2007年07月10日

「京都プレミアム・ツアー」「いっぷく亭」編


※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。


次にチャーターして頂いたバスに乗り「いっぷく亭」に向いました。この光明寺の長い石段の手前を左に曲がるとすぐです。




いっぷく亭」に到着です。風格のある佇まいですね。




ふと見上げるとライティングもいい感じです。コントラストが強くて切り絵のようですね。




長箱の三段弁当「京彩御膳」(きょうさいごぜん)です。




鱧をとし、鱧玉子〆、鱧ざく、白和え、胡麻豆腐、生麩の田楽など、どれも (゚д゚)ウマー です。^^




「鱧のお吸い物」です。てまり麩がきれい。蓴菜(ジュンサイ)は大好きです。^^




「いっぷく亭」のご主人によるスペシャルショータイム「鱧の骨切り」の実演です。

今回参加された有名なグルメブロガーの方々と親しく歓談出来たことはとても有意義でした。
最後にこの貴重な機会を提供して頂いたサントリーさん及び、スタッフの皆様に衷心より深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

サントリーさんのオフィシャルブログ:ブロガー限定ツアー「京都プレミアム・ツアー」レポート!





住所:京都府長岡京市粟生西条4-1 営業時間:11:30〜15:00 17:00〜21:30 定休日:火曜


posted by ミッキー at 20:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

「京都プレミアム・ツアー」ビール工場見学編


昨日、7/8(日)に「サントリー」さんのご好意でブロガー限定「京都プレミアム・ツアー」に参加させて頂きました。ツアー内容は下記の通りです。

    10:20 「サントリー京都ビール工場」集合
    10:30 ザ・プレミアム・モルツ講座(講義、工程見学、試飲)
    12:40 工場発バスで移動
    13:00 「京料理 いっぷく亭」にて食事
    14:30 終了・解散

※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。


最初は講義からスタートです。二条大麦です。水分を与え、一度発芽、乾燥させ「麦芽」の状態にします。乾燥・焙燥の程度によって様々な種類の麦芽が作られます。




次は工場見学です。映像による酵母の説明です。幻想的ですね。出来たての麦汁に酵母を添加して、麦汁中の糖を分解し代謝副産物を蓄積します。因みに、ピルスナータイプのビールは下面発酵です。




ろ過工程です。熱処理しない「生ビール」は、ミクロフィルターで酵母やオリをろ過するのです。




このドデカイ時計の歯車のようなマシンがビュンビュン回転し、ビールが充填されます。1分間に1,500本充填出来るパフォーマンスを誇ります。(休日のため稼動していませんでした)
ここでガイドさんに意地悪な質問を。^^「充填の際に酸素を遮断するために缶の内部に二酸化炭素を吹き付ける工程は、CO2排出削減に悖るのではないでしょうか?
ガイドさんは些かも慌てず「CO2の量も計算し、最少限にとどめています。また、CO2も製造過程で発生する副産物的なものも使用しております」さすがですね。脱毛あっいや、脱帽です。^^




お待ちかねの試飲タイム。モンドセレクション3年連続最高金賞受賞の「ザ・プレミアム・モルツ」です。関係者の間では「プレモル」と呼ばれているようです。
では早速、「プレモル」頂きます。・・・(゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー です。^^

次回は「京都プレミアム・ツアー」「いっぷく亭」編です。注目、刮目、嘱目、瞠目して待て!^^
・・・to be continued later


posted by ミッキー at 22:06| Comment(8) | TrackBack(0) | ビール・お酒他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

「THE PREMIUM CALPIS」(ザ・プレミアム カルピス)


「THE PREMIUM CALPIS」(ザ・プレミアム カルピス) 先行プレミアム体験キャンペーン』で
カルピス」さんから2本頂きました。
HPを見てみると・・・「創立90周年を機に、時間をかけて培った発酵・乳酸菌技術と乳性飲料開発技術を活かし、おいしさを追求した特別な「カルピス」です。当社独自の3種の乳酸菌の特別ブレンドで、上質でコク深いおいしさの極みを実現しました」とあります。





※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

さて、肝心のお味の方は・・・「カルピスに牛乳を混ぜた感じ」と軽はずみに言ってしまってはいけません。濃厚でコクがあり(゚д゚)ウマーです。「味わいカルピス」に似ているようにも思います。^^
350ml ペットボトル 150円(税別)全国で7月17日(火)より新発売です。

カルピスというとこんな法則を思い出しました。

「よその家で出してもらうカルピスは

 決まって味が濃い」



posted by ミッキー at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

「らぁめん たむら」@東大阪市



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

オープンして間もない「らぁめん たむら」に行って来ました。近鉄 布施駅の近くにあります。こちらの店主は京橋の「花京」で修行されたそうです。この情報だけでかなり宣伝効果があります。このバイラルな効果は、「花京」のブランド力ですね。^^
「和風鶏がららぁめん」(650円)を食べました。煮干しの味がよく出ていて(゚д゚)ウマーです。
赤いのはパプリカの粉末です。韓国産の一味唐辛子ではありません。(私は、それもよかったかも。^^)トッピングのにんにくの芽は(・∀・)イイ!!ですね。ここのお店の特長としてずっとキープして欲しいですね。低加水率の細めの縮れ麺は麺の量がやや少ないように感じました。




いつも手ブレするので何枚か写真を撮っていたら店主が「よろしかったら撮影用にパリパリの海苔をどうぞ」とそっと海苔をサービスしてくれました。

           店主・・・「ブログか何かされているんですか?」
           ミッキー「はい。掲載させて頂いてもよろしいでしょうか?」
           店主・・・「ありがとうございます。よろしくお願いします」

お店もきれいで、明るく感じの(・∀・)イイ!!店主、今後もますます期待が膨らみます。





住所:東大阪市足代新町8-2 営業時間:17:00〜26:30 不定休


posted by ミッキー at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

「牛たん料理 鍵や」@東大阪市


※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。


昨日、「牛たん料理 鍵や」に行って来ました。近鉄 布施駅から徒歩3分のところにあります。
入り口の大きな錠前と鍵がまさにキーポイント、情緒のある店内だなぁと思っていたら、インテリアは飛騨高山の江戸末期の合掌作りに使われた古材が使われているそうです。 




「まあゆっくりしとくんなあれ」と書かれています。「名物たん焼定食」をオーダーしました。




「名物たん焼」です。かなりボリュームがあります。白菜の漬物もタップリと添えられています。




スープです。濃厚なダシで(゚д゚)ウマーです。大き目のカップの底に沈んでいるのはテールです。




麦とろです。最後にデザート「抹茶のムース」が出て1,380円はかなりお値打ち感があります。





閉店しました。住所:東大阪市長堂3-2-7


posted by ミッキー at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 焼肉・焼き鳥・ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする