2006年07月08日

天保山に登る?!

大阪市在住の私にとって一度は登ってみなければいけない山。それが「天保山」なのです。
2005.7.31 9:30AM 地下鉄中央線「大阪港駅」で下車し「天保山」を目指しました。

setumeis.jpg

天保山公園の入り口にある説明看板によると「天保山」は「日本一低い山」とあります。



tenpouzans.jpg

最初はこのモニュメントのある小高い丘が天保山かと思いましたが、展望台でした。
(バックは「天保山大観覧車」です)



santyous.jpg

(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)

その展望台から見下ろす位置、高い石碑の右側に赤いの中の白く見えている一瞬見落としてしまいそうなのが天保山山頂▲の標石のある位置です。



syoumeis.jpg

(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)

「天保山 山岳会」さんに『登山証明書』(13×9cm)を発行して頂きました。
「いちびり精神」の持ち主・・・当たっています。全面的に認めます。^^
そして、会長の橋本さんより「最低体験された あなたの将来には 向上の途しか残されていません」と励ましのお言葉も頂戴しました。
証明書の通し番号も奇しくも、1511(以後いい)でした。ありがとうございました。

登山を終えた私は汗びっしょりでした。(;^_^A それは単に季節が真夏だったからです。^^



posted by ミッキー at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛騨 郡上・高山紀行D

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


2005.5.21〜22に岐阜県郡上市と高山市に行って来ました。写真で紹介していきます。(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)



gujyouhatimans.jpg

朝食後、チェックアウトし、郡上市八幡町に向かいました。着く頃には雨は上がっていました。新橋から吉田川の下流方向の写真です。
高さ12メートルの新橋から若者が吉田川に飛び込む光景は、郡上踊りと並ぶ夏の風物詩だそうですが、上から見るとかなり怖かったですね。(;^_^A

その後は「宗祇水(そうぎすい)」を見に行きました。水の町として知られる郡上八幡。この土地が誇る涌き水、それが「宗祇水」なのです。環境庁が選定する「全国名水百選」の一番手として指定された名水だそうです。



ganrenjis.jpg

「願蓮寺」です。次に少し迷いましたがやっと見つけた雨に濡れた石畳の「やなか水のこみち」も通りました。



suiteki2005.05.22s.jpg

この後、雨が本降りになって来たので楽しかった飛騨の旅もそろそろエピローグ・・・、名残惜しかったのですが、帰阪することにしました。



takayamabeers.jpg

お土産を2つ紹介します。
まずは、地ビール「飛騨高山麦酒」です。ピルスナーやスタウト等、何種類もありましたが、私は「ダークエール」をチョイス。かなり、美味しかったですね。^^



jizakeguras.jpg

これは「地酒蔵」で売っていた飛騨の地酒6本セット(1本100ml、木箱入り)です。私が一番美味しいと思ったのは真ん中の「飛騨山川」でした。
posted by ミッキー at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨 郡上・高山紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

飛騨 郡上・高山紀行C

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


2005.5.21〜22に岐阜県郡上市と高山市に行って来ました。写真で紹介していきます。(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)



takayama4s.jpg

前夜は美味しい地酒をたくさん頂いて早く就寝したので6時に目が覚めました。
今にも降り出しそうな空模様でしたが散策に出かけました。
「高山陣屋」→「JR高山駅」→「飛騨国分寺」と歩き、「鍛冶橋」へ。
欄干にはこんな像が・・・。
顔はイカツイのですがなかなかセクシー?!なスタイルですね。^^



takayama8s.jpg

その反対側にはこんな像も・・・。思わず手長エビを連想してしまいました。^^



takayama10s.jpg

再び訪れた「古い町並み」も人影もなくひっそりとしていて、とてもいい風情でした。



mominokis.jpg

朝食までにはまだ時間があったので思い切って高山城址まで登ってみることにしました。観光客は見当たりませんが地元の人々の散歩コースになっているようです。
反対側から歩いてくる人が「おはようございます」と丁寧に挨拶してくれました。
私も挨拶を返しましたが、またも出会った方から爽やかな笑顔で挨拶して頂きました。
ちょっと感動しました。琴線に触れました。(;_;)
次に人に出会ったら私から先に挨拶しようと心に決め、そして実行しました。
(日常でもどちらが先に挨拶をしなければならないという決まりはありませんよね)

山道を登るのは少し息が切れました。(;^_^A
ふと見上げるとこんな樅木(もみのき)の巨木が・・・。かなりの樹齢です。
ようやく辿り付いた高山城址にはかなり草木が生い茂っていて、高山市街はほとんど眺めることは出来ませんでした。まだ5月なのに、やぶ蚊がいっぱいいました。



takayama14s.jpg

山の中腹にある高山城公園まで下りてくると何とか高山市街が見えるスポットがありました。
小雨がぱらついてきたのでとりあえず朝食を食べに、ホテルに戻ることにしました。
posted by ミッキー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨 郡上・高山紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

飛騨 郡上・高山紀行B

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


2005.5.21〜22に岐阜県郡上市と高山市に行って来ました。写真で紹介していきます。(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)



takayama3s.jpg

午後4時、ホテルにチェックインした後、町家が連なる「古い町並み」を散策しました。



takayama2s.jpg


takayamas.jpg

水流を動力源に動く「からくり人形」です。表情豊かで動きがユーモラスです。



takayama5s.jpg

櫻山八幡宮前の宮前橋東側にある大きな鳥居です。「人鳥居」と書かれていました。
一瞬「色が肌色だからかな?」と思いましたが、単に“大”の“”が剥げ落ちていただけなのでした。^^
よく見ると額を掲げる位置に額がありませんね。(撤去されたそうです)理由は「公共性を低下させる原因になる」からだそうです。
posted by ミッキー at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨 郡上・高山紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

飛騨 郡上・高山紀行A

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


2005.5.21〜22に岐阜県郡上市と高山市に行って来ました。写真で紹介していきます。(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)



hidanosatos.jpg

次に高山市に入り、飛騨高山の集落博物館「飛騨の里」を訪ねてみました。



hidanosato4s.jpg

左前から右奥にかけて茅葺 入母屋造りの旧「富田」家、「吉真(よしざね)」家、「道上」家が連なっています。



hidanosato12s.jpg

合掌造りのこの屋根は旧「若山」家です。昭和33年に御母衣ダムの建設によって水没することとなった若山家は、昭和34年に「飛騨民俗館」として移築され、その後にここ「飛騨の里」に約3年かけて再移築されたそうです。



manekinekos.jpg

お土産物屋さんの前にあった巨大な招き猫です。後ろから撮ってみました。
左前足が「ウイーン、ウイーン・・・」とゆっくり手招きしていました。^^
posted by ミッキー at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 飛騨 郡上・高山紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

飛騨 郡上・高山紀行@

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


2005.5.21〜22に岐阜県郡上市と高山市に行って来ました。今回から数回にわたり写真で紹介していきます。(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)



bokkanosato3s.jpg

最初に訪れたのが郡上市高鷲町にある「牧歌の里」です。実にいい天気でした。遠くには雪を抱いた「白山」も望むことが出来ました。



shibazakura3s.jpg

あたり一面、シバザクラが満開でした。芝のように広がり、桜のような花が咲くことからこの名がついたそうです。



shibazakura2s.jpg

遠くに見える丘の上にある「花の教会」ではちょうど結婚式が行われていました。



tulip2s.jpg

チューリップも見事に満開でした。全部で15万球もあるそうです。



tulip4s.jpg

色々な種類のチューリップがありますが、♪どれもみんなきれいだね♪



tulip9s.jpg

7月になるとラベンダーの花が咲き誇るそうです。その季節にも訪れてみたいですね。
posted by ミッキー at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨 郡上・高山紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

おいさんツアーB

次に、「マツダミュージアム」を見学するためにJR向洋駅に向かいました。
マツダ本社ビルから送迎バスが出ています。



ds14.jpg

13:08 未来展示ゾーン。ドラゴン君が小声でボソっと呟きました。「ナウい!」



ds15.jpg

13:15 これはエントランスホールに展示されている「コスモスポーツ(1967年)」です。



ds16.jpg

13:19 1991年の第59回ル・マン24時間耐久レースで総合優勝した「787B」です。

その後、広島駅に戻りました。広島を訪れたらどうしても見ておかなければならないものと、食べておかなければならないものと言えば・・・。



ds17.jpg

14:44 1996年に世界遺産に登録された「原爆ドーム」です。
感慨深げに世界の恒久平和を祈るドラゴン君。(-m-)



ds19.jpg

14:55 ドラゴン君の今日最後の相手は広島名物「お好み焼き」です。まさにフードバトルです!

そして、15:31発の新幹線のぞみで帰阪しました。
1泊2日のおいさんツアーは多くの楽しい思い出と共に無事終了しました。



posted by ミッキー at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | おいさんツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいさんツアーA

翌日2月20日は、各自フリーの計画だったので私は、ドラゴン君と広島を観光することにしました。まず、新幹線で広島駅に到着。そこから少しバックして宮島に行きました。



ds4.jpg

10:32 JR西日本宮島フェリーの船上から宮島を眺めるドラゴン君。
映画「燃えよドラゴン」でブルース・リーがハンの島に乗り込んでいくシーンを彷彿とさせます。
「宮島や ああ宮島や 宮島や」by ドラゴン君



ds5.jpg

10:39 宮島に上陸。いきなり2頭の鹿に遭遇。けして目を合わせないようにするドラゴン君。



ds6.jpg

10:48 大鳥居にファイティングポーズをとるドラゴン君。
赤いものを見ると闘争本能が目覚めるのか?動かないものにはやたら強気です。



ds7.jpg

10:59 キングギドラと見間違えたのか?またもやファイティングポーズをとっています。
立て看板を見て「九本松」だということは既に知っていたに違いありません。



ds9.jpg

11:11 五重塔をバックにポーズをきめる。なかなかいい構図です。
これまたブルース・リーの映画「死亡遊戯」のワンシーンとオーバーラップします。



ds10.jpg

11:26 樹齢270年のケヤキから出来ている長さ7.7mの大しゃもじ。
巨大な武器だと思ったのか?向かってこないものには滅法強いようです。



ds11.jpg

11:51 帰りは宮島松大汽船で宮島口に戻りました。
名物「あなごめし」屋さんの前を意外にもあっさり通り過ぎたドラゴン君でした。

to be continued later
posted by ミッキー at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おいさんツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいさんツアー@

2004年、数名の有志によって、山口県周南市の“水屋のおいさん”(ミネラルウォーターの輸入・製造・販売会社の社長さんです)に会ってみたいと『おいさんに会いに行こうプロジェクト(略称:おいさんツアー)』が企画されました。
そして2005年2月19日についに実現したのです!私もメールは頻繁にやり取りさせて頂いてはおりましたが、実際にお会いするのは初めてでした。



ds1.jpg

2/19 09:49 新幹線の車中です。私の相棒のドラゴン君と共にレポートしていきます。

JR徳山駅で感動の初対面です。会社のユニフォームの黄色いジャンパーの出で立ちで黄色のボディの車でお迎え頂きました。
まず、おいさんの会社にお邪魔し、色々とご説明頂きました。それからお勧めのラーメン屋さん「毘沙門」で昼食です。(とてもおいしかった!^^)その後、山口市内にある某大手飲料製造工場を見学させて頂きました。



ds2.jpg

14:49 充填前のペットボトルが整然と保管されています。
相手にとって不足なし。ドラゴン君も思わずファイティングポーズです。



ds3.jpg

懇親会は、徳山と言えば、もちろんフグですね。「幸穂(こうすい)」というお店です。
刺身(活けフグと、ねかせたもの)は5人前でこのボリュームです!^^
「てっさ(フグの刺身のことを関西ではこう呼びます)を思う存分食べてみたい!」という私の長年の夢はついに叶えられました。

18:40 「さあ、どっちの皿からやっつけてやろうか?」ドラゴン君もキョロキョロです。^^

この後、白子の茶碗蒸し→から揚げ→粗塩焼き→鍋→雑炊→デザートというコースですが、粗塩焼き辺りで完全にお腹一杯、ノックアウト状態です。(でも雑炊は食べられるんだなぁ、これが。^^)午後11時まで歓談は続きました。

そして、タクシーで徳山駅前のホテルへ。嗚呼〜!最高の一日でした!^^

to be continued later
posted by ミッキー at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おいさんツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お気に入りの動画


感動したもの、笑ったもの、私のお気に入りの動画を2つ紹介します。


  Basketball(バスケットボール)

     画面下側、右から左に走り抜ける少年に注目です。



  Chimpanzee(チンパンジー)

     「猿も木から落ちる」・・・決定的瞬間の映像です。


posted by ミッキー at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Cool! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする