2006年07月31日

「大阪市中央公会堂」@中之島


赤レンガの壁と青銅のドームとのコントラストが美しい建物は、ネオ・ルネッサンス様式の傑作の一つであり、中之島の他の建築群と共に、美しい景観を呈しています。大正7年(1918)に株の仲買人 岩本栄之助氏が大阪市に寄付した当時の金額100万円(現在の50〜70億円ともいわれています)を元に建設されたそうです。地上3階地下1階で、1階の大集会場は2,000人を収容する大きなもので、現在に至るまで幾多の集会に利用されてきました。また、ライトアップされた夜の幻想的な姿も一見の価値があります。照明デザインは石井幹子女氏です。平成11年(1999)3月〜平成14年(2002)11月に保存・再生工事が行われました。総工費は約103億円だそうです。

明治10年(1877)両替商の家に生れた生粋の大阪商人だった岩本栄之助氏は、日露戦争前後に株の仲買で莫大な利益を得て、当時の大阪を代表する経済人として知られていたそうです。そんな彼が、アメリカ視察旅行で公共施設の寄付を思い立ち、私財100万円を投じそれを元に建設が開始されたのがこの大阪市中央公会堂なのです。仲買人仲間の窮状を救うなど、人々の信望を受けた栄之助氏も第1次世界大戦を境として事業に失敗、大阪市の支援の申し出も断り、大阪市中央公会堂の完成を見ることなく大正5年(1916)ピストル自殺により39歳の若さでこの世を去ったのだそうです。(-m-)

私は、大阪市中央公会堂に行った時には地下1階の「岩本記念室」に必ず、立ち寄ります。




posted by ミッキー at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

サントリー 山崎蒸溜所

2004.12.25に大阪府三島郡島本町にあるサントリー「山崎蒸溜所」を見学して来ました。

ちょっと寄り道しました。一つ手前の阪急「水無瀬駅」で降りて、環境省選定「名水百選」の一つ「離宮の水」を飲んでみることにしました。水無瀬神宮境内左手の手水鉢に湧いている水です。まろやかで美味しい水でした。一瞬、千利休の時代にタイムトリップしたような気持ちになりました。ここから徒歩で約15分、山崎蒸溜所に到着しました。



水無瀬神宮



国産ウイスキー第1号「白札」



創業者(左)と二代目の銅像



銅製の蒸留釜(ポットスチル)



オークの樽に詰められ熟成



試飲タイム



ウイスキー・ライブラリー



クリスマスイルミネーション


大麦がモルトウイスキーになるまでの様々な製造工程、そして貯蔵・熟成という気の遠くなるような歳月の積み重ね・・・。試飲タイムでは「山崎12年」と「響」を飲みました。「ウイスキーライブラリー」の壁面に並んだ約7000本もの原酒・ウイスキーは圧巻でした。



posted by ミッキー at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り旅行・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

サインボール

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


あるイベントで阪神タイガース秀太選手藤本敦士選手にボールにサインしてもらいました。その際に、藤本選手と握手しましたが、やはりプロ、ゴッツイ手でした。^^



syuuta.jpg

これが「00 秀太」選手のサインです。



fujimo.jpg

これが「9 藤本」選手のサインです。




予め用意されていた連署のサイン色紙も頂きました。


んっ?サイン色紙は、二人の筆跡が似ているような、似てないような・・・?(^^;
posted by ミッキー at 08:07| Comment(2) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

雑誌の創刊号

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


私のコレクションの一つに雑誌の創刊号があります。
今も尚、人気のものや残念ながら既に廃刊になったものなどたくさんあります。その中からほんの一部ですが5冊ほど、ご披露させて頂きます。



variety.jpg

『バラエティ』角川書店 1977年10月創刊(※現在は廃刊)。角川書店さんから特別に送って頂きました。映画「人間の証明」の特集が組まれています。190円。



hot-dog.jpg

『HOT-DOG PRESS』講談社 1979年7月創刊。完全に「POPEYE」を意識して出された雑誌です。230円。



big-t.jpg

『BIG tomorow』青春出版社 1980年7月創刊。サブタイトルは“人間情報誌”です。確かに読むと元気が沸いてきましたね。390円。



be-pal.jpg

『BE-PAL』小学館 1981年7月創刊。アウトドア雑誌の定番ですね。この頃(もっと前から?)からこんなきれいなルアーってあったんですね。250円。



dime.jpg

『DIME』小学館 1986年5月創刊。トレンドセッターとしての役割は大きいと思います。今も時々、買っています。250円。

こうして見てみるとタイトルの文字色はほとんど赤系ですね。「創刊号のタイトルは赤じゃないと売れない」なんて出版業界のジンクスみたいなものがあるのでしょうか?
posted by ミッキー at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

コミック雑誌の創刊号

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


いつの頃からでしょうか?創刊号は価値があると誰かから聞いて、取って置いたり、出版社にお願いして分けてもらったりしました。所蔵しているコミック雑誌の創刊号を8冊ほど紹介します。(全部で20冊以上はあると思います)





『ヤングジャンプ』1979年



『ビッグコミックスピリッツ』1980年



『ヤングマガジン』1980年



『コミックモーニング』1982年



『ビジネスジャンプ』1985年



『ビッグコミックスペリオール』1987年



『ヤングサンデー』1987年



『ヤングアニマル』1992年


久々に手にとって見てみましたが広告が面白いですね。特に車やパソコンなど、当時の水準を伺い知ることが出来ます。
posted by ミッキー at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

東京オリンピックのワッペン

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


1964年に開催され、大成功裡に幕を閉じた東京オリンピック。もう40年以上も前の出来事になるんですね・・・。



o_omote.jpg

かなり前になりますが京都市伏見区の大手筋商店街を歩いていて偶然に手芸店で見つけたのがこの「東京オリンピックの公式ワッペン」なのです。その時はジャンパーに付けるワッペンを探していて、その旨をお店の方に伝えるとしばらくして、奥の方から何やら古めかしい紙箱が出てきました。その中にはワッペンがかなり入っていました。

「ひょっとしてこれはかなりの値打ちものなのかも?!」とちょっと興奮しました。当時の販売価格は200円ですが100円の値札が付いていました。2枚買った内の1枚がこれなのです。しかし、なんと物を大切にしているお店なのでしょう。

さすがは、コンサーバティブな街「京都」・・・恐るべし!^^



o_ura.jpg

裏面には競技日程表が印刷されています。
意外だったのは柔道は4日間だけでそれに比べホッケーは12日間組まれています。

※因みに、今は体育の日は10月の第2月曜日ですが、元々は東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を記念して制定されました。

posted by ミッキー at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

阪神高速 記念通行券

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


このようなものが引き出しの奥から出てきました。『天皇陛下御即位記念通行券』です。ひょっとして値打ち物かも?^^(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)



kousokuken1s.jpg


kousokuken2s.jpg

posted by ミッキー at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

レコード盤

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


実家に帰った時にこんなものを見つけて、頂いて帰りました。^^
「バビル2世」と「人造人間キカイダー」のシングルレコード盤です。


babiru.jpg


kikaida.jpg

聴いてみたいんだけど、レコードプレーヤーがありません。^^
posted by ミッキー at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

彦根屏風

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク


風俗図(彦根屏風)の正式名称は「紙本金地著色風俗図」で国宝です。彦根藩主井伊家に伝えられたため「彦根屏風」の名があります。江戸時代寛永期(1624〜1644)を代表する風俗図として有名です。



hikones.jpg

(写真をクリックすると拡大写真がご覧頂けます)

これは「井伊家資料保存会」から購入した精巧なミニチュアです。(実物は「彦根城博物館」蔵です)遊郭の一室で遊ぶ15人の男女を描く風俗画で、漢画の伝統的テーマである「琴棋書画」図に擬えているのでしょう。全面に金箔を貼った無機的な空間に、様々な姿態の男女を配置しています。


hikonekittes.jpg

同屏風の図柄が採用された1976年4月20日発行の特殊切手(切手趣味週間)です。

実は・・・、

1993年、井伊家の直系の井伊直愛氏(元彦根市長)が死去、莫大な相続税のため井伊家は売却を希望し、中島一市市長は彦根市議会に12億円で購入する予算案を1996年12月の定例市議会に提案しました。
前市長らの購入反対の動きもありましたが、大口の寄付があり購入が決まりました。

危うく貴重な文化財が散逸する可能性もあったのです。
posted by ミッキー at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

神々の指紋

グラハム・ハンコック著の「神々の指紋」(コミック版)を久々にパラパラと読み返してみました。
ピリ・レイスの地図・・・いきなりプロローグから引き込まれます。


kamigami1.jpg
kamigami2.jpg
kamigami3.jpg
kamigami4.jpg

ピリ・レイスの地図 ・・・ 1513年作製とされるこの地図には当時はまだ発見されていないはずの南極大陸が描きこまれ、しかも北海岸の沿岸は氷に覆われておらず陸地として描かれていたのです!

著者が各地で取材をしていく内に知り得た相反する事柄があったかもしれない。
でもそれはストーリー展開上、敢えて触れないんだろうな?なんて想像をしてしまいます。
posted by ミッキー at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする