメロンのカルパッチョ」です。



Due

鴨肉がとてもジューシーで (゚д゚)ウマー です。エリザベスメロンの甘さも(・∀・)イイ!!です。



Due

「カンパチとツブ貝のカルパッチョ 宮崎 日向夏添え」です。生のホタルイカも入っています。



Due

翌日は早朝からスケジュールが入っていたので、私だけ残念ながらウーロン茶です。(泣)



Due

「自家製 そら豆のニョッキ 桜エビとアスパラソース」です。



Due

もちもちっとした食感で (゚д゚)ウマー です。桜エビの香りがすごいです。



Due

     「自家製 タリオリーニ 丹波産 地どりと葉ゴボウのソース 木の芽風味」です。
     地どりが (゚д゚)ウマー です。木の芽の香り・・・葉ゴボウの食感も(・∀・)イイ!!です。



Due

「子羊のジャガイモ包み焼き」です。(・∀・)イイ!!お肉で (゚д゚)ウマー です。




住所:大阪市中央区大手通1-3-1 営業時間:18:00〜25:00 定休日:日曜


posted by ミッキー at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

「ビーフカツレツ」@「下町のビストロ SOMEYA」

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

SOMEYA

2月に初めて訪問した時に頂いた「海の幸フライ」の美味しさとボリュームが忘れられなくて
「下町のビストロ SOMEYA」に再訪しました。



SOMEYA

今回は「ビーフカツレツ」(750円)にしました。普通のフライではなく少量の油で揚げ焼きされたミラノ風カツレツです。肉厚はあまりありませんが、(゚д゚)ウマー です。ドミグラスソースが堪りません。これに大盛りのライスが付いていますが、スープも付けて頂けたら最高だと思います。



SOMEYA

ファサード(façade)です。赤いテントが目印です。他には「ビーフステーキ」(1,000円)、「生姜焼肉」(600円)、「カニクリームコロッケ」(600円)なども気になるメニューです。
過去記事「下町のビストロ SOMEYA」:http://blogs.dion.ne.jp/mwc/archives/8099369.html





住所:大阪市北区松ケ枝町5-6 営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:00 定休日:土・日曜



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

「海津大崎の桜並木」・・・再訪!(09.04.12)


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

海津大崎の桜並木

どうしても満開の「桜並木」が観てみたくなり、翌週に再び、海津大崎に行って来ました。



海津大崎の桜並木

4月12日(日)10:42AM 快晴・・・レンタサイクルは1台も残っていませんでした。シャトルバスも出ていましたが「大崎並木口」までの約4km、寄り道しながら歩きました。「海津天神社」です。



海津大崎の桜並木

境内の桜があまりにも見事だったので、思わずシャッターを切りました。^^



海津大崎の桜並木

「宝幢院(ほうどういん)」です。その名は、小説「櫻守」にも出てきます。
この山門は峯山の最勝寺跡に残っていたものを明治31年(1956年)に移築したものだそうです。この後「清水の桜」にも1週間ぶりに再会しました。



海津大崎の桜並木

11:48AM・・・「大崎並木口」に到着です。カヌーで湖面から桜を観るツアーの一団です。



海津大崎の桜並木

桜のトンネルです。樹齢70年以上の巨木の並木にただただ、圧倒されます。



海津大崎の桜並木

バックは海津浜の石積のある風景です。^^



海津大崎の桜並木



海津大崎の桜並木

まさに春爛漫、満開です。^^



海津大崎の桜並木

ピンクの花が快晴の青空に映えます。



海津大崎の桜並木

琵琶湖八景「暁霧(ぎょうむ)・海津大崎の岩礁」として知られている絶景スポットです。



海津大崎の桜並木

桜の枝の間から垣間見る「竹生島」もなかなか、いいものですね。^^






posted by ミッキー at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

「海津大崎の桜並木」・・・初訪!(09.04.05)


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

海津大崎の桜並木

4月5日(日)天気は曇・・・「清水の桜」を観た後、まだ一部咲き程度の「海津大崎の桜並木」に寄って来ました。(財)日本さくらの会が選定する「日本のさくら名所100選」にも選ばれています。



海津大崎の桜並木

「昭和11年(1936年)に大崎トンネルの開穿(かいせん)と湖岸道路の開通を記念して植えられたもので、旧海津村が桜苗木(そめい吉野)を1000本購入し、当時の修路工夫宗戸清七らの手によって植えられた」とあります。



海津大崎の桜並木

「近江湖の辺の道」の途中に見える、この苔むした大岩は「義経の隠れ岩」です。



海津大崎の桜並木

義経主従が敵に知られないようにしばらく隠れていたと伝えられる岩とあります。



海津大崎の桜並木

「竹生島(ちくぶしま)」です。外周約2kmで、定期船が発着する港が島の南側に一箇所あり、数店の土産物店と寺社がありますが、島外から通っているため無人島です。
「竹生島」というと必ず思い出すのが「対句の名人」の話です。ある人が対句の名人に「竹生島は笙に似たり」と言うと、名人は「石見の国は硯に似たり」と返したそうです。見事ですね。^^



海津大崎の桜並木

「大崎寺(おおさきじ)」です。近江西国九番の札所です。



海津大崎の桜並木

開花状況はまだ、こんな感じで全然咲いていませんでした。



海津大崎の桜並木

湖岸を往復20kmほど、ポタリングしました。とても気持ちよかったです。^^





posted by ミッキー at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

絶品の「てんしそ」@「川福本店」

知人が絶賛していた、心斎橋にあるうどん店「川福本店」に行って来ました。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

川福

数多いメニューの中から随分迷った結果「てんしそ」(882円)にしました。しその葉とちりめんのかき揚げがトッピングされています。他のメニューは「てんばら」(海老のかき揚げ)や「おいらん」(明太子と牛肉の玉子とじ)など、ネーミングのルーツが分からないものもかなりありますが、どれも美味しそうで食べてみたいものばかりでした。(・_・ ) ( ・_・) キョロキョロ



川福

早速、頂きます。まずは、おつゆを一口・・・。熱々で口の中を火傷しそうなりましたが (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です!うどんはやや細めながらしっかりとコシとつるみがあります。^^
プリップリの海老が一つだけ載っているのはサービスでしょうか?^^カラッとサクサクに揚がった天ぷらも最高ですがやがてしんなりとタップリとおつゆを吸った衣が満腹感をいざないます。想像以上にボリュームがありました。食べた後の余韻までもが美味に感じられます。



川福

おーっ!このサイン色紙は誰のものかお分かりでしょうか?・・・・・・あの「王 貞治」さんです!



川福

頂いた栞には「ざるうどんに至るまで」の歴史が綴られていました。




        住所:大阪市中央区東心斎橋1-14-17 営業時間:11:00〜翌3:00
        11:00〜23:30(日・祝日) 無休



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

「あんかけらーめん」@「お食事処 かぶら」(滋賀県高島市マキノ町)

清水の桜」を観た後は、マキノ駅前の「お食事処 かぶら」で昼食にしました。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

蕪

メニューを見ていて、定食、丼物、うどん・・・「あんかけらーめん」(650円)で目が止まりました。



蕪

天津麺の玉子焼き抜きを想像していましたが、あんには具が入っており八宝菜ラーメンあるいは、中華丼のラーメン版といった感じです。
具は、豚肉、蒲鉾、固ゆで卵、キャベツ、モヤシ、ネギで最初から胡椒が振られています。



蕪

久々のお箸リフティングです。^^(゚д゚)ウマー です。



蕪

ファサード(façade)です。看板や暖簾にはの文字をデザインしたものが描かれています。




   住所:滋賀県高島市マキノ町高木浜1-2-9 営業時間:11:00〜14:00 17:00〜22:00
   定休日:月曜(祝日の場合は火曜)



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングranQ人気ブログランキング【ブログの殿堂】Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!このエントリーを含むはてなブックマーク

posted by ミッキー at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする