2007年05月24日

「SPEYSIDE GLENLIVET」




「SPEYSIDE GLENLIVET」

「SPEYSIDE GLENLIVET」(スペイサイド グレンリベット)というスコットランド産のミネラルウォーターです。友人のyoooさんから送って頂きました。ありがとうございました。
名前の由来はスコッチウイスキーの生産地「スペイサイド」のスコットランド最初の政府公認蒸留所の「グレンリベット」だと思います。ウイスキーのマザーウォーター(仕込み水)としても有名な水だそうです。
バックのラベル裏にはアザミの花がデザインされていてボルドータイプのクリアなボトルを透して浮き上がって見えます。左の青のラベルがstill(炭酸なし)、右の緑のラベルがsparkling(炭酸入り)です。硬度37の軟水、330ml。

オフィシャルサイト:http://www.speysideglenlivetwater.com/


posted by ミッキー at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラルウォーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

タイムカプセル EXPO'70


大阪市中央区に所用で出かけた際に「大阪歴史博物館」の前を通ったのでちょっと寄り道してみました。(※入館はしていません。^^)


屋外展示の復元された高床式倉庫の向こう側の建物が「大阪歴史博物館」です。一瞬、1600年前にタイムスリップしたかのような錯覚に陥りました。




1Fに展示されている1970年に開催された「日本万国博覧会」を記念して製作された「タイムカプセル EXPO'70」のレプリカです。(入館していないのでガラス越しの撮影です)




「タイムカプセルEXPO'70」についてちょっと調べてみました。



 酸化防止のため、カプセルの材質はニッケル、クロムを基調とした特殊ステンレス鋼で出来ていて、カプセルの表面はサンドブラスト梨地仕上げのざらついた加工が施されている。

 カプセルにはアルゴンガスが充填されていて、1970年当時の文化をありのままの姿で未来に残そうと、鉛筆、かつら、納豆菌、電車の時刻表、雑誌など2098点の品が収納されている。

 直径1メートルで重さは1.74トン、中の収納品を含めると2.12トンにもなり、約2億円を掛けて造られた。

 タイムカプセルは同じものが2基製作され、大阪城本丸跡の地下13〜15mのところに上下2段に埋設されていて、一つは2000年に初めて開封され、以降100年毎に開けられる予定で、もう一つは5000年後の6970年に開封される予定である。



何かのマスコットキャラクターのような・・・ユーモラスな形状がいいですね。^^


posted by ミッキー at 21:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

「蘭亭」@谷町九丁目


「関西グルメブロガー&ニッカー」メンバーから「今まで食べたことのない食感の美味しい酢豚が食べられる」との情報を頂いていた「チャイニーズダイニング 蘭亭」に行ってきました。ゆったりとした店内は黒を基調としていて清潔感があり、ヌーベルシノワのお店のような雰囲気です。
※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。



メニューは既に決めていて迷わず「酢豚定食」(980円 酢豚+ご飯(お代わり自由)+漬物+ミニ小鉢+スープ+サラダ)をオーダーしました。




さらっとした酢豚です。一般的なとろみのある酢豚とは全く別物です。カラっと揚がった豚肉にいい香りの甘酢が掛かっていて、その上に山盛りの青ネギと鷹の爪がちりばめられています。
一口パクッ。・・・(゚д゚)ウマー、(゚д゚)ウマー、(゚д゚)ウマーです。




豚肉は食べ終わりましたがまだ青ネギが残っています。そこでご飯に青ネギと甘酢を掛けてみました。(゚д゚)ウマーです。名付けて「ネギまみれ丼」これだけでご飯2杯は食べられます。^^




住所:大阪市天王寺区上汐3-8-21 月〜土:11:00〜15:00  17:00〜23:30(日・祝は〜22:30)


posted by ミッキー at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

「Frutta」(イタリア語:フルーツのこと)


最近は、Limone(リモーネ)なんて言葉もよく耳にしますね。イタリア語でレモンのことですが、フルーツ(Frutta)もイタリア語で呼んでみれば、イタリアーノな気分になれます。いくつかご紹介しましょう。


● Arancia アランチャ(オレンジ)
オレンジは一般的なフルーツで、そのままで食べたり、ジュースにジェラートと楽しみ方も色々です。

● Fico フィーコ(イチジク)
イタリアーノはイチジクがお好きなようです。
食べ方はそのままむいて食べたり、生ハムとの相性もバッチリです。

● Fragola フラゴーラ(イチゴ)
ソースにしたり、カットして料理・デザートに使ったり大活躍です。
イタリアではバルサミコ酢、砂糖をかけて食べるデザートもあるようです。

● Mela メーラ(リンゴ)
そのまま食べたり、タルト、ジェラートなど食べ方はいろいろです。

● Melone メローネ(メロン)
メロンと言えば、生ハムと一緒に出されたりします。
小さく切ってマチェドニア(フルーツポンチ)にも使います。

● Pera ペーラ(ナシ)
市場ではひょうたん型の西洋ナシをよく見かけます。
薄くスライスして赤ワイン等で煮ても美味しく食べられます。

● Pesca ペスカ(モモ)
そのまま食べるのはもちろん、小さめにカットして白ワイン、砂糖、レモン汁とからめても美味しいです。

● Sanguinello サングイネッロ(ブラッド・オレンジ)
赤い果肉のオレンジで、主にジュースやフルーツゼリーになります。

● Uva ウーヴァ(ブドウ)
ブドウにはワイン用と食用があり、食卓で食べるのはプーリア州、シチリア州産が多いようです。


posted by ミッキー at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

昼食@「大阪リバーサイドホテル」


大阪市都島区にある「大阪リバーサイドホテル」でお昼に行なわれた、ある食事会に行ってきました。
※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。


私は、この前菜の九品盛りが大好きです。ちょこっとずつ盛られていてどれも美味しいです。



上段左から @「子持ちわかめ」、A「イクラ」、B「エビアボカド」、中段 C「蛸の煮物」、D「サーモンロール」、E「チャーシュー」、下段 F「テリーヌ」、G「フキの煮物」、H「カプレーゼ」です。


@ A B

C D E

F G H

ゲーム「ストラックアウト」的に表現するとこんな感じでしょうか。私的にはAとG以外はストライクです。










プルプルの食感のジュンサイがたくさん入った赤だし、ちりめんじゃこがトッピングされたご飯、しば漬の他は、写真はありませんが刺身の盛り合わせ、サラダ、ケーキ、フルーツ、コーヒーが付いていました。ご馳走様でした。(-m-)


posted by ミッキー at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ウイスキーが半分・・・


こんな教訓めいた例え話があります。

ボトルにウイスキーがちょうど半分ぐらい残っています。
あなたはこれを見て「もう半分しかない」と思いますか?それとも「まだ半分もある」と思いますか? というものです。
「物事、悲観的にならず楽観的に考えましょう」ということなのでしょうが、これはすべての人にはあてはまりませんね。

なぜなら大酒飲みの人は「もう半分しかない!」としか思えない。^^

何事も悲観的に準備し、楽観的に実行するのがベストでしょうね。




posted by ミッキー at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

「オノレ・ド・バルザック」


近代リアリズム文学最大の作家、バルザックが若かったころの話です。
借金をして出版社や印刷所を開いたものの、ことごとく失敗し、借金は膨大な額になりました。
開き直った彼が寸暇を惜しんで執筆した小説がベストセラーになったのです。
逆境の中では人間は底知れぬパワーを発揮するものですね。

ここまでの話を以前に聞いた時は随分、勇気付けられたものでした。ところが最近、こんなエピソードを知ってしまいました。

「事業の失敗や贅沢な生活によりバルザックが作った莫大な借金は、ついにバルザック自身により清算されることはなかった。晩年に結婚した大貴族の未亡人ハンスカ夫人の巨額の財産によって清算された」そうです。



posted by ミッキー at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ラーメン壁紙


「ラーメン壁紙」・・・食べたラーメンを1枚の壁紙にしていこうという壮大な?計画なのです。^^



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

真俯瞰で撮るようになったのはここ2年ほどです。ラーメンを食べる時に必ず写真を撮っているわけではありません。今後どれだけ数が増えていくのでしょうか?^^


posted by ミッキー at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

「伊能忠敬」


地理学者 伊能忠敬は日本で最初に実測地図を作製した人です。(1745-1818)
彼が天文学と測量を学んだのは、50歳になってからというから驚きです。
さらに地図の作製のため、17年の歳月をかけて全国を歩いて測量したというパワーは見習いたいものです。
物事を始めるのに年齢は関係ありませんね。


私の実家の近くにも立ち寄ったという記録が残っています



posted by ミッキー at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

「フォルクス」のスープバー


ステーキハウス「フォルクス」のスープバーはランチメニュー(16時まで)なら+210円で付けられます。週替わりで3種類用意されている充実のスープにスポットを当ててみました。
(※5月1〜6日は「コーンポタージュ」「ミネストローネ」「アリオクリーム」の3種類でした)


「コーンポタージュ」・・・「フォルクス」定番のスープです。丁寧な仕込みで、じっくりと煮込まれている感じです。フレッシュバターがコクを加えています。クルトンも香ばしいです。




「ミネストローネ」・・・ビーフブイヨンのベースに、トマトの味と赤色をプラス。ベーコン、玉葱、シェルマカロニなど、具だくさんです。オイスターソースで味の深みを加えた、サッパリ味のイタリアンスープです。




「アリオクリーム」・・・アリオとは、イタリア語で「にんにく」のこと。さらっとしたクリームスープに、にんにく、ポテトフレーク、人参、マッシュルーム、長ネギが入っています。意外とあっさりです。

もちろんお代わり自由です。訪れる度に必ず3種類とも飲んでしまいます。^^


posted by ミッキー at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする