2008年07月31日

「限定つけ麺」@大阪 大勝軒「神山」(shinzan)


神山_拡大写真はありません。

7月22日は二十四節気の一つ「大暑」でした。「大阪 大勝軒」の2号店「神山」(shinzan)のオープンの日でもありました。私は、全く知らずにたまたま通り掛って、入ったという次第です。^^
「大勝軒」の過去記事です。→ 「西宮 大勝軒」 「ハワイ 大勝軒」


神山_拡大写真はありません。

普通の「つけ麺」(750円)を食べようと思っていたのですが店員さんが『「限定つけ麺」もありますよ』と言うので「じゃあ、それっ」とオーダーしました。つけ汁は、甘・辛・酸っぱの特徴を残しつつも、生タマネギの微塵切りが入っていて魚介系がかなり強いです。濃厚で (゚д゚)ウマー です。



神山_拡大写真はありません。

麺はかなり太めなので茹でるのに結構、時間が掛かります。もちもちしていていい食感です。
ところで“限定”とのことなんですが、一体・・・どんな限定なのでしょうか?^^





閉店しました。住所:大阪市北区浮田1-4-10


posted by ミッキー at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

世界のビールが200種類@「Qbrick」(キューブリック)


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

キューブリック

気の置けない6人で行ってきました。飲んだビールと食べた料理をほんの少しだけ紹介します。
(実は、あまり写真を撮っていません。^^)まずは「エーデルピルス」からスタートです。



キューブリック

「シーザーサラダ」です。



キューブリック

本日の樽生から「伊勢角屋ブロンドエール」です。



キューブリック

「フィッシュ&チップス」です。



キューブリック

「タコライス」です。



キューブリック

「Rochefort(ロシュフォール)10」です。ベルギーのトラピストビールです。



キューブリック

「オイルサーディン」です。



キューブリック

「おもちのピザ」です。醤油の香ばしさが堪りません。気が付くと12時前でした。(汗)



キューブリック

帰る途中、信号待ち中に見かけた、難波橋(なにわばし)の親柱上のライオン像です。






住所:大阪市中央区平野町4-6-12 営業時間:17:00〜24:00 定休日:日、祝日


posted by ミッキー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール・お酒他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

お値打ちのワンコインランチ@「中華食堂 十八番」


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

十八番

昨日のお昼は、天神橋5丁目の「中華食堂 十八番」に再び行ってきました。



十八番

お店の前の大きな立て看板には・・・『爆裂 ワンコインランチ 今週は「小海老いっぱいのエビ玉定食 塩ダレあんかけ」500円』・・・とあります。3秒も経たない内に、決定です。^^



十八番

○が3つ揃えば・・・毎度お馴染み、ミッキーポジション の完成です。^^



十八番


看板に偽りなく、小海老がいっぱい入っていました。ちょっとスープと味がかぶってしまった感は否めませんが、薄めの味付けで (゚д゚) ウマーでした。^^







住所:大阪市北区天神橋5-8-1 営業時間:朝食4:59〜10:01 中華10:59〜翌4:01 無休


posted by ミッキー at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

「アポロ チーズケーキ味」


アポロチョコ」をご存知でしょうか?1969年に誕生した明治製菓のロングセラー商品です。
かわいい円錐形で上2/3がイチゴチョコで下1/3がミルクチョコの2層構造になっています。
ネーミングは、アポロ宇宙船の司令船(Command Module)に形が似ているからでしょうか?



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

アポロ

これは、今年の4月30日に期間限定発売された「アポロ チーズケーキ味」です。普通の「アポロ」より大粒です。冠雪の富士山にも見えますね。ドイツ「モンブラン」社のマーク「ホワイトスター」にも似ています。食べてみると濃厚でやや酸味のあるレアチーズケーキの味がします。


アポロ

なぜ、記事に取り上げたのかって?・・・ある方に頂いたのです。そのお礼の気持ちを込めて。


posted by ミッキー at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パン・スイーツ・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

Don't think.Beer! ©


まずは、ブルース・リー映画の最高傑作「燃えよドラゴン」のオープニングシーンです。
※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

燃えよドラゴン

ブルース・リーは、いきなり弟子の少年に「蹴れ」と言う。少年は怪訝そうな顔をするが、ブルース・リーに向かって一発、上段横蹴り(足刀)を入れる。ブルース・リーは軽く後ろにかわし「なんだそれは?見せ物か?」と、さらに何発か蹴らせる・・・。



ブルース・リー

ブルース・リーは「そうだ!何か感じたか?」と聞く。少年が“Let me think...”(えーっと…)と答えようとすると・・・、この有名なセリフです。“Don't think.Feel !”(考えるな。感じるんだ!)
この含蓄のあるフレーズを不謹慎にもビール好きの私がちょっと、パロってみました・・・。^^



ビール


Don't think.Beer! ©









posted by ミッキー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ブーム再燃!「地サイダー」


阪神百貨店」地下1階の夏季限定「地サイダー特設コーナー」で買ってきました。



※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

サイダー

1度飲んでみたかった「ありまサイダー てっぽう水」です。日本書紀にもその名が記された有馬温泉ですが、その源泉地はかつては地獄谷と恐れられ、湧き水は“毒水”と呼ばれていたそうです。ところが、明治6年の調査で良質の炭酸水であることが判明し、明治後期にこの炭酸水を使って日本初のサイダーが誕生したのです。しかしながら、昭和初期に製造中止になっていました。そしてその懐かしのサイダーが、2002年に復活したのです。涼しげな水色のガラスビンやレトロな雰囲気のラベルがとてもいい感じです。
早速、冷えているのを飲んでみます・・・。すっきりした甘みで美味しいです。炭酸が強いと聞いていたのですが私にはちょうどいいシュワシュワ感でした。330ml、240円(税抜)



サイダー

このかわいい小ビンは佐賀県産の「湯あがりサイダー」です。早速、飲んでみます・・・。ダイダイ果汁入りで美味しいです。飲みきりサイズとのことですがちょっと物足りない量です。95mlで、110円(税抜)は値段も高いですね。



サイダー

こう暑いと冷たいサイダーがいいですね。地サイダー巡りの旅も楽しいかもしれません。^^


posted by ミッキー at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

お呑処・食べ処「かわさき」@大阪駅前第2ビル


お誘い頂きまして大阪駅前第2ビルのお呑処・食べ処「かわさき」に5人で行ってきました。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

かわさき

「スペイン風オムレツ」です。(゚д゚)ウマー です。いわゆるトルティージャ(tortilla)です。



かわさき

「ローストビーフ」です。絶品です。ホースラディッシュ(西洋山葵)が添えられています。



かわさき

「水ナスとタコのサラダ」です。水ナスが瑞々しく、ドレッシングもいいです。



かわさき

「タコとエリンギ炒め」です。生卵を絡めて・・・食べ始めると止まらなくなります。^^



かわさき

「牛すじ大根煮」です。初めて“和”が登場しました。ご飯がほしいくらいです。^^



かわさき

「トマトオニオンサラダ」です。トマトがまた甘いんです。



かわさき

「ニンニク鍋スープ」です。スープを吸ったバゲットが堪りません。これで終わりません。



かわさき

「水ナスの漬物」です。水ナスはサラダでも頂きましたがとことん頂きます。



かわさき

先程の鍋を使った「リゾット」です。モッツァレラチーズが溶け込んでいて(゚д゚)ウマー です。

和風居酒屋の外観で、カウンターのみのお店かと思いきや奥にテーブル席が1つだけあります。
こんな知る人ぞ知る、名店があるのだから大阪駅前ビル界隈は本当にディープです。




住所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB1F 営業時間:17:00〜23:00(月〜金)
16:00〜22:00(土) 定休日:日、祝日


posted by ミッキー at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

山岸イズムに邂逅@「西宮 大勝軒」


「番馬亭」でカレーうどんを食べた後は、2km程歩いて「西宮 大勝軒」に行きました。
「大勝軒」と言えば「東池袋 大勝軒」は行ったことがありませんが「大阪 大勝軒」と「ハワイ 大勝軒」には行ったことがあります。



※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

西宮大勝軒

つけ麺の「もりそば(小)」(650円)というのがありましたので、迷わずそれにしました。
連食だったので麺2玉の「もりそば(中)」(750円)だと食べ切れなかったかも知れません。



西宮大勝軒

どうしても「大阪 大勝軒」との比較になってしまいますが、麺は、白っぽくモチっとしていて、より「東池袋 大勝軒」に近いように思えます。



西宮大勝軒

つけ汁は特徴的な「甘・辛・酸っぱ」ですが、あっさりしています。もっと濁った感じを予想していたのですが色も澄んでいました。いつもこんな感じなのでしょうか?
またおばさんがいい方です。一見、無愛想な印象を受けるのですが、次第にそうではないことに気づきます。私が店外に出てからも、もう一度にこっと会釈してくれました。^^





閉店しました。住所:兵庫県西宮市城ヶ堀町6-11


posted by ミッキー at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

タプンタプンのカレーうどん@「番馬亭」


西宮市に所用がありましたので前々から行きたかった「番馬亭」に行ってきました。

※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

番馬亭

「カレーうどん」(730円)をオーダーしました。辛さは、初めてなので“少し辛め”にしました。



番馬亭

カウンターの前には謎?^^の香辛料「Spices D」が置かれています。



番馬亭

カレースープはタプンタプンに丼のギリギリまで入っています。



番馬亭

上の写真では分からないのであまりしない、お箸リフティングをしてみました。^^
最初はマグマチックな熱々で、フゥフゥしても中々食べられませんでしたが、(゚д゚)ウマー です。
熱さと辛さでドーナツくちびるになっていたかも知れません。^^食べても食べても水位があまり下がりません。うどんを全部食べ終えてお金を払おうとしたら大将が出て来られました。
(スープの残量を見て)「辛過ぎたぁ?」と仰るので「いいえ、ジャストでした。美味しかったです。あまり時間がないので飲み切れませんでした」と答えると、奥様?らしき方が「熱いので中々飲めませんよね。今度はごゆっくりどうぞ。^^」・・・とてもいい雰囲気です。また来ます。
私が先を急いでいた理由とは何でしょう?次回の記事で明らかになります!^^



番馬亭

ファサードです。黒壁に、この赤い暖簾が目印です。不定休の休みがあるようです。





住所:兵庫県西宮市甲風園1-6-7 営業時間:11:00〜20:27 定休日:日曜・祝日


posted by ミッキー at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

まさにヌーベルコリアです!「韓菜酒家 ほうば」


※写真はすべて、クリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ほうば

お誘い頂き「韓菜酒家 ほうば」に6人で行って来ました。「おまかせコース」を頂きました。



ほうば

まずは「ナムル キムチ 盛り合せ」からです。やっぱり青梗菜のキムチ (゚д゚)ウマー です。



ほうば

「鯛 剣先」です。軽く炙られた鯛には韓国風味のタレが掛っています。右奥に寄り添う剣先イカの刺身も肉厚で歯応えもよく甘いです。どちらも甲乙つけ難い美味しさです。^^



ほうば

「水ナスと白海老の合せ」です。カラッと揚げられた白海老はサッと塩が振られており、身の甘さと相和します。オクラと泉州産の水ナスの下にはだしのきいたジュレが敷かれています。



ほうば

「松茸と甘海老の煎」です。煎は“ジョン”と発音するのでしょうか?このお店のチヂミは形も食材も独創性に富んでいて訪れる度にサプライズです。松茸と甘海老との相性も抜群です。



ほうば

「鱧と冬瓜のスープ」です。滋味溢れる優しい味が染み渡るスープです。鱧は骨切りも完璧で味覚に集中することが出来ます。青いすだちの輪切りが涼感を誘うアクセントになっています。



ほうば

ワインを頂きます。銘柄は「オーボンクリマ」の「サンタバーバラ シャルドネ 2006」です。



ほうば

「鰻の柔らか蒸し焼き」です。琵琶湖産の天然鰻だそうです。この身の分厚さからしてかなりの大物でしょう。白焼きは、鰻の良し悪しが顕然と分かり誤魔化しがきかないものなのです。
美味しいです。^^本来の味を堪能しました。トッピングのシシトウも辛くなく (゚д゚)ウマー です。



ほうば

「烏骨鶏の参鶏湯」です。先に下ごしらえ中の烏骨鶏を見せて頂きましたが原形を留めることなく調理されて出て来ました。(下ごしらえ中の烏骨鶏の写真はこちらです。キャ〜!^^



ほうば

朝鮮人参もタップリと入っていて連日猛暑ですが、これで夏バテ知らずでしょう。



ほうば

デザートは「無花果(いちじく)」でした。胡麻の甘いソースが掛かっています。



ほうば

献立表にはなかった「餅」が出てきました。モチベーションが上がって、3個も頂きました。^^
日本と韓国のエッセンスを融合させたスタイリッシュな料理はまさに“ヌーベルコリア”です。

過去記事です。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299786.html





移転しました。住所:大阪市北区天神橋5-3-10


posted by ミッキー at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・タイ・インド料理・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする