2007年03月29日

「海軍さんの珈琲」




海軍さんの珈琲」(真空パック300g)なるものを頂きました。パッケージには「帝國海軍呉鎮守府 發 かつて“日本の海の防人”達が愛したノスタルジックでシャレた味と香りをお楽しみ下さい」とあります。「昴(すばる)珈琲店」 http://www.subarucoffee.co.jp/





同封されていた栞です。「昴(すばる)珈琲店」によると「海軍さんの珈琲」の歴史は・・・

―― 広島県呉市はかつて軍港として繁栄し、海軍の要所である鎮守府が所在していた街でもあります。現在、人口20万人の静かな町も当時は40万人を超える人々が生活を営んでいたと言います。
「海軍さんの珈琲」はそんな呉の街に誕生し現在に至りますが、当初は「裏メニュー」的コーヒーで販売する予定は有りませんでした。創業は1958年、コーヒーの魅力に取り付かれた創業者は日々焙煎し、お客様にコーヒーをご提供していたようです。
その頃の常連のお客様の中にかつて「戦艦大和」に乗艦し砲手を担当しておられた方から「昔、大和の中で飲んだコーヒーは今のコーヒーと全然違う味と香りがした。けど、あのコーヒーもとても美味しかった」とのお話を伺う機会がありました。「第二次世界大戦」が始まると同時にコーヒーは「贅沢品」として禁制品となり輸入も途絶えます。

しかし「戦艦大和」の艦内では密かに愛飲されていた・・・。

頼りになるのは舌と香りの記憶、それに「海軍さん」たちが物資を補給していた東南アジアの国々の記録のみ。
試行錯誤の繰り返しの上、ようやく完成に至ったようです。決定的だったのはその「香り」・・・「土のにおい、大地の香りがした」と。極度の緊張と祖国への思い、家族への思いが繰り返される中に一瞬刻み込まれたコーヒーの香り。完成はしたものの店頭に並べることもなくその存在を知る人たちだけで味わっていたようです。
しかし、「なつかしい」「すこし分けて欲しい」「贈り物にしたい」と言ったご要望は、日に日に増えて行き口づてに広まり、いつしか「海軍さんの珈琲」と呼ばれ始めました。
 ――

コーヒー豆は「パプアニューギニア アラビカ AA」がメインのブレンドコーヒーです。

当時の状況を窺い知ることが出来ないのでノスタルジーと言う表現が適切なのかどうかはわかりませんが、この土曜日にでもゆっくりと味わってみたいと思います。


posted by ミッキー at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

らーめん屋「上方 段七」


昨日のお昼は、JR大阪駅の西側「梅三小路」内にある、らーめん屋「上方 段七」に行って来ました。



「鶏そば」700円です。メニューには「九条ネギと鶏肉の旨みが絶妙です」とあります。
まず、澄んだスープを一口・・・。鶏のダシであっさりとしています。表面には油の粒が浮かんでいますがこれは鶏油(チーユ)だけではないような気がします。





※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

麺は少し硬めで、3種類の太さに切り出した「三層麺」というのだそうですが、見た目では太さの違いが確認できませんでした。
トッピングは山盛りの千切りにした九条ネギ、刻んだ鶏肉、鶏のつみれです。このつみれは柔らかくてとても美味しいです。「半熟煮玉子サービス」のクーポン券も使わせて頂きました。





※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

セットメニューにすれば+150円でこの「天津焼飯」が付いてきます。あんの掛かった卵の中は焼飯です。合計850円、かなりお得です。^^
因みに、キムチ、メンマは食べ放題で、黒胡椒のミルが置いてあります。この和風のスープには黒七味もよく合いそうです。

住所:大阪市北区梅田3-2-136 営業時間:11:00〜23:00 無休


posted by ミッキー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

「FOODEX(フーデックス)JAPAN 2007」Report

FOODEX JAPAN」は、アジア・環太平洋地域で最大、世界でも3番目の規模を誇る食品・飲料の専門展示会です。最終日の3月16日(金)に「幕張メッセ」に行ってきました。



この大きな看板を見るのも今年で3回目になりました。




海外出展ゾーンの一部です。1ホール入り口の正面は、韓国ブースです。




国内出展ゾーンの一部です。8ホールの一番端からのアングルです。


以下はゲットしたミネラルウォーター5種類です。後日、カテゴリー「ミネラルウォーター」で紹介させて頂きますがこの内、3種類は日本未輸入のものです。



「Alba」(アルバ) イタリアです。





「CABREiROA」(カブレイロア) スペインです。





「Sant Aniol」(サンタニオル) スペインです。





「SUIO」(スイオ) イタリアです。





「VODAVODA」 セルビアです。


今回は、お会いしたかった方々とお話しさせて頂くことが出来て大満足でした。

過去記事Iです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392301539.html
過去記事Hです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300890.html
過去記事Gです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300481.html
過去記事Fです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392300220.html
過去記事Eです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299964.html
過去記事Dです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299711.html
過去記事Cです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299710.html
過去記事Bです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299526.html
過去記事Aです。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299400.html
過去記事@です。→ http://mickeyclub.seesaa.net/article/392299399.html


posted by ミッキー at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | FOODEX JAPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

洋食の店「a la carte」ランチ編・・・@



今日のお昼は、評判の洋食の店「a la carte」(アラカルト)に行って来ました。
カウンターの上の花瓶には可憐なお花が・・・。^^





ちょっと目を引いたのがソルト&ペッパーの横の超ミニサイズのタバスコです。
ペッパーソースです。タバスコはアメリカのマキルヘニー社の商標登録です)






ミネストローネです。因みに、ミネストローネはイタリア語で「具沢山」の意味です。





※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ランチ(800円)のメインディッシュ「ポークと野菜のソテー」です。ピリ辛の味付けでポークの上にのっているそれぞれの野菜の味の輪郭が際立っています。また行きます。^^

移転しました。住所:大阪市北区神山町3-2


posted by ミッキー at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

水の4文字熟語


「明鏡止水」や「上善如水」など水に関する4文字熟語はたくさんありますね。水は生命の根源であり、生活に不可欠なものですが、武道のコンセプトにも例えられたりして実に奥が深いですね。ちょっと調べてみました。4つほど紹介します。



「一水四見」(いっすいしけん)
同じ水を見てもそれを見る者の心が異なると、それぞれ違った見方をするものだということ。


「飲水思源」(いんすいしげん)
水を飲んで「ああ美味しかった」とその流れの水源に思いを馳せるように、いつも物事の根本を忘れてはならないということ。今の幸せを考え、恩人に感謝すること。


「盂方水方」(うほうすいほう)
四角な容器に水を入れると、水も四角になるということ。このように上に立つ人の行いを下の人もまねることの例え。「盂」は飲み物を入れる器、「方」は方形。君を盂に、民を水に例えた言葉。


「知者楽水」(ちしゃらくすい)
「知者は水を楽しむ」識見が豊かで智恵のある人は、物事に精通していて水のように滞ることがないということ。



posted by ミッキー at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

「煮干しらーめん 玉五郎」


「煮干しらーめん 玉五郎」に行って来ました。こんな美味しいラーメン屋さんが近くにあったとはまさに、灯台デモクラシーでした。(←意味不明^^)



※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

つけめん(1.5玉、700円)です。加水率の高いプチプチした歯応えの中太縮れ麺は、北海道の小林製麺から仕入れているそうです。
スープは金看板でもある煮干しとトンコツのベストミックスで、とても(゚д゚)ウマーです!





※写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

サイドメニュー「玉子かけご飯」(250円)です。これがまた、抜群に美味しいのです。^^
醤油は少し垂らすだけでOKです。卵は大分県産の「龍のたまご」で黄身が朱色に近いオレンジ色です。餌に人参を食べさせているそうですが、その影響でしょうか?





帰りには、こんな千社札風シールをもらって、さらに得した気分でした。^^




住所:大阪市北区天神橋5-6-33 11:30〜23:00(※スープがなくなり次第閉店) 定休日:月曜


posted by ミッキー at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン・つけ麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

再び・・・居酒屋割烹「山瀬」


昨日、知人と居酒屋割烹「山瀬」に行って来ました。1月に「関西グルメブロガーオフ」が開催されたお店でもあります。「宴会コースもいいけど、お店の一階で味わう一品料理もかなりハイレベルですよ」と参加された方が言われていたのを思い出しましたので。


「突き出し」は「のれそれ」です。ところてんっぽいですがアナゴの稚魚です。




「牡蠣(かき)のしょうゆ焼き」です。濃厚で(゚д゚)ウマーです。




こんな感じです。薄くスライスしたスダチの上にのっています。




「てっさ」です。周南市(徳山)のエピソードを語りながら…2/3は私が頂きました。^^




「豚トロ キムチ炒め」です。豚トロのボリューム感がすごいです。




「サザエのつぼ焼き」です。大きなサザエです。これもほとんど私が頂きました。^^




「ササミ明太いそべ揚げ」です。明太子をササミと海苔で巻いて油で揚げたものです。
(そんな見たまんまの説明は不要。^^) 横のサツマイモの天ぷらも(゚д゚)ウマーでした。

ビール→ビール→泡盛→泡盛→麦焼酎→紫蘇焼酎・・・。とてもいい酔い心地でした。
確かに素材の良さがわかりますね。噂に違わぬハイレベルな料理の数々でした。




住所:大阪市北区黒崎町9-4 17:00〜25:00(L.O.24:30) 不定休


posted by ミッキー at 20:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 韓国・タイ・インド料理・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする